MENU

おうちカフェ・インテリア雑貨ならcafe dinos【カフェディノス】
cafe dinos

cafe dinosTop > おうちカフェを楽しむ暮らし > 秋を感じる「いも・くり・かぼちゃ」のお菓子

秋を感じる「いも・くり・かぼちゃ」のお菓子

2016.09.14 / marimo

こんにちは。お菓子研究家のmarimoです。
こちらのブログでは「おうちカフェ」にまつわる日々のことを綴っています。


9月に入り、少し涼しくなってきた今日この頃、
ほっこりしたお菓子が恋しくなりますよね。


秋といえば、「いも・くり・かぼちゃ」のお菓子。

女性は特にこのラインナップに目がないのではないでしょうか・・・!


今日はおうちで作ってみたい「いも・くり・かぼちゃ」スイーツをご紹介します。


よかったら作ってみてくださいね^^


◎お芋スイーツ◎

IMG_6688.JPG

まずご紹介するのは「スイートポテト」です。


スイートポテトは、トースター、もしくはグリルがあれば作れる簡単スイーツです。

私は、安納芋という、甘くてホクホクなさつまいもを使うのがお気に入りです。
手に入らなければ、金時芋や紅アズマでも大丈夫です。

生クリームを入れると、コクが出てリッチな味わいになりますが、
生地がとろとろになるので、そのまま丸めることはできません。

そこで、鍋に移し火をいれることで水分を飛ばし丁度よい固さにします。

ここのさじ加減は「お好みで」大丈夫です。

結構アバウトなお菓子なのです!
さつまいも自体の水分にもよりますしね・・・!

ゆるめに仕上がった場合は、今回みたいに口金で絞り出すのがおすすめですが、
硬めに仕上がった場合は、濡らした手で丸めてもOKです。


軽い気持ちで作ってみてくださいね^^


材料  (完成量:15個くらい)
さつまいも   大1個 (350g)
生クリーム  50g
発酵バター 20g
砂糖  適量
バニラエッセンス、塗り卵  適量

作り方
1)さつまいもの皮をむき、適当な大きさに切って、柔らかくなるまで蒸す。
  ※レンジでチンしても良いのですが、甘みが落ちてしまいます

2)さつまいも、生クリーム、バターをフードプロセッサーにかけて、滑らかにする。
  味をみて、甘さが足りなければ砂糖を加える。
  フードプロセッサーが無い場合は、マッシャー等で潰してもOK。

3)鍋に移し、耐熱ゴムべらで混ぜながら弱火で加熱し、水分を飛ばす。
  良い硬さになったら、バニラエッセンスを加えて混ぜる。

4)口金をつけた絞り袋に入れて、アルミホイルの上に絞り出す。刷毛で溶き卵を塗る。

5)グリルやトースターで焼き色が付くまで焼いたら完成。

IMG_6702.JPGのサムネイル画像

しっとり、ホクホク〜〜!!!



◎栗スイーツ◎

IMG_8176.JPG

栗スイーツのおすすめは、
何と言っても栗を丸ごとたくさん使った「栗のパウンドケーキ」です。


栗は優しい味わいなので、
たっぷり使わないと、他の素材に負けてしまう気がするんですよね。

パウンドケーキのほとんどを栗が占めるように配合したこのケーキ。

ずっしりと、重量感のある仕上がりが自慢です。

ポイントは、和三盆を使うことと、ブランデーを効かせること。
大人向けの奥深い味わいに仕上がります。



材料 (15センチパウンド型)
バター  30g
和三盆  30g
卵黄  1個
卵白  1/2個
ブランデー  2g
バニラエッセンス  1滴
小麦粉(ドルチェ)  22g
アーモンドプードル  8g
栗の渋皮煮  200g

