【たびんちゅ】スーツケース・キャリーバッグ・トラベルグッズ・旅行用品

たびんちゅ

【写真家・秋野深のやさしい旅のフォトレッスン】レッスン45:2度の挫折を経た幻の鉄道 〜島根県・広浜鉄道今福線〜

【写真家・秋野深のやさしい旅のフォトレッスン】レッスン45:2度の挫折を経た幻の鉄道 〜島根県・広浜鉄道今福線〜

島根県浜田市と広島市を結ぶ鉄道として戦前に着工された広浜鉄道。今福線はその島根県側のルートです。最初に着工されたのは昭和8年。しかし昭和15年に戦争による鉄不足のため工事は中止されてしまいます。時を経て昭和45年には、ルートが一部変更され新線として工事が再開されるものの、昭和55年に今度は国鉄の赤字が原因で、またも工事は凍結。 今福線は、実に2度も着工されながら結局完成することはなかった、全国的にも大変珍しい「鉄道遺構」なのです。

【写真1】

(ワンクリックで写真を拡大表示)

 

【写真2】

(ワンクリックで写真を拡大表示)

戦前に計画された旧線、戦後に計画された新線のルート上には、路盤、橋脚、トンネルなど、当時の鉄道建設の跡が、今も様々な形で残っています。一部は現在の生活道路として活用されていたり、建設途中で放置された橋脚だけがまるで遺跡のようにそびえ立っていたり・・・。美しい田畑が広がる集落の片隅にひっそりと橋桁だけが残されているところもあります。 1度目の着工からすでに80年以上を経た今、この未完の鉄道遺構は、先人の志や歴史を知る貴重な生き証人として、多くのことを語りかけてくれているように思えるのです。

森の奥深くへ続く旧線のアーチ橋。崩れることのないその姿は戦前の建築物の魅力を、かつてのコンクリート建設技術の高さを今に伝えてくれています。【写真1】

 

廃墟然とした雰囲気を目の当たりにして、完成に至らなかったことを実感すると、やはり一抹の寂しさを感じずにはいられません。【写真2】

 

【写真3】

(ワンクリックで写真を拡大表示)

山あいの川沿いを行く道で突然このような情景に出くわすと、古代の建造物が現れたような感覚に襲われます。橋脚はギリシャやローマの神殿の柱のようにも見え、周囲が緑で鬱蒼としているだけに、ミステリアスな遺跡のようです。一方、このあと橋桁が完成し、列車がトンネルから出てくる場面を想像すると、やはり「ここまで建設したのに・・・」という思いが湧き上がってきます。【写真3】

 

戦前、戦後の2度にわたって着工されたにも関わらず、結局のところ鉄道が完成しなかったことを、失敗や挫折という言葉だけで片付けてしまうことは簡単なのかもしれません。計画や工事に携わった多くの方々が思い描いた形には残念ながら至らなかった以上、もちろんそういう側面は否めないでしょう。
一方で、「でも」とも思うのです。
写真家として、国内外の様々な場所で自然景観や建築物を目にします。そんな中で痛感することがあります。「価値はもともとそこにあるものではなく、人が見いだすもの」だと。
今福線のルート上には、かつての建造物が壊されることなく、歴史を語る形でそのままに残されています。それをどう受け取るかは、後世に委ねられているといえはしないでしょうか。
結果が当初の理想とは大きく違ってしまっても、それが全てでも終わりでもない。失敗や挫折の後にもまだ続きがある。今福線の姿を目の当たりにすると、そんなふうにも思えてきます。線路は繋がらなかったけれど、電車が走ることはなかったけれど、今もそこに今福線はあるのですから。

ワンポイントフォトレッスン!

