床色別インテリアコーディネート
インテリアコーディネートといえば家具や雑貨、家電をどう選び、配置するかがポイント。でも、本当はその前に大切ことがあります。
それは空間との相性。たとえばお部屋の広さ、壁の素材、天井の高さ……。同じ家具でも、そういったベースとなる空間との組み合わせで
インテリアの印象はずいぶん変わってきます。なかでも大切なのが、床の色。床は基本的にお部屋全体に敷かれているもの。
その広さを考えれば、空間の印象を決めてしまうことだってあります。そんな床の色と家具のコーディネートについて、考えてみましょう。

【その他の床色】 ブラウン | ナチュラル | ホワイト

ダークブラウン…高級感、重厚感のあるダークブラウンの床は、大人っぽく、軽すぎないイメージを空間やインテリアに与えます。
コーディネートのポイント

ブラウンはブラウンでも、かなり濃いめのダークブラウン。木系統の床のなかでも、重厚感や高級感があります。それ故に、ヨーロピアンクラシック系の家具をすんなりとけ込ませてしまうのでしょう。また、濃いめのカラーだけに、感覚的にではありますが、モノトーンにおける黒的な役割も果たします。そのため、ホワイトカラーの家具とも組み合わせやすいといえるでしょう。それもまたクラシック系の家具とよく合う理由です。

イメージ
コーディネート例

モノトーンにおける黒的役割をするということは、モダンなブラックカラーの家具をコーディネートしやすいということでもあります。グラデーションのような感じでなじむでしょう。また、その重厚感は男性的ともいえるので、書斎の床にも適しています。

上記の画像をクリックすると左側に拡大画像が表示されます。
ダークブラウン床にぴったりな商品一覧へ
zコーディネートの仕上げに!ラグやカーテンで自分好みに演出!
ラグ/床の色と家具の相性がしっくりこないときは、ラグで調整する方法もあります。
たとえばお部屋の印象が寂しい場合は、床とのグラデーションを意識したラグを置くなど、メリハリをつけるといいでしょう。
また、大胆な柄のラグで床の印象をガラッと変えるのもありです。
ラグ使用例
ラグ一覧へ
カーテン/床と並び、お部屋の色の割合を多く占める場合が多いカーテン。床との相性も大切です。
組み合わせやすいのは、床の色と同色系のカーテン。自然な感じで空間に一体感が出ます。
ポイントをつくりたい場合は、色よりも柄ですると、失敗は少ないはずです。
カーテン使用例
カーテン一覧へ
ずっと一緒に素敵な暮らし作りを応援します。 dinos with
- スポンサーリンク -