カタログ通販・テレビショッピングのディノスオンラインショップ
ホットディノストップ > Body&Soul > オーラルケアの基本はコレ!正しい歯ブラシの選び方

Body&Soul キレイと元気のためのお役立ち情報

オーラルケアの基本はコレ!正しい歯ブラシの選び方

毎日使う歯ブラシ。でも選び方を間違えると磨き残してむし歯を作ってしまったり歯茎を傷つけたりしてかえって逆効果になることも。
いつまでも健康な歯でいるためにどんな歯ブラシを選べばいいのか、歯ブラシ選びのポイントをご紹介します。自分に合った歯ブラシでいつまでも健康な歯をめざしましょう!

まずはマルチな歯ブラシを一本!

自分に合った歯ブラシを選ぶことは、じつは正しい磨き方と同じくらいオーラルケアにとって重要です。
まずは、自分の歯並びや口の大きさ、歯肉の健康状態に合わせ、どんな部分も磨きやすいマルチな一本を選ぶこと。そして歯と歯の隙間用、奥歯用など用途に応じて何本か用意しておくのがベストです。
では、マルチな歯ブラシを選ぶときのポイントとは?

マルチな歯ブラシを選ぶときのPoint

毛のかたさは?

歯ブラシには、「ふつう」「やわらかめ」「かため」がありますが、一般的におすすめなのは「ふつう」タイプ。歯磨きの一番の目的である、歯垢を落とすのに「やわらかめ」では毛先がすべって歯垢をきちんと除去できないからです。

ただし、歯ぐきが弱かったり、歯肉炎で出血しやすいという人は、歯肉を傷つけにくい「やわらかめ」を使ってじっくり丁寧に磨くようにしましょう。そして症状がよくなったら「ふつう」の歯ブラシを使うようにしましょう。

一方「かため」の歯ブラシは、ふだんの磨き方が弱めという方に向いています。

やわらかめ…歯垢を落とすのに一般的におすすめ、ふつう…歯ぐきが弱い、歯肉炎で出血しやすいという人におすすめ、かため…ふだんの磨き方が弱めという方におすすめ
柄(持ち手)の形は?

柄(持ち手)の形は?

柄の部分には、形が角ばってるものや丸いもの、湾曲していたり、手元に飾りがついていたり、とさまざまな形状のものがあります。まずは自分が実際に持ってみて、どんな角度でも持ちやすく、使いやすいものを選びましょう。

ちなみに、湾曲しているものは、上の奥歯の後ろ側を磨くのが難しく、また突起があると指を動かすときに邪魔になる傾向が見られるので、基本的にはストレートて突起のない単純な形状がおすすめです。また、持ちやすさを考えると、断面が楕円形になっているものがよいでしょう。

ネック部分は、力がしっかり伝わるよう、あまり細くないしならないものを選びましょう。

毛の材質は?

歯ブラシの毛の材質もいろいろありますが、おすすめなのは一般的に多く使われている透明なナイロン素材のもの。
動物の毛や色の付いた毛のものもありますが、動物の毛はたんぱく質でできているため口腔内細菌が付着しやすく不潔になりがち。乾きにくいのも難点です。
また、色の付いた毛は、混入されている色素の成分によって弾力性が低下します。ただし、ナイロンも吸水性があるので、交換時期を守って使用するようにしましょう。

毛の形や長さ、植毛形態は?

一般に口にあう適正サイズとされているのは、縦が植毛3列、横が親指の幅もしくは人差し指の第一関節までの長さというもの。 ヘッドが大きすぎると、奥歯や細かい部分に毛先が当たりにくく、磨き残しができやすくなります。また、毛が密集していると、乾燥しにくく不潔になりやすいのでよくありません。

毛先の切り口はギザギザになっているものよりも、均一になっているほうが、圧力が均等にかかりきちんと磨けるといわれています。

なお、毛先を軽く歯に当て、小刻みに動かすブラッシングを行う場合は、毛先の長さが、10mm以下の短めタイプがよいでしょう。

毛の形や長さ、植毛形態は?

用途別歯ブラシ選びのポイントは?

マルチな歯ブラシをサポートするものとしてぜひ持っておきたいのが、用途別の歯ブラシ。
次のような用途にはどんなものを選べばよいのでしょうか。

歯と歯のすき間をしっかり磨きたい!

歯と歯のすき間をしっかり磨きたい!

歯と歯とのすき間には歯垢がつきやすく、むし歯や歯周病が発生しやすい場所です。
通常の歯ブラシだけでは磨けないので「歯間ブラシ」や「デンタルフロス」を使ってしっかりと歯垢を落としましょう。

デンタルフロスは糸のように細いので歯と歯の間の歯垢を効果的に落としてくれます。ひっかかったり、糸がほつれたりする場合は、そこに歯垢がたまっていたり、むし歯ができている可能性があるので、すぐ歯科医院に相談しましょう。

歯間ブラシは、歯と歯のすきまが広い場合や、虫歯の治療をしたところ、歯が抜けたままになっているところなどに使うと効果的です。歯間ブラシを選ぶ際は自分の歯茎の状態や部位にあわせたサイズを選ぶことが大切なので、できればかかりつけの歯科医に相談して選びましょう。
いずれも磨く際は、鏡を見ながら歯肉を傷つけないように注意して行うことが大切です。

奥歯までしっかり届く歯ブラシがほしい!

奥歯は通常の歯ブラシで磨くにはやや届きにくく、磨きづらいところ。
奥歯を磨くには「タフトブラシ」を使いましょう。

タフトブラシはコシが強く短い毛先の付いた小さな歯ブラシで、ブラシの先が少し曲がっているので、奥歯の裏側にもブラシが届きます。生え始めの親知らずにも効果的です。

奥歯までしっかり届く歯ブラシがほしい!

歯周ポケットをしっかり磨きたい!

健康な歯肉の場合は、歯と歯肉がくっついていますが、歯周病によって歯と歯肉の間に溝ができます。これを歯周ポケットといいます。

歯周ポケットを磨くにはポケットクリーナーを使いましょう。正面はタフトブラシに似ていますが側面は極端に薄く、先端を90度に回転できるので最適な角度で歯周ポケットに入りこんで歯周ポケットの歯垢を取り除くことができます。

歯ブラシの替え時は?

歯ブラシの替え時は?

1ヶ月に1本のペースで交換しましょう。
「毛先が開いてきた」「ナイロン製の透明なブラシが白く濁ってきた」ら歯ブラシ交換のサインです。

歯ブラシは使っているうちにだんだんと弾力が失われ、毛先が開いていきます。すると、歯ブラシが目的の場所に当たらず、歯垢を落とす力が著しく低下してしまうのです。

また、歯ブラシは毛が密に植えてあるので、洗ったあとも口腔内の様々な細菌が毛の中に付着し残ってしまう恐れがあります。口腔衛生のためにも1ヶ月に1本の交換がおすすめです。

監修/医療法人慶生会 ひぐち歯科クリニック院長 樋口均也

大阪大学歯学部卒業。大阪大学歯学博士。2005年に大阪茨木市に「ひぐち歯科クリニック」開設。全室個室制で最新医療機器を完備し、歯と骨と歯茎の移植・ドライマウス・インプラント・審美歯科など、オーラルケアにかかわるあらゆる診察を行っている。「無痛治療」にも積極的に取り組んでいる。口腔外科総合研究所併設。

オーラルケア 商品を探す>>