【写真4】

(ワンクリックで写真を拡大表示)

 

【写真5】

(ワンクリックで写真を拡大表示)

今回は、広角レンズで建造物を撮影する時のワンポイントレッスンです。 まず、今福線の橋脚跡を撮影した【写真4】と【写真5】の2枚を見比べてみてください。撮影しているところはほとんど同じですが、写り方に少し違いがあります。

【写真4】より【写真5】の方が、一番手前の四角い橋脚が後方の丸い橋脚に比べて少し大きく写っていて、遠近感が強調されていることにお気づきいただけると思います。さらに、手前の橋脚だけを見比べても、【写真5】の方は地面に近いところが太く、空に向かってそびえ立っている感じが強く出ています。

これは【写真5】の方が、より広角のズームで撮影されているためなのです。肉眼で見ている時の遠近感や橋脚の形により近いのは【写真4】の方で、【写真5】は見た目とは少し違う形に写っていることになります。そのため、あまり遠近感や建造物の迫力を強調したくない場合は、広角ズームを使わない方がよいことになります。その場合は、ズームを少しだけ望遠側に回して、建造物から離れて撮影するだけで、【写真4】のような描写の写真になります。

この場面では、私は個人的に工事が中断され、立ち尽くすような橋脚の重厚感、存在感を強く感じて撮影したので、どちらかというと【写真5】の描写を選択したいところです。建造物を見上げて撮影するような場面では、両タイプのとらえ方をぜひ思い出して、場面に応じて、撮影する皆様ご自身の気持ちを大切にして、使い分けてみてください。

※今福線の鉄道遺構は、場所によって自由に見学できるところと、立ち入り禁止で事前に特別な許可を得た場合のみ見学可のところがあります。ご注意ください。

 

プロフィール:写真家・秋野深(あきのじん)

1970年生まれ。福岡県出身。会社勤務の後、フリーランスの写真家・執筆家に転身。アジアやアメリカを主なフィールドとして自然風景、建築物、人々の生活や文化を、日本国内では、東北地方(特に鳥海山麓)などの自然を撮影。近年は地方自治体の地域活性化事業への参画など多方面で活動。
都内にて写真教室アルトフォーカス主宰。旅行会社にて海外国内撮影ツアー同行講師、写真講座講師。
JATA世界旅行博2008、JATA旅博2011(東京ビッグサイト)にて講演。2008年、ウズべキスタンの古都サマルカンドの文化歴史博物館にて個展開催。2012年、NHK BSプレミアム『極上美の饗宴』の「シリーズ平山郁夫の挑戦(1)執念のシルクロード」にゲストナビゲーターとして出演。2014年、タシケント国際フォトビエンナーレへ招待参加。

Jin Akino Photography http://www.jinakino.com

写真教室アルトフォーカス http://www.alt-focus.com

シニアのための写真教室アルトプリズム http://www.alt-prism.com/

■写真教室アルトフォーカス イベントのお知らせ■

 ● 8/31(土) 色彩とデジタルの基礎知識
   詳細・申込:https://www.alt-focus.com/19e/

 ● 9/28(土)、10/5(土)、10/12(土)  露出の基本講座(一眼レフ・ミラーレス入門初級編)
   詳細・申込:https://www.alt-focus.com/19f/

■シニアのための写真教室アルトプリズム イベントのお知らせ■

 ● 8/5(月) マニュアルフォーカスとマニュアルホワイトバランス実践講座
   詳細・申込:https://www.alt-prism.com/2019-08-05/

 ● オンライン講評(9月分受付中)
   遠方で教室へ参加できない方々にオススメです。
   詳細・申込:https://www.alt-prism.com/kouhyou-online/

■ウズベキスタン・伝統の瞬間〜秋野深写真集 出版記念写真展&イベント〜■

ウズベキスタン・伝統の瞬間〜秋野深写真集 出版記念写真展&イベント〜

2019年春に出版された写真家・秋野深の写真集「ウズベキスタン・伝統の瞬間(TRADITIONAL MOMENT IN UZBEKISTAN)」を記念して、6月にウズベキスタン・サマルカンドの世界遺産レギスタンにて開催されたセレモニーに続き、東京で写真展&イベントを開催します。写真展示以外にも、トークイベント、手芸品の販売、お菓子の試食、民族衣装の試着など、ウズベキスタンの魅力をお伝えするイベントを予定しています。

