上半期ベストヒットランキング
上半期ベストヒットランキング

カタログ通販・テレビショッピングのディノスオンラインショップ

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/垂れない醤油差し 呉須錆線紋|有田焼 目を引く錆色の縁取りに繊細なラインが不均等に配され、絶妙なバランスが美しい醤油差し
ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/垂れない醤油差し 呉須錆線紋|有田焼 目を引く錆色の縁取りに繊細なラインが不均等に配され、絶妙なバランスが美しい醤油差し view
目を引く錆色の縁取りに繊細なラインが不均等に配され、絶妙なバランスが美しい醤油差し
ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/垂れない醤油差し 呉須錆線紋|有田焼 ア:青 view
ア:青
ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/垂れない醤油差し 呉須錆線紋|有田焼 イ:赤 view
イ:赤
ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/垂れない醤油差し 呉須錆線紋|有田焼 ア:青 熟練の職人がひとつひとつ筆で描くボーダーラインは老舗窯元ならではの手仕事 view
ア:青 熟練の職人がひとつひとつ筆で描くボーダーラインは老舗窯元ならではの手仕事
ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/垂れない醤油差し 呉須錆線紋|有田焼 イ:赤 熟練の職人がひとつひとつ筆で描くボーダーラインは老舗窯元ならではの手仕事 view
イ:赤 熟練の職人がひとつひとつ筆で描くボーダーラインは老舗窯元ならではの手仕事
ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/垂れない醤油差し 呉須錆線紋|有田焼 蓋取り外し view
蓋取り外し
ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/垂れない醤油差し 呉須錆線紋|有田焼 上部 view
上部
ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/垂れない醤油差し 呉須錆線紋|有田焼 注いだ後も液だれしません view
注いだ後も液だれしません
ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/垂れない醤油差し 呉須錆線紋|有田焼 取扱い中の呉須錆線紋、下錆千段の全ラインナップ view
取扱い中の呉須錆線紋、下錆千段の全ラインナップ
ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/垂れない醤油差し 呉須錆線紋|有田焼 伝統の有田焼を受け継ぐ手仕事 view
伝統の有田焼を受け継ぐ手仕事
ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/垂れない醤油差し 呉須錆線紋|有田焼 弥左エ門窯 view
弥左エ門窯
ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/垂れない醤油差し 呉須錆線紋|有田焼 有田を支える職人1 view
有田を支える職人1
ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/垂れない醤油差し 呉須錆線紋|有田焼 有田を支える職人2 view
有田を支える職人2
ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/垂れない醤油差し 呉須錆線紋|有田焼 有田を支える職人3 view
有田を支える職人3
ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/垂れない醤油差し 呉須錆線紋|有田焼 アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯) 文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目 view
アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯) 文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目
ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/垂れない醤油差し 呉須錆線紋|有田焼 さまざまなアイテムも同じ窯元の製作なので、別のシリーズと組み合わせてのコーディネイトもおすすめです view
さまざまなアイテムも同じ窯元の製作なので、別のシリーズと組み合わせてのコーディネイトもおすすめです
ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/垂れない醤油差し 呉須錆線紋|有田焼 モダンなデザインのブランドロゴマーク。よく見ると有田の文字が描かれています。 海外を視野にブランディングしていることが伺えるデザインです view
モダンなデザインのブランドロゴマーク。よく見ると有田の文字が描かれています。 海外を視野にブランディングしていることが伺えるデザインです
【ブランドコンセプト】
熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります

1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。
細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。
そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。
そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。
有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。
それが「 ARITA PORCELAIN LAB 」の器です。
⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集

【メーカープロフィール】
アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目
初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。
開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ”が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。
このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。

【商品説明】
目を引く錆色の縁取りに繊細なラインが不均等に配され、絶妙なバランスが美しい醤油差し。
熟練の職人がひとつひとつ筆で描くボーダーラインは老舗窯元ならではの手仕事です。

この商品の最大の特長は、注ぎ口に撥水技術(佐賀県県有特許)を施したことで、使った後の液垂れがしないこと。注いだ後にスッと液が戻るように吸い込まれます。

食卓で使用する上で、やっかいだった液だれ。これを解消できる上に、伝統的な有田焼+モダンなデザイン+機能的と3拍子揃った醤油差しは東京デザインフォレストの一押し商品の1つです。

【バイヤーのおすすめポイント】
ひと目で惹かれたモダンなデザイン。磁器独特のマットな白色の質感に錆色と青色や赤色で引かれた不規則ながら計算されたライン。すべてが自分好みのデザインなのです!

