心身(こころ)の体操

心身(こころ)の体操

白石 真也さん
オーナーバーテンダー
白石 真也さん

心身(こころ)の体操

苦手なマラソンを始めたのは、40歳になろうかという頃。体力には自信があったのに、日々お店に立ち昼夜逆転の生活に疲れを感じるようになり、これから先、仕事も人生も楽しくあり続けていくには体力=やる気がもっと必要なのではと...。以前、フルマラソンに挑戦したいと考えたことを思い出し、ホノルルマラソンならハワイの心地よい風と時間制限もないので走れるのではと思ったのがきっかけだった。走り始めは、ほんの数百メートルで息が上がった自分に驚いた笑。それから数ヶ月したら走ることに慣れ、一定のリズムで走っていると余計な雑念が消え身体と対話するような、まるで瞑想してるような感覚になり、走っていることが楽しくなっていった。その後、ホノルルマラソンも無事完走。苦手だったマラソンも心と身体を整える体操だと思うようになり、今でも楽しく続けている!苦手なことが楽しくなった意外な発見!改めてチャレンジすることの大切さを身をもって学んだ良い経験だ。これからも健康でより良く人生を走り続けて行けるよう今日も一日楽しく走っていきたい