2014クリスマス特集
ホットディノストップ > Body&Soul > 月のリズムを知って、美しくなる 月の満ち欠けとからだと心の関係

Body&Soul キレイと元気のためのお役立ち情報

月のリズムを知って、美しくなる 月の満ち欠けとからだと心の関係

満ちては欠け、欠けては満ちる―古来から続くこの月のリズムが、人間のからだと心、特に女性のバイオリズムに大きな影響を与えるといわれているのをご存知ですか?
月のリズムを意識することは、自分のからだと心の状態を知るきっかけになります。そして、本来のバイオリズムを取り戻すことにより、次第に自分の中にある美しさが引き出されていくのです。もうすぐ十五夜。月がひときわ輝くこの季節から、月のリズムを意識した暮らしを始めてみませんか?

月のリズムと女性のバイオリズム(Mensis)

太古の時代から女性のからだには月のサイクルが強く影響していると言われています。毎月の生理周期が月の満ち欠けとシンクロしていることに気づいている人も多いでしょう。

生理の周期は平均して28日。月の満ち欠けの1サイクルは約29.5日ですから、ほぼ同じバイオリズムを刻んでいるのです。生理を「月のもの」「月経」と呼ぶことにも、月の満ち欠けとの深いつながりを感じられますね。

では、月の満ち欠けに私たちはどんな影響をうけているのでしょうか。

※ 下図の「新月」「下弦の月」「満月」「上弦の月」の各イラストをクリックすると各詳細記事へ移動します。

月のリズムと女性の身体リズム・生理図 新月 下弦 満月 上弦 新月 新月 下弦 満月 上弦 新月

新月(New Moon)

Key Word(・新しい始まり・直感・浄化)2009年後半の新月(9/19、10/18、11/17、12/16)

●からだ(Body)

不要なものを排泄しようという働きが高まる時。体内の浄化や解毒(デトックス)に取り組むのに適しています。水分をたくさんとりましょう。肌は乾燥しやすいので保湿をしっかりと。悪い習慣を断ち切るのにも適しているとされ、禁酒や禁煙をスタートするのに良い時期といえます。

●心(Mind)

今までの活動がひとつの実りとなり、転機や始まりを迎えます。インスピレーションが冴え、決心したことが現実化しやすい時。新たなものを取り込むために、部屋を掃除したり、静かに瞑想したりして、身の回りの空間や心の中をクリーンにしておきましょう。

新月(New Moon)
岩盤浴や半身浴で汗をかく
●この時期にやってみよう「1.新しい目標を立てる2.眠る前の時間をゆったりと過ごす3.岩盤浴や半身浴で汗をかく」

上弦の月(満ちてゆく月)(First Half Moon)

Key Word(・成長・摂取)上弦の月(新月から満月までの約14日間)

●からだ(Body)

エネルギーを蓄える時期。食べ過ぎには要注意ですが、不足している栄養素がよく吸収される時でもあります。バランスのよい食事をしてからだの調子を整えましょう。肌も吸収力が高まっているのでたっぷり栄養を与えてあげて。新しいスキンケア用品を試すならこの時期に。

●心(Mind)

気力が充実し、何事もがんばれる時期。仕事もプライベートも充実してきます。心身ともにポジティブになり、チャレンジ精神が旺盛に。コミュニケーション力も高まるため、人との交流が苦にならないはず。積極的に出かけていきましょう。

上弦の月(満ちてゆく月)
パーティーやお食事会に参加する
●この時期にやってみよう「1.パーティーやお食事会に参加する2.ストレッチやヨガなど、からだを積極的に動かしてリフレッシュ3.着たことのない色のファッションにチャレンジ」

満月(Full Moon)

Key Word(・統合・吸収)2009年後半の満月(9/5、10/4、11/3、12/2)

●からだ(Body)

吸収する力が最大限に強まります。太りやすい時期なので暴飲暴食には注意。肌も水分や栄養をグングン吸収するので、“与える”ケアを行うと◎。満月を境に新月に向かうこの時期は、ダイエットのスタートにも適しています。

●心(Mind)

月の力が最大限に達し、自分の中の秘められた力を発揮できると言われています。新月から取り組んできたことが形になりやすい時。ただし、一方で衝動的な行動をとりやすくなる時期でもあるので、客観的な視点を忘れないようにすること。大事な決断は新月まで待つのがベター。

満月(Full Moon)
ダイエットをスタートする
●この時期にやってみよう「1.取り組んできたことの見直し/
軌道修正2.ダイエットをスタートする3.  肌に“与える”ケア(ローションパック、イオン導入など)」

下弦の月(欠けてゆく月)(Last Half Moon)

Key Word(・解毒・放出)下弦の月(満月から新月までの約14日間)

●からだ(Body)

浄化作用が高まっていくといわれる時期。岩盤欲や半身浴を行い、デトックスを促してみましょう。からだのメンテナンスに向いている時期でもあるので、マッサージで全身をほぐしたり、目のまわりなどを蒸しタオルで温めるのもおすすめ。化粧品は、肌の排泄を邪魔しないアイテムを選びましょう。

●心(Mind)

不要なものを手放し、沈静していく時期です。部屋を掃除し、ためこんだ情報の整理をして、新しい変化を迎える準備をしましょう。この時期、がんばり過ぎたり無理をするのは禁物です。外からの情報と距離を置いて、静かに自分を振り返るのに適しています。

下弦の月(欠けてゆく月)(Last Half Moon)
白湯(さゆ)を飲む
●この時期にやってみよう「1.いらないものを処分する2.水まわりを丁寧に掃除する3.白湯(さゆ)を飲む」

月がもたらす影響(Influence)

満月の夜に犯罪や事故が増えるという話を聞いたことはありませんか?それは実際に統計データでも証明されている事実なのだそう。満月が人の心理に与える影響が関係しているのかもしれません。

その他にも、満月の日にはウミガメやサンゴ、サケが産卵するなど、影響を受けているのは人間だけではありません。新月あるいは満月の日に大潮になるように、潮の干満も月の満ち欠けと連動しています。

このように、地球上にさまざまな影響をもたらす月という神秘的な存在。その月のリズムにあわせて自分のバイオリズムを意識し整え、無理のない生活を送ることで、生理周期が安定したり、PMS(月経前症候群)や生理痛の症状が軽くなる人もいるようです。

まずは月のリズムとその影響を知り、自分自身のからだと心のリズムの変化を感じとってみてはいかがですか?

月がもたらす影響(Influence)

注)上記の内容は医学的な根拠はありません。また、個人差があることをご理解下さい。

城谷朱美監修/城谷 朱美

Salone“Il mare”(サロン“イルマーレ”)主宰。
1968年大阪市生まれ。元NHKディレクター。1997年よりヨガを始め以来、様々なセラピーを習得。国際総合生活ヨガ研修会インストラクター、AAJ認定アロマテラピーインストラクター、NLPマスタープラクティショナー、カラーセラピスト、ELA(Eternal Life Academy)スーパーバイザー。
東京・大阪・愛知にイルマーレビューティスクールを開設し、月のリズムを取り入れた『ボディデザインコース』と様々なセラピーについて学ぶ『月のリズムセラピーカフェ』を開催。
2006年春より音楽活動を開始し、2008年4月アルバム『Bless You』リリース。
多数の雑誌取材依頼を受け、多岐に渡る活動を通して女性の心と体の両面からの美を提案している。著書に『月のリズムセラピー 〜女性の心と体を整える28日間のセルフケア・ブック』(日貿出版社)。2010年1月『月と暮らすボディデザイン(仮)』出版予定。