イベント詳細 : https://www.jinakino.com/news/201908/

★ 会期
8/23(金)-8/26(月)

★ 会場
ギャラリーNIW
〒112-0014 東京都文京区関口1-44-8
最寄駅:有楽町線 江戸川橋駅 徒歩3分

★ 共催
東京農工大学ウズベキスタン女性の自立化支援プロジェクト
ディーリャ・アブドゥラエワ(ウズベキスタン料理研究家)

★ 後援
ウズベキスタン政府 国家観光発展委員会
駐日ウズベキスタン大使館

一眼レフ・ミラーレスカメラユーザー向けの、自宅で学べるオンライン写真講座
「アルトフォーカス・オンライン」がはじまりました!

はじめてのイラン紀行 ラーハな時に身をゆだね
01「露出の基本をマスター 〜シャッタースピード・絞り編〜」

・動画教材を購入後はいつでも何度でも繰り返し視聴できます!
・PCでもタブレットでもスマホでもご覧いただけます!

詳しくは、http://www.alt-focus.com/onlineよりご覧下さい。

著書:『はじめてのイラン紀行 ラーハな時に身をゆだね』
第1回文学メルマ!新人賞 紀行文部門大賞作品を電子書籍版・改訂版。
(アマゾンKindle)

⇒ アマゾンKindleの詳細ページ

はじめてのイラン紀行 ラーハな時に身をゆだね

旅に出たくなるコラムを読む

歴史家・安藤 優一郎の「江戸の贅沢を訪ねる」

  • 第5回目:江戸東京の虫聞きの名所を訪ねる
  • 第4回目:江戸東京の花火の名所を訪ねる
  • 第3回目:江戸東京の祭りの名所を訪ねる

秋野深のやさしい旅のフォトレッスン

  • Lesson66 :全国的にも珍しい赤い蕎麦の花畑 〜長野県・箕輪町〜
  • Lesson65 :高原の湖畔を彩るクリンソウ 〜栃木県・奥日光〜
  • Lesson64 :菜の花が彩る北信州の春 〜長野県飯山市・千曲川と北竜湖〜
  • 第2回目:江戸東京の桜の名所を訪ねる
  • 第1回目:江戸東京の梅の名所を訪ねる
  • Lesson63 :一足早い桜の便り 〜静岡県河津町〜
  • Lesson62 :東京に近い雲海の名所 〜千葉県君津市・九十九谷〜
  • Lesson61 :秋の風情に包まれる水の町 〜岐阜県・郡上八幡〜
  • Lesson60 :共生する動物世界を再現 〜栃木県・那須どうぶつ王国〜
  • Lesson59 :大峡谷の真の迫力  〜アメリカ・グランドキャニオン(ノースリム)〜
  • Lesson58 :中央アジアの麺料理・ラグマン  〜ウズベキスタン〜
  • Lesson57 :路地から見える世界地図 〜トルコ・イスタンブール〜
  • Lesson56 :廃墟のような、神殿のような 〜群馬県太田市・藪塚石切場跡〜
  • Lesson55 :棚田と海と漁火と 〜山口県長門市・東後畑の棚田〜
  • Lesson54 :学ぶ心〜カンボジア・シェムリアップ〜
  • Lesson53 :桜と異国情緒のコラボレーション 〜アメリカ・ワシントンDC〜
  • Lesson52 :旅で出会う不思議な「懐かしさ」〜イラン・カスピ海沿岸〜
  • Lesson51 :豪雪の村のあたたかなライトアップ 〜岐阜県・白川郷〜
  • Lesson50 :内蔵の町・増田 〜秋田県・横手市〜
  • Lesson49 :天山山麓の輝く黄葉 〜キルギス・チョンケミン渓谷〜
  • Lesson48 :日本最大の遊水地 〜関東・渡良瀬遊水地〜
  • Lesson47 :裏見の滝、天然水のカーテン 〜熊本県小国町・鍋ヶ滝〜
  • Lesson46 :青の都に眠る天才 〜ウズベキスタン・サマルカンド〜
  • Lesson45 :2度の挫折を経た幻の鉄道 〜島根県・広浜鉄道今福線〜
