BALMUDAキッチン家電対象8%OFFクーポン
BALMUDAキッチン家電対象8%OFFクーポン

カタログ通販・テレビショッピングのディノスオンラインショップ

シュウメイギク
「ももいろブーケ」特集

今年の秋のイチオシ! 秋に咲くシュウメイギク「ももいろブーケ」。その魅力から生産者の想い、そして育て方までたっぷりとお届けします。秋のお庭を可愛く彩りませんか?

「ももいろブーケ」のお申込みはこちら≫

ももいろブーケ産地直撃レポート!

  • シュウメイギクをご紹介する理由

    名前につく「菊」のイメージが先行し、少し渋い雰囲気するため、これまで紹介には至りませんでした。  でも、これなら紹介したい!と、感じたのが岐阜県の大和園 佐藤さんの栽培するシュウメイギク「ももいろブーケ」です。 「ももいろブーケ」は従来品種よりもコンパクトで、花が咲くと1株で花束のようになる鉢植え。色はもちろんカワイイ「ももいろ」です。  去年の秋に佐藤さんのキレイな秋明菊の写真(この方、植物の生産だけでなく、撮影される写真も本当にキレイなんです!)を見て以来、どんな方なのかぜひ会ってみたいと思い、7月に念願の訪問できる機会ができました。

    シュウメイギクをご紹介する理由

    佐藤さんが撮影したももいろブーケ。

  • 生産者・大和園 佐藤さんのもとへ


    岐阜県の標高500mに位置する佐藤さんの農場。遮光をしたビニールハウスで、ももいろブーケは栽培されています。 訪問した時期では、一部の株付近につぼみがあるものの、まだまだお花はこれから。

    生産者・大和園 佐藤さんのもとへ

    整然と並ぶシュウメイギク。きれいに整理さ れた農場です。

  •  私は、充実した年越しの大株を提供したい!と佐藤さんにお願いしましたところ、「ちょっとこれを見てみてください。」と栽培されている株を鉢から抜いて、「ほらここ!を見てください。ももいろブーケは根は宿根草(しゅっこんそう※1)呼ばれます。これは今年の株で、もうすでに来年の準備のため新しい「芽」が形成されています。」

    ※1 宿根草とは 多年生の植物で、生育に適さない(寒い冬や暑い夏など)時期には地上部が枯れてしまうが、それをすぎると発芽して再び生育を始める植物の種類。

  • 「年を越した大きな株は、立派ですが、ある意味すでに老化も進んでいます。それよりもぜひ若くて、葉の一枚までもキレイな新しく更新された株を楽しんでいただきたいです!」

    台風の多い秋だと従来のシュウメイギクでは、風で横倒しになることもあります。 ですが「ももいろブーケ」はせっかく咲いた花が倒れないよう、コンパクトな草姿とギュッとまとまっています。その姿はまるで花束のように見えます。
     花を咲かせ、花びら(※2)が散ったあとの姿もカワイイのでぜひその姿も楽しんでみてください。

  • ミステリアス!? シュウメイギクの謎

     カワイイお花ですが、ミステリアスな部分もあって、お花が咲くメカニズムは、何パターンかあります。

     春に咲く花の多くは、冬の低温と、春になって日が長くなることが引き金に、夏から秋にかけて咲く花の多くは、短日(タンジツ)が引き金となるもの。サクラの開花予測でも使用される2月1日以降の「最高気温」の積算が600度を超えると開花するという「600度の法則」や、2月1日以降の「平均気温」の積算が400度を超えると開花するという「400度の法則」などの積算温度をもとにしたものなどがあります。

     様々な説がありますが、シュウメイギクがどういうメカニズムで咲くのか未だ不明だそうです。

    ミステリアス!? シュウメイギクの謎

    ↑花が咲くメカニズムが解明されていないシュウメイギク。「でも、なぜか毎年同じような時期に咲くんですよ〜」と佐藤さん。

  • 佐藤さんからのお願い 「水やりに注意!」

     鉢植えで育てる場合に気を付けていただきたいのは水やりです。乾燥具合によっては、残念ながら今年の花を楽しめないなんて言うことも。土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えてください。葉が少ししんなりした程度なら、水をやることで、パキっとした姿に戻ります。

     庭植えの場合、根づいてしまえば、長期間晴天が続かない限り水やりはお天気まかせでも大丈夫です。

     早朝か夕暮れ時にたっぷりと水が浸み込むよう水やりをしてくださいということで、本年は少量ながらご紹介できることになりました。

    佐藤さんからのお願い 「水やりに注意!」

季節ごとの育て方

「ももいろブーケ」のお申込みはこちら≫

おすすめのお花の特集