カタログ通販・テレビショッピングのディノスオンラインショップ

ディノス(dinos)

HOT dinos(ほっとディノス) 商品使用レポ、美容・健康、ライフスタイルなどの情報満載なコミュニティ型情報サイト
About HOT dinos Community HOT Antenna サイトマップ メルマガ登録

トップ > HOT Antenna  > Trend Report > vol.005 クリスマスは母娘でドレスアップ♪
Trend Report 海外トレンドリポート
ニューヨーク最新トレンド事情 vol.005 クリスマスは母娘でドレスアップ♪
ニューヨークは変化し続ける街。昨日のトレンディスポットが今日もトレンディとは限りません。マンハッタンばかり注目されがちですが、意外に侮れないのがブルックリン。若手アーティストたちが集まるウイリアムズバーグや、ハイエンドな住宅地&ショッピングタウンとして生まれ変わったDUMBO、スミスストリート周辺もおしゃれなブティックやレストランが次々とオープンし、ファッションストリートに変貌しています。
 クラシカルでフェミニンなデザインで人気の「COZBI」
 「あの人形が着ているドレスが欲しい」
 刺繍やアップリケがかわいいビブとピロー
ちょっとしたおよばれやクリスマスパーティに、母娘でこんなフェミニンな装いはいかが
クラシカルでフェミニンなデザインで人気の「COZBI」
今もっともHOTなブルックリンのスミスストリート界隈で、そのにぎわいとはちょっと距離を置く場所にある婦人服と子供服のブティックが「コズビー(COZBI)」です。

どことなく、古き良きアメリカのエレガントな女性のイメージが浮かんでくるお店で、ちょっとおしゃれな普段着からパーティー用のドレスまでそろっています。
クラシカルでフェミニンなデザインと独特の色使いに特徴があり、クリスマスパーティーや結婚式などにふさわしいドレスも多く、母娘でおよばれ用のドレスを探すのも楽しそう。
「あの人形が着ているドレスが欲しい」
このブティックのオーナーでデザイナーのコズビー・カブレラさんは、実は人形アーティストであり、絵本作家でもあります。コズビーさんが手作り人形の制作・販売をスタートさせたのは10年前。バービー人形のような、大量生産でステレオタイプの人形ではなく、エレガントで美しく、個性のある人形を作りたいと思ったことがきっかけでした。

今では、彼女が作るヴィンテージ人形は、コアな人形コレクターたちの人気アイテムになっています。
COZBI のデザイナーであり、
人形作家、絵本作家でもあるコズビー・カブレラさん
ところが、人形の販売を始めると、意外にも、お客さんからしばしば、人形が着ている服と同じデザインのドレスが欲しいというリクエストを受けるようになったのです。

そこで、人形が着ている服を女性用や子供用にデザインして販売したところ、これがとても好評。

そこから、コズビーさんの作品は人形から、婦人服、子供服のデザインへと広がっていきました。彼女がデザインするドレスがクラシカルでフェミニンなのは、ヴィンテージ人形のドレスにヒントがあったからなのです。

刺繍やアップリケがかわいいビブとピロー
ドレスのシルエットだけでなく、色使いも独特の個性があります。赤や黄色、ピンク、ブルーなど、一見派手な色のアイテムも多いにもかかわらず、どこかノスタルジックでやさしさが感じられます。

また、手染めのドレスやTシャツなどもお薦め。毎回染め上がりの感じが微妙に違うので、たとえTシャツでも、一点ものの贅沢を味わえます。 流行に左右されずに長く着られる点でも、地元、ブルックリンのファンの心をつかんでいます。
また、赤ちゃんの誕生祝いや初めてのクリスマスプレゼントには、値段も手頃なビブやピローはいかがでしょう。丁寧な刺繍やアップリケには手作りの暖かさが感じられます。
おばあちゃんが孫のために丹誠込めて手作りしたような素朴なデザインが、とてもキュートです。
 

手染めのシルクオーガンジーのドレス

刺繍やアップリケがかわいいビブ
SHOP DATA

COZBI

530 Court Street, Brooklyn, NY 11231
tel/718-246-7960
火〜土 12:00〜19:00、日 12:00〜17:00 月休
http://www.cozbi.com/
流行に左右されない、
エレガントで上品なファッションが人気の「COZBI」
ノスタルジックな雰囲気の店内
ニューヨーカー街角スナップ〜NewYork のHOTなファッションをキャッチ!〜
編集を手がけた単行本が出版されたばかりで、ほっと一息ついているエディターのアミイ・ゴールドワサーさん。イーストビレッジにお住まいで、地元のデザイナーの服やバッグが好きだそう。
最近日本でも発売された「Pepper+Pistol」のエスキモー・ガール・ドレスを、「Mark by Mark Jacobs」の黒のブーツとのコーディネートでクールに着こなしています。
アミイ・ゴールドワサーさん 36歳 エディター