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/垂れない醤油差し 呉須錆線紋|有田焼

口コミはまだありません

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」
仕様・サイズを見る

¥2,808 税込

色・型を選択:

お気に入り登録数(18)

お気に入りに追加する
Close サイズ、色・型を選択してください

送料について

基本配送料:「」¥529 税込 → ステージがゴールド以上で無料

最短お届け日:ー(ご注文確定後に商品を手配します)
※東京都にお届けする場合の最短日程です(島しょ部を除く)

mail
ディノスのカードでさらに5%OFF!<br>基本配送料も「開梱設置サービス」も無料!

ディノスのカードでさらに5%OFF!
しかも基本配送料も「開梱設置サービス」も無料!

詳しくはこちら

ディノスのカードでさらに5%OFF!
しかも基本配送料も「開梱設置サービス」も無料!

カートに入れる

TOKYO Design Forest[東京デザインフォレスト]

東京デザインフォレスト

職人の伝統技術とデザイナーの新しい視点から生まれた、毎日つかいたい暮らしの道具たち。
インテリア雑貨〜ファッション雑貨まで、日本が世界に誇るジャパンブランドをセレクト。
カタログでは買えないアイテムが盛り沢山です。

おすすめ関連商品

仕様・サイズ

商品番号 商品名 価格 送料・送料種別
900-NV30-89 ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/垂れない醤油差し 呉須錆線紋|有田焼
¥2,808 税込
¥2,600 税抜
基本配送料:「¥529 税込

※小物配送は、お届け先が同じであれば複数個ご購入いただいても¥529です。

■色:(ア)青、(イ)赤
■サイズ:(約)径6×高さ5.5cm
■重量:(約)70g
■満水容量:(約)50ml
■材質:磁器
■食洗機対応
■日本製
※模様は職人が1点1点手描きして作成しています。その表情には個体差があるため画像と実物が異なることがございます。唯一無二のお品物としてご愛用頂ければ幸いです。

【職人が手間をかけて作り上げる有田焼の製造工程とは】
(1)採石:陶石を掘り出し、水洗い後、選りわけます。
(2)粉砕:粗く粉砕した陶石をさらに微粉にします。
(3)水簸(すいひ):陶石中の鉄分や不純物を取り除きます。
(4)土絞り:余分な水分をとり適当な固さにします。
(5)土こね:粒子の均一化、水分の濃密土の平均化、陶土内の気泡を完全になくすために丹念にこねます。
(6)成型:品種、用途、機能に応じていろいろな技法があります。有田焼はロクロ成型が基本です。
(7)生地加飾:粘性が残っている間に行うものと、完全に乾燥させた状態で行うもの(彫り、ほたる手)などがあります。
(8)削り仕上げ:生乾きの成型品を最終的な製品の形にします。
(9)水拭き仕上げ:絵付・施釉工程での処理をスムーズにするため表面を丁寧に水拭きします。
(10)乾燥:器物を皿板に並べ、急激に乾燥しないよう時間をかけて乾燥させます。
(11)焼成(素焼):窯内の温度を徐々に上げ、約900度で焼成します。
(12)下絵具調合:線描きと染付ダミに分けて調合します。陶画工の大切な仕事です。
(13)下絵付け:吸水性のある素焼きの表面に直接筆で描くため、かなり熟練を要します。
(14)釉掛け:浸しかけと流しかけがあります。
(15)本焼き:焙り焚き、攻め焚き、揚げ火など工程を経て1350度まで温度を上げます。
(16)窯出し:白磁、青磁、瑠璃、染付などはここで製品となります。
(17)上絵付け:赤、黄、緑、黒、金、銀など多くの絵具を調合し、絵模様の輪郭を描く線描きとダミの組み合わせがあります。
(18)赤絵窯焼成:絵具を定着させるために720度〜830度の低温度で焼成します。
(19)完成:上絵付けまで施して焼成したものが、赤絵・染錦と呼ばれるものです。

*すべての商品が全工程があるとは限らずアイテムにより工程が異なります。

この商品の関連リンク

この商品とよく比較検討されている商品

この商品を買った人はこんな商品も買っています