カタログ通販・テレビショッピングのディノスオンラインショップ

dinos

  • 商品検索
    閉じる
  • ログイン
    閉じる
  • お気に入り
    閉じる
    閉じる
  • カート

ホットディノストップ > Body&Soul> 朝ごはん+モーニングジュースで栄養バランスアップ!
Body&Soul キレイと元気のためのお役立ち情報

朝ごはん+モーニングジュースで栄養バランスアップ!

朝ごはん、ちゃんと食べていますか?
朝食は1日を快適に過ごすためのエネルギー源。朝食を抜いて、からだを動かしたり脳を使おうとしても、思うように働かない、車でいうガス欠状態を引き起こしてしまいます。
でも、慌しい朝は、栄養バランスの調ったメニューをそろえるのはけっこう大変!
そこで、いつものメニューに追加するだけ、あるいは1杯飲むだけでも、栄養バランスがぐんとアップするモーニングジュースのレシピをご紹介しましょう。
朝ごはんってこんなにスゴイ!
いつもの朝食にプラス!簡単ドリンクレシピ
 【洋】洋風ごはんの栄養バランスアップに効果的な1杯
 【和】和風ごはんの栄養バランスアップに効果的な1杯

朝ごはんってこんなにスゴイ!

目覚めしっかり!

人間のからだには、朝起きて夜眠りにつくという生体リズムが組み込まれています。
英語で“Breakfast”といいますが、これは「断食状態(fasting:ファスティング)を壊す(break)=断食後はじめて食事をする」という意味からきています。すなわち夕食から食べていない“断食”によって血糖値と体温が低下しているからだ(からだと脳が眠っている状態)を目覚めさせるのが朝食というわけです。

脳をしっかり活性化!

脳はブドウ糖が唯一のエネルギー源。
寝ているときも脳は絶え間なくブドウ糖を消費しています。
朝食を摂らずにいるとブドウ糖切れで脳が働かず、ぼーっとしてしまったり、集中力が続かなかったりして思いがけないミスやトラブルを引き起こしたり、イライラしたりするのです。

便秘にさよなら!

人間のからだは、食事を摂ると胃腸の動きが活発になり、便意を起こす仕組みになっています。とくに眠っていたからだを動かすために、朝食は重要です。
ですから、朝食をしっかり摂ってその後トイレに行く習慣は、便秘解消と胃腸の働きを整え、健康的で自然なバイオリズムを作り出すことにつながるのです。

ダイエットにも効果アリ?

食事と食事の間隔が開くと、からだがイザというときに備え、次の食事の吸収率を高めたり、脂肪をエネルギー源として貯め込もうとします。
また、エネルギー消費を避けようと、基礎代謝も低くなります。
それはつまり太りやすい体質につながるということ。
ダイエット中も、朝食は摂りましょう。

いつもの朝食にプラス!簡単ドリンクレシピ

洋風ごはんの栄養バランスアップに効果的な1杯

洋風のお手軽朝食ではとりづらい野菜や果物の食物繊維やビタミンA・C・Eを豊富にとることができるジュース。 にんじんの食物繊維とヨーグルトやオレンジジュースに含まれる酸味が胃腸へ適度な刺激を与え、排便を促します。ヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌の働きで、おなかの調子を整える腸内の善玉菌が増え、悪玉菌の増殖を抑えてくれます。
さらに蜂蜜やオレンジジュースに含まれるオリゴ糖が、ヨーグルトに含まれるビフィズス菌などのエサとなってその繁殖を助けるため、腸内環境はさらによくなります。

また、にんじんやオレンジジュースに含まれるビタミンA・C・Eは、紫外線やさまざまなストレスからからだを守る強い味方になります。
にんじん×オレンジのWパワージュース
材料(2人分)
にんじん 小1本(100g)
ヨーグルト 100cc
オレンジジュース(果汁100%) 100cc
はちみつ お好みで 小さじ1
作り方
細かくざく切りにしたにんじん、ヨーグルト、オレンジジュース、はちみつをミキサーに入れ、なめらかになるまでミキサーにかける。

和風ごはんの栄養バランスアップに効果的な1杯

ご飯食の良さをさらに生かせるよう、ビタミンB1やCを補うだけでなく、胃腸の調子を整えるビタミンU、カルシウムをまとめてとれる欲張りジュース。

これを飲めば、朝からスッキリ気分で快適な一日が始まりそう。水溶性の食物繊維が豊富な和食と組み合わせることで、お昼までエネルギーが持続します。
キャベツとバナナのよくばりミルクジュース
材料(2人分)
キャベツ 2枚
バナナ 1/2本
牛乳 150cc
はちみつ 小さじ1
作り方
ざく切りにしたキャベツ、バナナ、牛乳、はちみつをミキサーに入れ、なめらかになるまでミキサーにかける。
監修:株式会社 食デザイナーズ 食デザイナー (管理栄養士) 平野美由紀

女子栄養大学修士課程終了。女子栄養大学実践栄養学研究室・栄養科学研究所勤務、永田町の「瓢亭」での板前修業などを経て、2004年株式会社食デザイナーズを設立。現在、コンサルティング、講演、テレビ、雑誌、webを通して食の啓蒙活動に力を注いでいる。