カタログ通販・テレビショッピングのディノスオンラインショップ

ホットディノストップ > Body&Soul> スリムな体型でもご用心!見逃すと怖〜い“隠れ肥満”
Body&Soul 役立つ美容・健康情報

Body 隠れ肥満ってどういう状態?
隠れ肥満の原因と対策
Soul ストレスと肥満の関係
スリムな体型でもご用心!
見逃すと怖〜い“隠れ肥満”
「見た目にはそんなに太っていないのに、
おなかの部分だけがどうしてこんなに出ているの?」
そう思ったことはありませんか?やせているのにおなかだけポッコリ出ている、おなかが出ているのに肉をしっかりつかめない、そんなことに思い当たったら要注意。内臓のまわりに脂肪がたまる“隠れ肥満”になっている可能性が!生活習慣病、メタボリックシンドロームを引き起こすリスクが高いといわれる隠れ肥満。体脂肪をしっかりチェックして、体の外側と内側、両面からスリム&元気になりましょう!
隠れ肥満ってどういう状態? Body
肥満には、内臓脂肪型と皮下脂肪型の2種類があります。
 内臓脂肪型肥満(リンゴ型肥満)  内臓脂肪型肥満(リンゴ型肥満)
満腹になるまで食べたときに、おへそより上の上腹部がポコッと突き出すような人は要注意。内臓脂肪があるため、満タンになった胃袋がおなかの中におさまりきれずに前のほうへ突き出してしまうのです。男性に多いとされていますが、女性でもダイエットをしてはリバウンドをくりかえしたり、運動不足だったり、かたよった食事をしているとなりやすいといわれています。
隠れ肥満ってどういう状態?
腹部CTスキャン検査でチェックしたとき、内臓脂肪が100平方p以上(目安としては、ウエストが男性85cm以上、女性90cm以上)ある人は、血管のなかにも脂肪が多くついているので心筋梗塞などになりやすいとされています。
 皮下脂肪型肥満(洋ナシ型肥満)  皮下脂肪型肥満(洋ナシ型肥満)
皮下脂肪型肥満は、おなかの筋肉の外側に脂肪がついた状態で、内臓脂肪型肥満よりは動脈硬化になる可能性が低いとされています。年をとって皮下脂肪がたるむと、脂肪が下腹部の方に落ちてきて、よりいっそう「洋ナシ」のようにみえます。腹部CTスキャン検査でチェックしたとき、おなかの筋肉の外側にある脂肪の層が厚くなっていると皮下脂肪型肥満といえます。

