おうちカフェ・インテリア雑貨ならcafe dinos【カフェディノス】

 
 
 

カフェディノス

0
 

cafe dinosTop > おうちカフェを楽しむ暮らし > 簡単・美味しい♪♪バゲットで作る「フレンチトースト」

簡単・美味しい♪♪バゲットで作る「フレンチトースト」

2016.08.03 / marimo

こんにちは。お菓子研究家のmarimoです。
こちらのブログでは「おうちカフェ」にまつわる日々のことを綴っています。


今日は朝食にぴったりの「フレンチトースト」のレシピをご紹介したいと思います。


フレンチトーストというと、

食パンを卵液に浸して焼いたもの。

先日の「メープルシロップ」の話題の際に出てきていましたね。

↓こちら↓

marimo001.JPG


でも、今日ご紹介するのは、
「バゲット」で作るフレンチトーストなんです(*゚▽゚*)


私がバゲットで作るフレンチトーストに出会ったのは、
約10年前・・・大学生の頃でした。

当時、フレンチビストロでアルバイトをしておりまして、

「まかない」としてシェフが作ってくれたのが、その出会いでした。


固くなってしまったバゲットが、こーーんなにも美味しくなるなんて!!

周りはカリッと噛みごたえがあって、中はふんわり。

むしろ、固いバゲットだから美味しいんだわ!!と感動したのでした。


そしてフランスでは、フレンチトーストは「パンペルデュ」と呼ばれていると、教えてもらいました。

訳すと「失われたパン」。
つまり、固くなってしまったパンを、卵液に浸して焼くと生き返る!という意味です。


焼きたてではなくなってしまったパンがあるときには、
ぜひ「フレンチトースト:パンペルデュ」を作ってみてくださいね!


前置きが長くなってしまいましたが、レシピです♪♪

フレンチトースト.JPG


【材料】
 一人分
バゲット  2切れ
卵  1個
牛乳  50ml
砂糖  10g
バニラエッセンス  少々

【作り方】
1)バゲット以外の材料をボウルに入れて混ぜ合わせる。
2)バゲットを浸す。たまに裏返して、全部吸い込むまで待つ。
 ※パンが柔らかい場合は5分ほど。乾燥して硬くなっている場合は15分ほどかかります。
3)フライパンにバター少々を熱し、両面こんがりするまで焼く。
4)お皿に盛り、フルーツやアイスを飾ったら完成。

そしてもう一品!

最近ハマっているのが、チョコレート味のフレンチトーストです。


チョコレートフレンチトースト.jpg


卵液にココアを混ぜるだけなのですが、
これがまたすごーーーく美味しいのです。

甘味のついていないココアを使っているので、
ほろ苦さだけがプラスされた感じです。


トッピングには、マーマレードジャムと、
ホイップクリーム、チョコレートソースを添えてみました(*゚▽゚*)

チョコとオレンジの組み合わせが大好きなので
最高でした!!!

こちらもぜひお試しくださいませ♪♪

【材料】 一人分
バゲット 2切れ
卵 1個
牛乳 50ml
砂糖 5g
ココア 5g

【作り方】
1)ココアを茶こしでふるってボウルに入れる。
2)牛乳を少しずつ加え、ホイッパーで混ぜて溶きのばす。
3)卵と砂糖も加え混ぜる。
4)バゲットを浸す。たまに裏返して、全部吸い込むまで待つ。
 ※パンが柔らかい場合は5分ほど。乾燥して硬くなっている場合は15分ほどかかります。
5)フライパンにバターを熱し、両面を焼いたら完成。
6)お好みで泡立てた生クリーム(無糖)やチョコレートソースをかける。


【ポイント】
・ココアはダマになりやすいので、牛乳を少しずつ加えて溶きのばすようにしてください。
・ココアはバンホーテンココアを使っています。



よかったらお試しくださいね^^

ではまた次回の更新で^^



marimo
(blog→「marimo cafe」 /  Instagram→「@marimo_cafe」)

marimo
書籍・雑誌・テレビ・WEBにてお菓子のレシピや写真提供を行うほか、カフェのスイーツメニュー開発、お菓子教室開催など活動中。
著書に『クックパッド まりも1016の大好評お菓子』(宝島社)『6コマお菓子レシピ』(ワニブックス)『marimo cafeのしあわせスイーツ』(SBクリエイティブ)

ホームページ