作り方
1)ボウルにバターを入れ柔らかくなるまで練ったら、和三盆を5回に分けて加え、木べらで混ぜる。

2)合わせて溶いた卵黄と卵白を6回に分けて入れ、木べらで混ぜる。
  ブランデーとバニラエッセンスも加え馴染むまで混ぜる。

3)合わせてふるった小麦粉とアーモンドプードルを加え、木べらで底から返すように混ぜる。生地がつやっとしたらOK。

4)敷き紙を敷いた型に生地を少し流し、栗を並べてから更に生地を被せる。

5)180℃に予熱したオーブンで40分焼く。表面を叩いて、「ジュッ」と音がしなくなり弾力が出ていたら焼き上がり。


◎かぼちゃスイーツ◎

かぼちゃシフォン.JPG

かぼちゃを使ったお菓子も、たっぷりとかぼちゃを使うのがポイント。

こちらのシフォンケーキは、生地にかぼちゃを混ぜ込んでいるので、ほんのり甘いかぼちゃの香り。

そして少し入れたシナモンが上品に香ります♪


更に、ホイップクリーム&かぼちゃクリームをたっぷりと絞っています。

かぼちゃクリームにはラム酒を効かせているので、大人な味わいで美味しいんですよ。


しっとりふわふわな「かぼちゃモンブランシフォン」
ぜひ作ってみてくださいね!

材料  (17センチシフォン型)
☆卵黄   3個
☆細目グラニュー糖  10g
太白ごま油(サラダ油)  15g
牛乳  50g
★卵白  3個
★細目グラニュー糖  50g
薄力粉(ドルチェ)  65g
ベーキングパウダー  2g
シナモンパウダー  0.5g
かぼちゃ(蒸して裏ごししたもの)  60g

<かぼちゃクリーム>
かぼちゃ(蒸して裏ごししたもの)  150g
細目グラニュー糖  20g
生クリーム  15g
バター  15g
ラム酒  2g

<デコレーション 1カット分>
生クリーム  20g
かぼちゃクリーム  15g
かぼちゃの種  3粒


1)小さめのボウルに卵黄とグラニュー糖を入れ泡立て器で少し白っぽくなるまで混ぜ、太白ごま油と牛乳を順に加え、均一になるまで混ぜる。

2)裏ごししたかぼちゃを加え混ぜたら、小麦粉、ベーキングパウダー、シナモンを合わせてふるい入れ、粉気が無くなるまで混ぜる。

3)別のボウルに卵白と塩を入れ、グラニュー糖を5回に分けて少しずつ入れながらハンドミキサーで混ぜて、つやがあるメレンゲにする。

4)2にメレンゲを1/3いれて、泡立て器でぐるぐる混ぜる。それを残りのメレンゲのボウルに戻し、ゴムべらでさっくりまぜる。

5)生地を型に入れて、170℃に予熱したオーブンで30~35分焼く。焼けたら、逆さまにして冷ます。

かぼちゃシフォン横.JPGのサムネイル画像

ひとくちかじってみたところ・・・

かぼちゃのおかげで、しっとり焼きあがった生地は、とろける口溶けです。
冷やしてもふわふわで、とろけるんです。


ほっこりして、秋を満喫〜〜〜!!


今日ご紹介した「いも・くり・かぼちゃ」スイーツ、いかがでしたでしょうか?

よかったらお試しくださいね^^

marimo

(blog→「marimo cafe」 /  Instagram→「@marimo_cafe」)

marimo
書籍・雑誌・テレビ・WEBにてお菓子のレシピや写真提供を行うほか、カフェのスイーツメニュー開発、お菓子教室開催など活動中。
著書に『クックパッド まりも1016の大好評お菓子』(宝島社)『6コマお菓子レシピ』(ワニブックス)『marimo cafeのしあわせスイーツ』(SBクリエイティブ)

ホームページ

カフェディノスは、(株)ディノス・セシールが運営するカフェインテリア用品のショッピングサイトです。
本サイトの無断複写(コピー)・複製・転載を禁じます。