MENU

おうちカフェ・インテリア雑貨ならcafe dinos【カフェディノス】
cafe dinos

cafe dinosTop > おうちカフェを楽しむ暮らし > 秋を感じるフォトジェニックな「スイーツ写真」の撮り方

秋を感じるフォトジェニックな「スイーツ写真」の撮り方

2016.09.28 / marimo

こんにちは。お菓子研究家のmarimoです。
こちらのブログでは「おうちカフェ」にまつわる日々のことを綴っています。


今日は写真の撮り方について書いてみたいと思います。


気軽に写真を撮って、気軽にWEB上に投稿する時代ですから、
ちょっと素敵な写真が撮れたら嬉しいですよね。


「美味しそうな写真の撮り方」

「フォトジェニックな写真の撮り方」

のコツを教えて欲しい!と言われることが多いので

今回は「秋を感じるスイーツ写真」の撮り方のコツを書いてみます!



かぼちゃタルト.JPG

◎ステップ1◎

関連する小物も写してみる!

例えば、秋のスイーツ「かぼちゃのタルト」を作ったとします。

タルトができたーー!!という喜びで、丸ごと、そのまま撮りたい気持ちをぐっと抑え、

カットして、小物を添えて、カフェタイムの写真を撮ってみましょう。


そうすることで、

・断面が見えるので、美味しさが伝わりやすくなります

・ハロウィンのピックや、フォーク、ローズマリーなどがケーキを盛り立て、豪華に見えます

・コーヒーも写しこむことで、カフェタイムであることが伝わり、写真にストーリーが出てきます



そして次のステップ・・・・・



IMG_6330蒸しパン.JPG

◎ステップ2◎

秋の小物を写し込んでみる!

ステップ1の小物だと、季節感がもうひとつ、という感じでしたが、

こちらの蒸しパンの周りには、ドライの葉っぱやまつぼっくりを置いてみました。


このことにより、

・ぐぐっと、秋らしさが伝わるフォトジェニックな一枚に

・さつまいもの色に合わせた小物を添えることで、写真に統一感が出てしっくりします

・その代わりに、テーブルクロスは濃いめの色でメリハリを付けると、すっきりします



何気なく撮っているようにみえる写真にも、
こうした小さなコツが詰まっているのです。


そしてステップ3は、これらのコツを総ざらいして・・・・・


ハロウィンスイートポテト.JPG


◎ステップ3◎

被写体が一番輝く角度で撮る!



秋の小物を写し込んで、背景に濃いめの色をもってきて、

さあ撮ろう!と思ったら、どの角度から撮るかを考えないといけません。


被写体によって、美味しそうにみえる角度が違いますので、

よーーく見て、何度もカメラのレンズを覗いて、ベストな位置を探します。


このスイートポテトの場合は、

・表面におばけちゃんの顔を描いたので、真上から撮るとしっかり顔が見えて良いですね

・暖色系の小物以外に、ローズマリーも添えたので緑色が入ってカラフルな写真になりました

・カッティングボードは、画面に対して斜めに配置することで、写真に動きが出て印象的になりました



こんな風に、撮りたいお料理の特徴をつかんで、季節感を意識していくと
フォトジェニックな一枚が出来上がります。


構図に関しては、少しずつ角度を変えながら何枚も撮っていくと

「ここだ!」という場所が見つかると思います。


よかったらチャレンジしてみてくださいね!



ここまで読んでいただきありがとうございました!


また次回の更新で^^


marimo

(blog→「marimo cafe」 /  Instagram→「@marimo_cafe」)

marimo
書籍・雑誌・テレビ・WEBにてお菓子のレシピや写真提供を行うほか、カフェのスイーツメニュー開発、お菓子教室開催など活動中。
著書に『クックパッド まりも1016の大好評お菓子』(宝島社)『6コマお菓子レシピ』(ワニブックス)『marimo cafeのしあわせスイーツ』(SBクリエイティブ)

ホームページ

カフェディノスは、(株)ディノス・セシールが運営するカフェインテリア用品のショッピングサイトです。
本サイトの無断複写(コピー)・複製・転載を禁じます。