HOT dinos

商品使用レポ、美容・健康、ライフスタイルなどの情報満載なコミュニティ型情報サイト HOTdinos(ほっとディノス)

  • About HOT dinos
  • コンテンツ一覧
  • サイトマップ
  • メルマガ登録
  • おトク&お役立ち

ホットディノストップ > Body&Soul> 首のシワやむくみとも関係あり!?快適睡眠は上手な枕選びから

Body&Soul キレイと元気のためのお役立ち情報


首のシワやむくみとも関係あり!?快適睡眠は上手な枕選びから

人生の1/3は眠りの中にいる私たち。質の高い睡眠はキレイと元気に欠かせません! 上質な眠りを得るためには、自分に合った枕を使っているかどうかが大きく影響します。外泊したときなど、枕が合わないためになかなか寝付けなかったという人は意外と多いはず。枕の選び方を見直して、自分にぴったりの枕でぐっすり眠り、新しい1日をイキイキと始めましょう。
その枕は合っている?カンタン・チェック!
枕選び4つのポイント
明日のキレイは枕がつくる?! 快眠のキレイ効果とは
“プラスα”の遊びゴコロで、もっと快眠!

その枕は合っている?

●カンタン・チェック!

今お使いの枕が自分に合っているかどうか、3つのチェックポイントで確認してみましょう。
お友達やご夫婦などお二人でチェックし合えば、より正確です。
1背中がシーツに着いている
首の付け根から背中がピッタリとシーツに着いていますか?
Yes No
2首全体が枕に乗っている
後頭部から首筋にかけて、首全体を枕に乗せていますか?
Yes No
3後頭部のおさまりが良い
後頭部がしっかり枕におさまっていますか?
Yes No
診断結果
すべYes 枕は合っています。自然で楽な姿勢で眠れています。
Noが1つでもある からだのどこかに負担がかかっているかも?
1がNo もし、背中が浮いてしまっていたら、それは枕の高さが合っていないということです。
2がNo 頭だけを乗せると首に負担がかかる姿勢となり、肩こりの原因にも。
3がNo 枕が高すぎると、顎の付け根あたりに圧迫を感じ、低すぎると頭がうしろに引かれるように感じます。このような違和感はありませんか?

次の「枕選び4つのポイント」を参考に、改めて自分に合った枕を選びましょう。

枕選び4つのポイント

合わない枕を使うと、頭痛、首筋の痛み、肩こり、不眠症、手足のしびれ、寝違い、めまい、顔のむくみ、イビキ、歯ぎしり等を引き起こすともいわれています。
下記を参考に、自分に合った枕を選びましょう。
横幅
寝返りしても頭が落ちないサイズ。目安として、頭3個分くらい。
高さ
肩・首・頭の全体を支え、首に負担をかけずに後頭部がフィットする高さ。
硬さ・柔らかさ
硬すぎると後頭部に負担がかかり、首筋が刺激を受けます。
反対に柔らかすぎると、頭が必要以上に沈み込み寝姿勢が安定せず、寝苦しくなります。ほどよい硬さの枕を選びましょう。
素材
好みの素材で選んでOKですが、快眠のためには通気性の良いものが◎。
毎日使う枕は消耗が早いため、本来の機能が失われる前に買い替えましょう。素材によって枕の寿命が違うので注意。
かための素材
そばがら
吸湿性はいいが、湿気がたまりやすい
ヒノキチップ
香りがよく虫が寄りづらい
パイプ / マルコビーンズ
通気性がよく、ほこりもたまりづらい
低反発ウレタン
枕が頭の形に変形するので負担が少ないが、温度により感触が変わるという特徴があり、冬の寒い時期にはかたくなる
やわらかめの素材
エステル
非常に柔らかく頭にフィットし、冬でも暖かいが、夏は蒸れやすい
羽根
通気性が良く、吸湿や保温にも優れているが、ほこりがたまりやすい
シルク
吸湿性はいいが、ほこりがたまりやすい
キャメル
弾力性があり、頭にフィットしやすいが、夏は蒸れる
好みや個人差があるので、お店で実際に触ったり寝てみるのが一番ですが、お店のベッドと自宅の布団の感覚は違うので注意が必要です。
ソバガラが割れるとアレルギー等の原因になります。体質に合わせて選ぶことも大切です。

明日のキレイは枕がつくる?!

●快眠のキレイ効果とは

自分に合った枕を使って、からだに負担のかからない自然な体勢で眠りにつくと、リラックスして血行が良くなります。その結果リンパの流れもスムースに。これがキレイにつながるのです。

一方、合わない枕を使っているとなかなか寝付けかったり熟睡できなかったりしがち。こうして睡眠不足が続くと、肌の新陳代謝であるターンオーバーがうまくできなくなって、クマやくすみ、ニキビなどの肌トラブルが発生する恐れが。

また、枕が高すぎると首が前に曲がるため、首ジワや肩こり、首筋の痛みの原因になります。反対に枕が低すぎると頭が心臓より低くなるために頭に血が上り、頭痛が起きたり顔がむくんだりする可能性が。このように枕選びは決して侮れません。

“プラスα” の遊びゴコロで、もっと快眠!

枕をいくつか揃えて、気分で使い分けても楽しいですね。

夏場は通気性の良いそばがら枕、春・秋は眠りやすい低反発ウレタン枕、冬場は暖かな羽根の枕、と季節によって枕を変えるのもオススメです。

その日の体調次第で高さを自由に変えられる枕、冷やす・温めるが可能な枕、香りつき枕など、プラスαもさまざまです。お気に入りの枕と共に、今夜も深い眠りに落ちていきましょう。
監修:「雨晴クリニック」副院長 睡眠コーチ 坪田聡

1988年、医師として診察にあたるうち、睡眠障害が他の病気の発症や経過に関係していることに気づき、高齢者を中心に睡眠障害の治療を開始。1994年、治療から予防にシフトして、「快眠で健康な生活を送ろう」というコンセプトのもと、睡眠の質を向上するための指導や普及に努める。また、職場のメンタルヘルスや過重労働を改善するため、産業医としても活動。さらに、人の行動を変えるよう促すために、コーチングを学び資格を取得。現在は日本睡眠学会、ストレス学会、日本コーチ協会、日本医師会に所属、医師とビジネス・コーチの顔を持ちながら、健康的な睡眠に役立つ情報を提供し、睡眠の質を向上するための指導や普及に努めている。著書に『快眠★目覚めスッキリの習慣』(中経出版)、『病気にならない睡眠コーチング』(青春出版社)。