お庭からベランダ、エクステリアなどガーデニング回りをスタイリッシュに演出

ガーデンスタイリング

IMG_0191.jpg

このところ、大雨の被害もあり、水やりのことは、話題にしにくいのですが、

今朝、気づいたら、植木鉢の草花がぐったりとうなだれており、慌てて水やりを。

朝晩は涼しくなったとはいえ、実は昼間、一番暑い時間帯はベランダの温度計が40度を越していたのです。

そこで、私が愛用している「職人さんの手作りによる柔らかな水の真鍮ノズル長さ37cm」

で、ぐったりしている植物の葉っぱに幹に散布、葉面散布&地面に30秒。

今、30%off (明日まで) のセールになっているので、良い機会だと思ってご紹介を。

IMG_0189.jpg

ちなみに、真鍮は黄銅。銅には、赤銅と黄銅がありますが、効果は同じようにあるといいます。

IMG_0208.jpg

そもそも、私が銅製のガーデンツールにこだわるようになったのは、tool box の黒田さんに

オーストリアの自然主義者、パラサイエンティスト、発明家のヴィクトル・シャウベルガーの著書「自然は脈動する」究極の自然エネルギーについて書かれた本をご紹介頂いて以来のこと。

もう、かれこれ10年程前のことになると思います。

空から螺旋で降ってくる雨のパワー。水道水とは比べものにならない。

地面を開墾する際、土へのよりよい影響は、だんぜん鉄よりも銅...。などなど。

IMG_0209.jpg

写真は、その銅の理論に基づいて創られた、オーストリアPKS社製の銅製ハンドスコップ。

なにしろ、土や根っこにザクッとスコップを入れた時の感触がよく、使いごこちの良いこと

が一番なのですが、逆に鉄製スコップはちょっとした違和感のある時があるので、細やかな

作業をするときは、やはり銅製が、良いと感じています。

日本でも、

IMG_0181.jpg

銅の効果について書かれたパンフ。先日、棚からぽろっとでてきたので、改めて読み直す。

銅の殺菌除菌効果や栄養効果、知っていたようで知らなかった効果が書かれており安心します。

IMG_0229.jpg

また、今年の6月のガーデンツアーで、最後に訪ねたオーガニックのファーム。

ウォーサムプレイスで、ブロンズガーデンツールについて書かれた冊子が売っていた。なかなか

この手の資料がないので。買ってきましたが、まあ!字が小さくて虫眼鏡でチェック中です。

まだ読破できていないのですが、20世紀の初頭にオーストリアで発達していた

オーガニックの農法とそれに着目したブルガリアの王様のことなど。

IMG_0190.jpg

そして、この、日本製の真鍮ノズルの水のファインなこと!ふわわぁ〜と柔らかい水がでます。

ハス口の穴が考えられないほど細くてたくさん開いています。これも、日本の職人さんの技です。

水の吹き出る穴が小さいのでまるで、霧のような、それでいてしっかりした水がでます。

暑かった日の夕方には、葉面散布の気持ちいいこと。

IMG_0189.jpg

南向きの場所に古い大きなソヨゴが植わっているのですが、暑かった日はぐったりして見えます。

地植えの植物はそれほどは水やりは必要ないのですが、あまりの暑さでやはり弱って見えるときは、夕方、気温が下がり始めたら、最低も2〜3分は同じ場所でじっと水やりをしてやりたいものです。

道行くと、植木鉢や庭の草花に水やりをされているところを見ますが

2〜3秒ですっと次の場所にノズルを動かしているように見受けられることがあります。あれでは

表面が濡れているに過ぎず、植木鉢なら鉢底から水が流れるまで同じ場所で「10秒、20秒〜」

と数を数えるほど、たっぷり、しっかりしないと、足らないことがあります。

IMG_0188.jpg

ジーィッと。数を数えながら、ペイシェントに。その間に、反対の手で雑草をむしったりしてます。

この真鍮ノズル、ホースとの接合部分がプリミティブなので、あまりカッコが良くないのですが、シンプルなだけに、壊れない。写真は数年間使い込んでいるので、ホースが若干劣化し始めているのですが、ホースはちょっと切り戻せば、まだまだこの状態で普通に使えいます。

IMG_0189.jpg

赤銅も黄銅も最初はキラキラしているのですが、使い込むとこのように渋い色になります。

銅製のジョウロもあって、それも、銅のジョウロからでてくる水の感じ feel good ですが、

この水を通過させる道具もfeel good。 これでシャワーを浴びたいと思う。

職人さんの手作りによる柔らかな水のがでる、真鍮ノズル。

私のリクエストで長めの構造なので、高いところやちょっと遠いところにも水が届いて便利です。

庭に丁寧に水をやりたいとすれば、本当にオススメです。

https://www.dinos.co.jp/p/1341600375/?id=005021036050___1748161_005021036050


■おすすめ特集

吉谷桂子

英国園芸研究家、ガーデン&プロダクトデザイナー。7年間英国に在住した経験を生かしたガーデンライフを提案。さまざまなイベントや雑誌などに出演するほか講師を務め、著書も多数。また国際バラとガーデニングショウやレストランなどの植栽デザインを担当。2013年春にファッションブランド「Shade」を立ち上げた。

個人ブログyoshiya keiko's blog

Archives