  • Lesson44 :鳥海山麓は日本の自然景観の縮図 〜秋田県にかほ市〜
  • Lesson43 :旅と写真とコミュニケーション 〜中国・カシュガル〜
  • Lesson42 :水田に眠る日本人商人 〜ベトナム・ホイアン〜
  • Lesson41 :バザールの風と香り 〜イラン・イスファハン〜
  • Lesson40 :神々の遊ぶ庭園 〜アメリカ・ヨセミテ国立公園〜
  • Lesson39 :島のテレビはみんなのテレビ 〜ラオス・コン島〜
  • Lesson38 :氷に覆われた神秘の世界 〜栃木県・雲竜渓谷〜
  • Lesson37 :ユニークな「サンドイッチ型」城下町 〜大分県・杵築〜
  • Lesson36 :野生の馬の楽園 〜宮崎県・都井岬〜
  • Lesson35 :表情豊かな石像たち 〜カンボジア・アンコール遺跡群〜
  • Lesson34 :緑のじゅうたん・チャツボミゴケ 〜群馬県・奥草津〜
  • Lesson33 :日本一の清流が育む美しい情景 〜島根県・益田市〜
  • Lesson32 :天空の世界で生きる 〜中国・パミール高原〜
  • Lesson31 :魅力あふれる春の田んぼ 〜静岡県・松崎町(西伊豆)〜
  • Lesson30 :表情豊かなサルの様子がこんなにも間近に 〜長野県・地獄谷野猿公苑〜
  • Lesson29 :美しさと迫力を兼ね備えた桜 〜福島県二本松市・合戦場のしだれ桜〜
  • Lesson28 :モノトーンの世界に凛とたたずむ・・・ 〜山形県鶴岡市・羽黒山五重塔〜
  • Lesson27 :美味しそうな風景!? 〜アメリカ・パリアキャニオン〜
  • Lesson26 :イルミネーションを強くぼかした幻想的な写真に挑戦してみよう!
  • Lesson25 :ホワイトバランスの機能を使って紅葉を色彩豊かに表現しよう!
  • Lesson24 :時にはモノクロ写真で旅先の風情を上手に表現してみよう!
  • Lesson23 :影を上手にいかして撮影してみよう!
  • Lesson22 :時には斜めの構図で変化をつけてみよう!
  • Lesson21 :乗り物から見える光景を上手に撮影しよう!
  • Lesson20 :雨の日ならではの魅力的な被写体を見つけよう!
  • Lesson19 :風景の雄大さを上手に表現しよう!
  • Lesson18 :桜とその場の風情を上手に表現しよう!
  • Lesson17 :背景に配慮して桜の色彩を上手に表現しよう!
  • Lesson16 :旅先で見つけた雰囲気のよいお店を上手に撮影しよう!
  • Lesson15 :夜景やイルミネーションをぶれないようにくっきりと撮影しよう!
  • Lesson14 :夜景やイルミネーションの美しさを上手に表現しよう!
  • Lesson13 料理の美味しさをリアルに伝えよう!
  • Lesson12 秋の紅葉の色を鮮やかに表現しよう!
  • Lesson11 旅先の通りの雰囲気を上手に表現しよう!
  • Lesson10 夏の青空や雲を美しく撮影しよう!
  • Lesson09 旅先での料理の写真を印象的に!
  • Lesson08 天気がよくない日にも撮影を楽しもう!
  • Lesson07 旅先で出会う人の自然な表情を撮ろう!
  • Lesson06 広がりのある景色の迫力を表現しよう!
  • Lesson05 背景をぼかして、主役を引き立ててみよう!
  • Lesson04基礎編(4)主役を決めて、全体をよく見て!
  • Lesson03基礎編(3)ぶれ少なく、よりくっきりと!
  • Lesson02基礎編(2)ワンパターン写真から卒業!
  • Lesson01基礎編(1)工夫と準備が大切です!

