MENU

おうちカフェ・インテリア雑貨ならcafe dinos【カフェディノス】
cafe dinos

cafe dinosTop > カフェディノスレポート > 【境野さん宅】第 2 回目:カフェっぽさをつくる小さなアイデア

【境野さん宅】第 2 回目:カフェっぽさをつくる小さなアイデア

2017.05.19 / カフェディノス編集部

第 1 回目は、境野さん宅のインテリアをご紹介しました。2 回目の今回は、カフェ的雰囲気をつくる、まねできそうなアイデアをご紹介していきます。

■■アイデア①いろいろな飾り方でグリーンをインテリアに取り入れる■■

08.jpg

【写真上:天井から吊り下げた植物は、フィロデンドロン・ブラジル】

グリーンを棚やカウンターに飾ったり、床に直接置いたり、さらには天井から吊るしたり。空間を見たときにさまざまな視点で植物が楽しめるようになっている境野さん宅。

とくに天井から吊るすと視線が上がり、インテリアの雰囲気ががらっと変わるので、おすすめの飾り方だそう。

「細いピンのようなもの数本で固定させるフックが市販されているのですが、画びょう程度の穴があくだけなので、使いやすいですよ」と境野さん。

09.jpg

【写真上:大きなグリーンにひっかけて小さなグリーンを飾るのは、
まねしたいアイデア】

10.jpg

【写真上:吊るすグリーンをまとめて飾るときは、
段違いになるようにするとバランスがよくなります】

■■アイデア②アートといっしょに暮らす■■
11.jpg

【写真上:イラストレーターbanana yamamotoさんのフレーム。
グリーンを細ペンで描くスタイルが人気】

壁を真っ白のまま放置しないことも、家をカフェ的空間にするためのコツのひとつ。境野さん宅では、その壁を飾るために選んだのが、アートです。

友人の作品があれば、はるばる海外から取り寄せたものもありますが、どれもアートだからと肩肘をはっていないことが共通項。

アートなんて、自分とは関係ないと思わず、雑貨を飾る延長上でひとつ取り入れるだけでも、空間の質がぐっと上がる印象です。

12.jpg

【写真上:ビカクシダのドライを、ビカクシダを描いた絵の横に。
ドライになった植物は、その存在自体がアート的な美しさ】

13.jpg

【写真上:4枚並べたフレームは、メキシコ人アーティストのもの。
わざわざ海外から取り寄せたお気に入り】

14.jpg

【写真上:結婚祝いにいただいたオーダー制作品のぬいぐるみ。これもアート的存在感】

15.jpg

【写真上:北欧の人気陶芸家、リサ・ラーソンのオブジェもグリーンの中に飾られています】

■■アイデア③子どものものを空間になじませる■■

16.jpg

【写真上:子どもの絵本やぬいぐるみもさりげなく、棚の中に】

そして、暮らしは、日常。本物のカフェのように、生活感を排除することは不可能です。生活感を上手に隠すことは、カフェっぽさを作るコツ。

子どものおもちゃ類も、飾ってかわいいものはオープン棚に置き、目に付くとインテリアを壊すものは、箱にしまうようにして、メリハリを作っています。

17.jpg

【写真上:生活感を隠すために、オープン棚の下段にはコンテナボックスを】

完全に隠すことはできないまでも、「見せる&隠す」を意識するだけで、使い勝手を維持しつつ、おしゃれな空間をつくることができます。

18.jpg

【写真上:派手な色のおもちゃや、おむつなどをコンテナの中に収納。
使う場所に収納しつつも、生活感を出さない工夫】

profilr_sakano.jpg

今回、取材をさせていただいたのは、グリーンショップを運営する、境野さん。

【プロフィール】

2008年にオープンしたグリーンショップ〈ayanas〉を運営している境野さん。オフィスを兼ねた広いマンションで1歳の長女と妻、3人で暮らす。

http://ayanas.jp

カフェディノスは、(株)ディノス・セシールが運営するカフェインテリア用品のショッピングサイトです。
本サイトの無断複写(コピー)・複製・転載を禁じます。