ディノス家具大感謝セール
ディノス家具大感謝セール

カタログ通販・テレビショッピングのディノスオンラインショップ

 

2023 コットン

知る程に愛おしくなるコットンの
奥深い魅力とは?

しなやかなニット、柔らかな質感のシャツ、ハリのあるワンピース、滑らかなジャージー…。一言で語り尽くせないほどコットン素材は多彩で、デイリーに着るテキスタイルとして最も親しまれています。知る程に魅了されるコットン物語をお伝えします。リネン同様、その歴史は古く、メキシコのテワカン渓谷からは紀元前5500年、太古のコットンが見つかっています。コットン(=綿)の原料であるアオイ科ワタ属の一年草または多年草木は、乾燥地を好むため、メキシコやインド、ペルーなどで早くから栽培されていたのです。その後、寒さへの耐性を付けながらワタの栽培は北へと広がり、日本では15世紀に栽培が定着します。

コットンボールと呼ばれる実から
作られるコットン

ハイビスカスに似た大輪の花をつけた後にできる綿花=コットンボールと呼ばれる実から作られるコットンは、品種や生育した気候風土によって違いが生じるのが特徴。例えば日本産の「和綿」は繊維が太くて短いのに対し、南米産の「洋綿」は繊維が細くて長いのです。それぞれに魅力はありますが、エレガンスを求めるファッション的な観点からはシルクのように光沢があり、カシミヤのようなしっとりとした柔らかさを求め、より白く細く長いもの程が上質とされています。というのも、繊維が細ければ細いほど一本の糸を作るのに綿花の繊維数が多くなるため、糸の断面が円形に近くなり、リッチな風合いに繋がるからです。高級感のあるニットや薄地の生地に使われるのは、こうした特性を備えた長繊維綿。中でも繊維の長さが35o以上は超長綿と位置付けられ、ブランド化された独自の名前が付けられています。

  • ワタの実(=コットンボール)が弾けた時に中に見えるふわふわとした白い繊維から「綿花」と呼ばれています。ここから採取される繊維が長いもの(長繊維・超長繊維)程、高級とされています。

上質コットンの魅力

スーピマ綿、スビン綿、アメリカン・シーアイランドコットンもまた、これにあたる上質コットンです。
しかも、一言で超長綿と言っても個性豊かであるのがコットンのおもしろさ!次は、それぞれの魅力をお伝えしてゆきましょう。

説明

  • 繊維長が35o以上の超長綿のなかでも珍重されているアメリカン・シーアイランドコットン。

  • 上質のコットンは柔らかなタッチとシルキーな艶、ふんわりとした風合いを備えています。ワタの産地によって異なる繊維の長さや質感を活かした糸、織り方で季節に応じた服地を作ることができます。

夏のお洒落を極めるアイテムとして

コットンとは何と奥深い魅力を備えているのでしょうか。様々なお洒落を知り尽くし、
上質さに触れて来た大人の女性だからこそ、夏のお洒落を極めるアイテムとしてコットンに回帰していただきたいのです。

「コットン」アイテムをすべて見るボタン

ファッションのおすすめ特集