いいプレCPN
いいプレCPN

カタログ通販・テレビショッピングのディノスオンラインショップ

おしゃれなウォールステッカーで
お部屋をセンス良く演出できる
おすすめアイテム

今注目のウォールステッカーで、インテリアに彩りを添えませんか? DIYがブームで壁紙を自分で貼りかえるという方もいますが、今ある壁紙にシールを貼るだけでも、一気に雰囲気が変わりおしゃれにすることができます。DIYの第一歩としてもオススメの技なんです。 かわいい・おしゃれなデザインがたくさんあるので、どのデザインのウォールステッカーをどこに貼ろうかと考えるのも楽しく、柄選びで迷ってしまうほど。 そこで、どの部屋にどんな柄を貼ると良いか、貼り方、はがし方のポイントなど、ご紹介します。

ウォールステッカーの魅力

  • 魅力その1:壁に貼るだけで、自分の好みのインテリアになる

    好きな柄を選んで、好きな場所に貼るだけという手軽さが、DIY初心者にも人気。
    また、デザインが豊富なので、お好みのものがきっと見つかります。たとえば流行りの北欧風など海外をイメージさせるデザイン、植物や木など自然を感じさせるデザイン。子ども部屋にも似合う動物柄やポップな柄。おしゃれなカフェやバーの雰囲気を演出できるもの、レンガやブロック風のものなど。まずはお好きな柄を選ぶところから始めてみてはいかがでしょうか。

  • 魅力その2:簡単にはがせるので、イベントごとに楽しめる

    貼るのも簡単ですが、はがすのも簡単です。だから気軽に模様替えできるので、今までお家では難しかった季節に合わせたインテリアが、手軽に楽しめます。
    春夏秋冬、季節ごとに壁が変われば雰囲気が一新!ハロウィン・クリスマスなど、イベントごとにホームパーティーを開くというお家にもピッタリですね。賃貸でもOKのDIYです。

【海外ドラマ風】英字・アルファベットの
ウォールステッカー

海外のインテリアみたいでかっこいい、英字・アルファベットのウォールステッカーが人気です。貼り方次第で、海外ドラマや映画にでてくるお部屋があなたの家に!アルファベットで自分の好きな言葉やフレーズを描くのも素敵です。

木・ツリーの絵柄のウォールステッカー

樹木や葉っぱ、お花など、植物柄のウォールステッカーも人気のデザインのひとつ。自然の中にいるようなナチュラルさが演出できて、リラックスした雰囲気の家になることでしょう。

場所別でおすすめのウォールステッカー

お子さんと一緒に貼ることから楽しみたい「子供部屋」におすすめのステッカー

お子さんの部屋といえば、動物や植物、乗り物などが一般的なイメージですが、壁紙全体を変えてしまうと、少しうるさく感じることも。貼ってはがせるウォールステッカーなら、お子さんに好きなものを選ばせたり、お子さん自身に自由に貼らせたりすることもできます。お子さんの性格や個性が現れて面白いですし、成長に合わせて変化させることもできるので、おすすめです。

簡単リフォームの第一歩「キッチン」におすすめのステッカー

キッチンをリフォームしようとすると、大がかりで大変。業者さんに頼めばお金もかかるし、簡単にはできませんよね。でも長年使ってきたキッチンの雰囲気をガラリと変えたいなら、ウォールステッカーが実力を発揮してくれます。タイル柄やレンガ柄、幾何学柄など種類も多いので、カフェやおしゃれなレストラン風に変えることだってできますよ。

家族みんなで選びたい「リビング」におすすめのステッカー

リビングは家族みんなが集まる憩いの場所。「どんな柄のステッカーがいいかな?」なんて、みんなで選ぶところから始めるのも楽しいものです。家族みんなが好きな柄を選んで統一してもいいですし、ここはママ好みに植物を、ここはお子さん好みのキャラクターを、なんてコーナーごとに変えられるのも、ウォールステッカーならではの楽しみ方です。
選ぶときは、今あるソファやラグなどとの相性をチェックすることも大切。色味を揃える、柄同士がうるさくならないように気をつければ、きっと素敵なリビングになりますよ。

ディズニーキャラクターのウォールステッカー

ディズニーキャラクターのウォールステッカーもあります。お子さんに人気の可愛らしいものから、大人に人気のキャラクターものまで、幅広い世代におすすめ。遊び心のある空間を楽しめます。

ウォールステッカーとは?

シールタイプのステッカーで、手軽に壁に貼ってはがせるので、気軽に壁を飾りたいときに便利です。壁紙を貼りかえるのは、ちょっぴり大がかりなDIYですが、ウォールステッカーなら一人でも楽にできるので、自分好みのインテリアを気軽に楽しむことができます。それでいて、壁面を一新できるので気分もリフレッシュできると好評です。

  • ウォールステッカーの種類

    ウォールステッカーには大きく分けて二種類あります。一つは手軽に貼ったりはがしたりできるシールタイプ。もう一つは転写タイプで、一度補助シートに移してから貼ります。色や柄で選ぶことも大事ですが、種類もチェックしておくことをおすすめします。

ウォールステッカーはどこにでも貼れる?

基本的には部屋の壁ならどこにでも貼れます。ほかにもドアや窓、車、インテリア用品などに貼れますが、なるべく平らな場所を選びましょう。
壁紙クロスや木など、表面が平らな壁に貼れますが、注意したい場所もあります。それはペンキ塗りや漆喰など壁自体に塗装を施している場合です。ウォールステッカーを貼ることで壁材がはがれることがあります。紙性の壁紙も同様で、貼る前に目立たない場所にセロテープを貼って、はがれないかどうかをチェックしてから使うようにしましょう。

  • ウォールステッカーが貼れない場所

    塗装面や紙性の壁紙以外にも、以下の場合は、はがれてくる可能性があるので注意が必要です。
    ・凹凸が激しいところ
    ・温度差が激しいところ
    ・湿気が多いところ

  • 賃貸の部屋でもOKかどうか?

    ウォールステッカーを貼れない場所をのぞけば、賃貸のお部屋に貼ることも可能です。壁自体を傷つけることがないので、賃貸でのDIYにもおすすめといえます。万が一粘着が残る場合は乾いた布でこすったり、専用のはがし剤を使ったりすると良いでしょう。

ウォールステッカーの貼り方

  • 貼る前に部屋のテーマを決める

    ウォールステッカーを選ぶ前に「部屋のどこに貼るか?」「部屋のインテリアをどんな風にしたいか?」を考えます。そのうえでデザインを選ぶと良いでしょう。

  • ウォールステッカーがよれた場合

    基本的にシールタイプは貼り直しができるものが多いので、万が一よれた場合も、すぐにはがして貼り直せばうまくいきます。ただし何度も繰り返すと粘着は弱くなりますので、注意が必要です。
    大きいサイズのウォールステッカーは、はがすときにシール同士がくっつくなど、貼り直しが難しい場合もあるので、要注意です。

ウォールステッカーの剝がし方

種類によってはがし方が違います。

  • シールタイプ

    そのまま端から順に、ゆっくりとはがします。

  • 転写タイプ

    ドライヤーの熱で温めながら、端からゆっくりとはがしていきます。丁寧に行わないと壁に傷がつく場合があるので、注意が必要です。