全てのコラムを表示する

おすすめ特集

何をお探しですか
スーツケース・キャリーケース(ハードタイプ)
スーツケース・キャリーケース(ソフトタイプ)
旅行カバン
バッグ関連グッズ
トラベルファッション
トラベルシューズ
防犯トラベルグッズ
便利グッズ・他
出発前に知っておきましょう
【持ち物チェックリスト】で忘れ物を防ぐ
【機内持込・無料預け等】のサイズチェック!
【日数別スーツケースのサイズ】の選び方
機内での【エコノミー症候群対策】
アメリカ方面に行くなら【TSAロック】
【渡航前に現地の安全確認】※外務省ホームページへジャンプします
特集一覧
カナナプロジェクト カナナフリーウェイリュック特集
WiFiレンタルサービス
リュック特集
超静穏キャリーケース FREQUENTER(フリクエンター)特集
[たびんちゅ]口コミの多い商品特集
ドイツ・ストラティック社 アンビータブル2特集
ソウ・エクスペリエンス(Sow Experience)の体験ギフト人気NO.1「総合版カタログGREEN」
船の旅人になって、クルーズを楽しもう!
ソウ・エクスペリエンス(Sow Experience)の体験ギフト
世界25ヶ国、約80ヵ所に広がるリゾート「クラブメッド」
支えるバッグ・スワニー
トラベル・旅行グッズ特集
ALIFE DESIGN/アリフデザイン
ヨーロッパ発、現地レポート
チェルシー・フラワーショー2013
ガイドと巡るヴァチカン美術館!
モンサンミッシェルふわふわオムレツ
ストラスブールのクリスマス
ようこそ! 美しきコンスタブル・カントリーへ
辛口白ワインの代名詞、シャブリ
エスカルゴの食べ方
"SAKURA"・・・舞う!
世界遺産ライン川とハイデルベルク1日観光!
スペイン料理トルティージャの作り方
ハンガリー料理 グヤーシュ スープ
サント・シャペルのステンドグラス
「カンタブリア」3つのウソの村 サンティジャーナ・デル・マル
パリ1区のミシュラン1つ星【レストラン KEI】
『ムーラン・ド・ラ・ガレット』ピエール・オーギュスト・ルノワール
旅情報
世界遺産・富士登山レポート
海風に吹かれて、三浦半島をめぐる
山が色づきはじめた宮城・石巻を訪ねて【前半】
山が色づきはじめた宮城・石巻を訪ねて【後半】
日高連峰を望む雄大なウィンターリゾート【クラブメッド・サホロ(北海道)】
埼玉県吉見町の桜の穴場(名所?)桜堤公園の桜と菜の花畑
ターコイズブルーの海に溶ける楽園・石垣島【クラブメッド・カビラ】
新緑の乾徳山から絶景の富士を臨む
日光キスゲが咲き始めた尾瀬・至仏山
夏の山行 奥秩父・金峰山と丹沢・塔ノ岳
楽しみ方無限大のしまなみ海道
大人の遠足 伊那谷〜大平宿〜中山道・妻籠宿へ
御嶽山の麓、長野県王滝村に
日光キスゲが咲き乱れる尾瀬沼
大パノラマで人気の入笠山
西丹沢・檜洞丸 変わりゆくブナ林
冬の西丹沢ユーシン渓谷 墨絵に映えるユーシンブルー
奥多摩 御岳山から大岳山へ
新緑の恵那山・風越山と桃源郷へ
コラム
歴史家・安藤優一郎の「江戸の名残を歩く」
写真家・秋野深の「やさしい旅のフォトレッスン」
ソムリエ・蓮實真知の「旅とワインのマリアージュ」