MENU

おうちカフェ・インテリア雑貨ならcafe dinos【カフェディノス】
cafe dinos

cafe dinosTop > 暮らしやすさラボ > 整理収納アドバイザー宅のカフェ風キッチンを訪ねて ー 雑貨編 ー

整理収納アドバイザー宅のカフェ風キッチンを訪ねて ー 雑貨編 ー

2017.08.08 / サチ

今日もこのブログへお越しいただきありがとうございます。
「暮らしやすさ」を追求する3児の母で整理収納アドバイザーのサチです。

P7122829.JPG

私と同じく整理収納アドバイザーとして活動中のkazukoさん宅にお邪魔しました!

小学生と幼稚園生の3児の母でもあるkazukoさん宅は一言でいうと"おうちまるごとカフェ"。
もちろん、整理収納アドバイザーならではの収納と動線について考えつくされた
おしゃれで機能的な家になっています。

今回は、kazukoさんが愛用中のキッチン雑貨を中心にカフェ感あふれるキッチンをご紹介しますね。

P7122809.JPG

こちらがキッチン全貌です。

全てのものを白いケースなどで隠しているわけではないのにとてもスッキリしていますよね。
「黒とシルバーの雑貨を選ぶようにしています」と話すkazukoさん。
テーマカラーを決めておくと、統一感があり全体が引き締まって見えるというのがコツのようです。

P7122870.JPG

お鍋や水筒、お米までもインテリアの一部としてあえて見せていました。
kazukoさんのもの選びの基準は「実用性とインテリア性を兼ね備えたもの」だそう。
ここにも黒とシルバーを基調にしたものを選ばれていて
ぶれない視点をひしひしと感じさせられます...!

P7122927.JPG

根菜をざっくりと収納しているのは竹カゴ。
中に敷いている紙も、普通の紙ではなくクラフト素材の紙袋を使っているところに
kazukoさんのこだわりが垣間見えます。
こういった小さなこだわりの積み重ねが"カフェ風キッチン"には欠かせない演出なのかもしれませんね。

ちなみにこのカゴは伯父さんが作られたそう。
和の素材のものもカフェ風キッチンに溶け込めるのだということを証明してくれています。

P7122782.JPG

ダイニングテーブルの上にはテイッシュケースと生花とドリンクピッチャー。
ガラスなどの透明素材を選ぶことで、存在感を主張しすぎないで
他の雑貨とうまく調和させています。

アイスティーをガラスピッチャーに入れ替えるだけで
カフェっぽい特別感がぐーんと増しますね。
これは早速我が家でも真似させていただこうと思います・笑

cats.jpg

整理収納アドバイザーのカフェ風キッチンを訪ねてー 雑貨編 ー、いかがだったでしょうか?
雑貨のテーマカラーを決めるだけでもキッチン全体のイメージが全く違ってくることがわかりました。
さりげないところにまでカフェ風演出が効いていて
「カフェ風キッチンは一日にして成らず」を実感しつつkazukoさん宅をあとにしました。

これから家を建てられるという方、これからキッチンをおしゃれに改造としたいという方、
ぜひぜひ参考にされてくださいね。

取材させていただいたのは鹿児島の整理収納アドバイザーkazukoさん。
9月より、自宅開放型のお片づけレッスンを開催されますので
気になる方はブログとインスタグラムをチェックしてみてくださいね。

■ブログ 暮らしが楽になるお片づけ
■インスタグラム kazu.t.0901

サチ
鹿児島県在住の3児の母で整理収納アドバイザー。 自分の幸せと家族の幸せがリンクするような、そんな暮らしのカタチを目指しながら 暮らしやすさを向上させる整理収納について発信中。 2014年、整理収納のコツと工夫をまとめた書籍『片づけ日和』を出版しました。

■個人ブログ「IEbiyori

カフェディノスは、(株)ディノス・セシールが運営するカフェインテリア用品のショッピングサイトです。
本サイトの無断複写(コピー)・複製・転載を禁じます。