暮らしを

暮らしを"共創"する

田中 聡さん
設計士
田中 聡さん

暮らしを"共創"する

小さい頃から暮らしを考えるのが好きだった。家の郵便受けに届いている不動産屋のチラシを見て自分ならどう住むかを想像していた。「自分の家は将来自分で設計したい。そうなったらちゃんと必要な知識を得た上で設計したい」と、初めはそれぐらいの考えで建築の道へ進むことを決めた。学生時代、アルバイトや友人との時間を過ごしていくうちに「他人のために自分が何かをする。」ことに喜びを感じるようになった。「じゃあ自分の家の設計だけじゃなくて、自分が誰かの家を設計する事で喜んでもらえるのではないか」と考え、ハウスメーカーに就職し、戸建住宅の設計を生業とすることを決めた。賃貸住宅や公共建築物など、コンセプトを持たせて万人に受ける建築というのももちろん良い物であるが、お客様との打合せを繰り返すことで、明確に「この人のための空間」「この家族のための間取り」と一つ一つの家庭の将来の暮らしまで共に考え、創ることで、家族の人生に関わっていきたい。「あなたがこの家の設計士でよかった」この言葉を聞くために私は今の仕事をしている。