おうちカフェ・インテリア雑貨ならcafe dinos【カフェディノス】

カフェディノス

cafe dinosTop > おうちカフェを楽しむ暮らし > 【お菓子レシピ】バレンタインに★オススメレシピ3品

【お菓子レシピ】バレンタインに★オススメレシピ3品

2017.01.18 / marimo

こんにちは。お菓子研究家のmarimoです。

こちらのブログでは「おうちカフェ」にまつわる日々のことを綴っています。


1月も半ばになり、バレンタインに向けて少しずつ動き出したい今日この頃。


今日はバレンタインにオススメの手作りお菓子レシピを3品、ご紹介したいと思います!


普段はお菓子作りをしないという方も、この機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?


◎市販のタルトカップで簡単!チョコタルト◎ <初級>

2965e233.jpg

こちらはなんと、20分で完成する簡単スイーツです。


市販のミニタルトカップ(焼いてあるタルト生地)に、
チョコレートのフィリングを流すだけで完成しちゃいます。


フィリングの中には、ブランデーに漬けたレーズンを忍ばせて、隠し味に♪


【材料】 直径5cmタルト12個分
チョコレート 90g
生クリーム  60g
ブランデー  1g
ブランデーに漬けたレーズン  36粒
タルトカップ 1袋(12個)
ココア  少々


【作り方】
1)レーズンをタルトカップに3個ずつ入れる。
2)チョコレートは溶けやすいように刻んでおく。
3)小鍋に生クリームを入れ弱火にかける。
4)沸騰直前まで温まったら火を止め、チョコレートを入れる。
5)泡立て器でゆっくり混ぜ、ブランデーも加えて混ぜる。
6)スプーンでタルトカップに流し、冷蔵庫で冷やし固めたら完成。
7)仕上げにココアや金粉を飾る。



◎チョコサンドクッキー(バーチ・ディ・ダーマ)◎ <中級>

881759c6.jpg


こちらはイタリアのお菓子、バーチ・ディ・ダーマ。

「貴婦人のキス」という意味の、チョコレートを挟んだアーモンド風味のクッキーです。


ころころした見た目が可愛らしいですよね♪

ほろほろと崩れるような食感にするため、コーンスターチを入れています。


【材料】 30個分
バター   55g
★小麦粉(ドルチェ)  40g
★アーモンドプードル   40g
★コーンスターチ  20g
★粉糖  30g
チョコレート  40g
仕上げの粉糖  適量

【作り方】
1)ボウルにバターを入れ、柔らかくなるまで練る。
2)合わせてふるった★の粉類を一度に加え、木べらで切り混ぜる。ぽろぽろになったらOK。
3)手でぎゅっと押し固めて、一塊にする。手で少し練って、なめらかな生地にする。
4)ラップに包んで冷蔵庫で30分寝かせる。オーブンを170℃に予熱しておく。
5)生地を3gずつ丸めて、オーブンシートを敷いた天板に並べる。
6)170℃に予熱したオーブンで、8~9分焼く。
7)網の上に出して冷ます。その間にチョコレートを湯煎にかけて溶かしておく。
8)クッキーにチョコをサンドして、冷やし固める。粉糖をふったら完成。



◎上級者向け!ボンボンショコラ◎ <上級>

IMG_0481.JPG


チョコレートの美味しさをダイレクトに味わえる、ボンボンショコラ。


チョコレートの温度管理が難しいので上級者向けではありますが、

チャレンジしてみたいレシピとしてご紹介します。


パリッとしたコーティングの中には、とろけるガナッシュが入っています。



【材料】  20個分
<ガナッシュ>
チョコレート  100g
生クリーム  50g
水あめ  5g
好みのフレーバー (ブランデー4g / コンパウンド オレンジ4g など)

<コーティング>
チョコレート  300g
転写シート  適量
グリュエ・ド・カカオ(カカオニブ) 適量


【作り方】
1)チョコレートは溶けやすいように刻んでボウルにいれておく。
2)小鍋で生クリームと水あめを火にかけ、沸騰直前まで温める。
※沸騰した生クリームを加えると、チョコの温度が上がりすぎて分離します。
3)チョコのボウルに2を注ぎ、泡立て器で均一になるまでゆっくり混ぜる。
4)好みのフレーバー(ブランデーなど)を加えて馴染むまで混ぜる。
5)12×12センチの型にラップを敷き、4を流し表面を平らにする。冷蔵庫で冷やし固める。
6)コーティング用のチョコレートをボウルに入れ、テンパリングする。

◆温度を上げるときはボウルの底を湯気で温め溶かし、下げるときはボウルの底を水に漬ける。
 スイートチョコレート:45℃→28℃→31℃
 ミルクチョコレート:40℃→25℃→30℃

7)⑤の裏面に⑥のチョコを塗り、固める。
8)2センチ四方にカットし、⑥のチョコに漬けてコーティングする。
9)転写シートを乗せて指で押さえる。
10)寒い場所に置き、固まったら転写シートをはがして完成。



いかがでしたでしょうか?

今日は3種類のチョコレートのお菓子をご紹介しました。


バレンタインに作るお菓子の参考になれば嬉しいです^^



ではまた次回の更新で!


marimo

(blog→「marimo cafe」 /  Instagram→「@marimo_cafe」)

marimo
書籍・雑誌・テレビ・WEBにてお菓子のレシピや写真提供を行うほか、カフェのスイーツメニュー開発、お菓子教室開催など活動中。
著書に『クックパッド まりも1016の大好評お菓子』(宝島社)『6コマお菓子レシピ』(ワニブックス)『marimo cafeのしあわせスイーツ』(SBクリエイティブ)

ホームページ