おうちカフェ・インテリア雑貨ならcafe dinos【カフェディノス】

カフェディノス

cafe dinosTop > カフェディノスレポート > 【pomqujackさん宅】第1回目: 自分たち2人の心地よさにとことんこだわってつくった、ホテルライクな上質カフェ

【pomqujackさん宅】第1回目: 自分たち2人の心地よさにとことんこだわってつくった、ホテルライクな上質カフェ

2018.12.10 / カフェディノス編集部

pomqujack_01.jpg

カフェディノスレポートのお宅訪問取材。今回は、東京の山手線の駅からもほど近い場所にある、pomqujackさんのマンションにお邪魔しました。

カフェインテリアというと、どちらかといったら、ラフだったり素朴だったり、肩の力が抜けるほっこり感を追求したかのような空間が全般的に多いもの。ところが、今回のpomqujackさんのお宅は、一歩入ると、ふっと背筋が伸びる気持ちに。まるで、上質なホテルに行ったときのような、心地よい緊張感です。

pomqujack_02.jpg▲寝転がってくつろげるような小上がりも考えたそうですが、最終的にはデイベッドを採用。この空間がまた、ホテルライクな雰囲気をよりかもし出しています

緊張感とはいっても、決していやなものではなく、くつろげないわけでもありません。上質なホテルに泊まったとき感じるような、心地よさ。必要なものだけがあるべき場所にあり、生活感はなく、かといって無機質でも殺風景でもなく、心を豊かにしてくれる空間が広がっていました。

中古物件を購入して、こだわりぬいてリノベーション。夫婦2人でこのマンションに引っ越し、8カ月ほどになります。

pomqujackさん夫妻の要望は、自分たち2人がしっかりくつろげて、かつ楽しく暮らせる空間にすること。当たり前の要望に感じますが、新築やリノベーションをするときは、ついつい友達を呼んでパーティなども想定してしまって、住む人だけを中心に空間作りをしようと割り切るのは意外に難しいものです。

pomqujack_03.jpg▲カフェみたいに窓辺にテーブルを置くのは、はじめから決めていたそう。テーブルはオーダーでつくってもらったもの

でも、pomqujackさんは、そこはぶれず、自分たち中心の空間づくりを貫きました。

その考え方がいちばん顕著にあらわれているのが、ダイニングスペースの作り方。人をもてなすことを考えると、大きなダイニングテーブルが必要、でも、自分たちがくつろぐソファも欲しいなどと、どっちつかずになりがち。pomqujackさん夫妻は2人で食べる食卓だけを考えたので、ダイニングはコンパクトにして、逆のソファまわりのリビングスペースはゆったりと。おかげでデイベッドまで置くことができました。

pomqujack_04.jpg▲キッチンには大谷石を採用。ステンレス、石、木の組み合わせが上質な空気感を生み出します


pomqujack_05.jpg

北欧のヴィンテージ家具、無垢の木や石などの素材、回遊できる動線、1箇所に集めた家事スペースなど、ほかにもたくさんのこだわりがありましたが、この空間をぐっと引き締めている存在、それは照明です。中でもリビングのど真ん中に取り付けた直径60cmもある、ペンダントライトがこの空間の主役。〈ルイス・ポールセン〉社の、通称アーティチョークと呼ばれるライトで、照明といえばの、ポール・ヘニングセンがデザインしたものです。

惚れ込んだ照明ですが、こだわったかいのある、存在感です。

pomqujack_06.jpg

「実は家にこのライトが届いたときには、あまりの大きさに、『やらかしてしまったかも!』と思ったんです」と笑うpomqujackさん。でも、見事、空間におさまった今となっては、これがない空間なんて考えられないほど、ぴったりとフィットしています。

ことほどさように、すべてを自分たち至上主義で、自分たちの心地よさを追求して空間づくりを進めたpomqujack夫妻。すべてが納得した空間になったので、この状態をキープしようというモチベーションも高くなるのだそう。するとますます、心地いい空間になるので、よき循環となっています。

カフェインテリア=心地よい空間。

pomqujackさんのお宅は、まるでシティホテルの一室のようでありながら、その心地よさから、やっぱりカフェインテリアのひとつなのは、間違いありません。

pomqujack_07.jpg▲寝室もまさに、ホテルの一室と見まがうクオリティ。両サイドに下げた〈アルテック〉のゴールデンベルの使い方もおしゃれです

pomqujack_13.jpg▲〈ルイス・ポールセン〉社のテーブルランプを置いた、寝室のワンコーナー。ここでも照明がアクセントに

pomqujack_09.jpg▲トイレに採用したタイルがシックでありつつ、ポップで遊び心を感じさせます

pomqujack_profile.jpg

▲今回、取材をさせていただいたのは、東京都に暮らすpomqujackさん。写真は、「プロフィール代わりにご自分らしいアイコンを選ぶとしたら」の質問にピックアップされた〈ルイス・ポールセン〉社のライト

【プロフィール】
妻と2人暮らし。もともとは妻はポップな北欧が、夫はインダストリアルな雰囲気が好きだったそうですが、2人でとことん話し合い、今の形に落ち着いたそう。

pomqujackさんのインスタグラムのアカウントは→ https://www.instagram.com/pomqujack/

リノベーションを依頼したのは、ハンズデザイン一級建築士事務所