隠れ肥満危険度 1日に1食か2食しか食べないことがある
「最近ストレスがたまっているなあ」と感じる
ひとつ上の階でもエレベーターを使ってしまう
なんとなく体が重たい
アルコール、またはジュースをよく飲む
週に3日以上外食をする
普段ほとんど運動をしていない
何度もダイエットに失敗している
チェック結果 0〜1 … 隠れ肥満の心配はなさそう。これからも今の生活リズムをキープして。
2〜4 … 今のところは大丈夫。でも、油断大敵です!
5〜8 … 隠れ肥満の疑いアリ!体脂肪を測って生活習慣や食事を見直しましょう。
隠れ肥満の原因と対策 Body
「隠れ肥満」を改善するには、どうすればいいのでしょうか。その原因ごとに対策を考えてみましょう。
原因1 運動不足
運動不足になると筋肉や骨などの組織がおとろえ、逆に脂肪が増加します。このとき増える脂肪は、かならずしも”肥満”という目に見える形でたくわえられるとは限りません。皮下脂肪に比べたまりやすく、見た目にわかりにくい内臓脂肪としてたくわえられている可能性があります。
とくに気をつけたいのは運動不足を自覚しているのに体重があまり変わらないという人。体重に変化がないために気がつきにくいのですが、筋肉が落ちたぶん脂肪が増えている可能性があります。思い当たる人は今すぐ体脂肪率のチェックを!
対 策
時間に余裕があるなら、スポーツジムに通ったり、家でも気軽にできるエクササイズを趣味としてはじめたりしましょう。とくに。エアロビクスやウォーキングなどの有酸素運動は、内臓脂肪を減らすのに効果的とされています。いそがしい人は、通勤のときにひと駅手前で降りて歩く、エレベーターではなく階段を使うなど、日常生活の中で工夫して、できるだけ体を動かす機会をつくりましょう。
隠れ肥満の原因と対策
原因2 度重なるリバウンド
ダイエットをしてはリバウンドをくりかえしていると、リバウンド時に脂肪だけがついて筋肉が増えないため、体脂肪率がどんどん上がっていきます。また、筋肉が減るために基礎代謝が下がってしまい、体脂肪を燃焼しにくい体質になってしまうのです。ダイエットするたびにやせにくくなっているという方は、隠れ肥満の疑いあり。
対 策
ダイエット法を選ぶときには「それを長く続けられるか」「自分に合った方法か」も考えましょう。急にやめたり、思いつきではじめたりすると長続きせず、やめたとたんにリバウンドしてしまうこと、まちがいなしです。
原因3 ムリなダイエット
隠れ肥満の原因と対策ダイエットで極端に食事の量を減らしたり、偏食をしたりすると、からだをつくる栄養素が足りなくなり、筋肉などの組織がおとろえてしまいます。とくにたんぱく質が不足すると、不足を補うために筋肉が分解されてつかわれるため、筋肉の量が減って体脂肪率が上がってしまいます。
ダイエット中でもたんぱく質は標準体重1sあたり1gを毎日とることが必要。たとえば、体重55sの人なら1日約55g。これは、朝食にトースト2枚(たんぱく質約11g)、昼食にペペロンチーニスパゲティー(たんぱく質約約14g)、夕食に豚肉のしょうが焼き定食(たんぱく質約30g)でとれる量にあたります。
対 策
ダイエット中で食事制限をしていても、種類豊富な食品をとって栄養バランスを整えるのが大切です。とくに豆類、魚介類、卵などの良質なたんぱく源は忘れずにとるようにしましょう。むずかしい場合は、サプリメントなどの補助食品をとりいれるのもひとつの方法です。
原因4 遺伝的体質
太りやすい体質かそうでないか、体のどこに脂肪がつきやすいかといったことは、遺伝的な体質による部分も大きいと考えられています。つまり、もともと遺伝的に隠れ肥満になりやすい体質の人もいるのです。
対 策
内臓脂肪は運動により、皮下脂肪より減らしやすいという特徴があります。遺伝的に隠れ肥満になりやすいと思われる人は、ふだんから運動の習慣をつけて隠れ肥満を予防しましょう。
隠れ肥満の原因と対策
ストレスと肥満の関係 Soul
ストレスと肥満の関係 ストレス太りという言葉があるように、ストレスと肥満には密接な関係があります。急に強いストレスをうけると食欲がなくなりますが、ストレスがつづくときは、逆に食欲がアップしてしまうことがあります。これは、食事をしてあぶらや糖分をとると脳のなかに快感をもたらす物質がでるため。からだはこれを利用して、ストレスを和らげようとしているのです。ですから、食べ過ぎてそのエネルギーを消費できなければ、太るのは当然です。

また、ストレスがたまって自律神経のバランスがくずれると、「副腎皮質ホルモン」などさまざまなホルモンが分泌されます。「副腎皮質ホルモン」には、血糖値を上げる働きがあります。これは、ストレスに対する抵抗力をつけるため、からだがエネルギーとなる糖分をつくっておこうとするもの。けれどもストレスがつづいて分泌する量が増えすぎると、血液のなかの糖分が必要以上に多くなり、あまってしまいます。このあまった糖分を、からだは中性脂肪やコレステロールという形で脂肪細胞にとりこんでしまうため、内臓脂肪がたまってしまうのです。
現代社会では、ストレスがまったくない生活というのは考えられません。大切なのはそれをためこまないこと。暴飲暴食ではなく、適度な運動や趣味、入浴など健康的な自分なりのストレス発散法をみつけましょう。
監修:医療法人社団「三喜会」院長  林 泰

有楽橋クリニック・鐘ヶ淵クリニック・銀座一丁目クリニックを展開する「三喜会」院長。1970年千葉大学医学部卒業後、東京女子医大講師を経て、有楽橋クリニックを開設、現在。クリニックでの診療のほか、『大活字 薬の事典 2006年版』(ナツメ社)、『忙しい人の3時間快眠』(インデックス・コミュニケーションズ)等、著書も多数。