カタログ通販・テレビショッピングのディノスオンラインショップ

【旅とワインのマリアージュ】Vol.34:各地で出逢うソムリエさん

ソムリエ・蓮實真知の旅とワインのマリアージュ

Vol.34:各地で出逢うソムリエさん

私の旅では、「食事」に重きが置かれることが多く、何かが食べたいからどこかに旅行する・・・、目的のお店に行きたいから旅行する・・・ということがほとんどです。そんな旅は、各地で、たくさんのソムリエの方に出逢わせてくれます。ソムリエの方との相性が良い時ほど、お食事が楽しめることはないというくらい、ソムリエの方の活躍がお食事に花を添えてくれます。

都の某ワインバーにて、シャンパーニュを3本飲み続けた際に接客してくださったソムリエの方は、シニアソムリエの資格を持つ、年配のバーテンダーの方でした。ご自身の知識をひけらかすでもなく、さりげなく、シャンパーニュに合うお料理を運んでくださったり、シャンパーニュが変わるタイミングでお話ししてくださったりと、とても居心地の良い空間を提供してくださる方でした。シニアソムリエの資格についてのお話になった際、当時、私が一番欲しい資格だということを話すと、ご自身が取得されたのが随分前なので、今の試験とは勉強した内容も違うと、ご謙遜されていました。ですが、毎日、多くのワインと向き合い、サーヴされていること、たくさんの知識とご経験があることには違いなく、その結果、さりげなく行動できるのだと感じるサービスでした。

崎の某お寿司屋さんでは、ソムリエの方に、新たなワインの楽しみ方を教えていただきました。お寿司とワインのマリアージュは、なかなか難しいものがあるのですが、「ヴァンジョーヌ(黄色いワイン)」と「鯖」とのマリアージュや、「オレンジワイン」と「雲丹」のマリアージュなど、今まで経験したことがなかったような組み合わせの提案に度肝を抜かれたのを鮮明に覚えています。1貫1貫に違うワインを合わせてくださるのも面白く、お寿司とワインとの可能性を最大限に伝えてくださる方でした。知らなかったことを知るのってとても楽しいですし、興味深いですよね!

縄のビストロで出逢ったソムリエの方は、きっちりとしたサービスをなさる、ソムリエエプロンを着こなすソムリエらしい方でした。ラストオーダーぎりぎりにお店に飛び込んで、ワインと軽い前菜を頼み、飲み足りなかった分を楽しんだのですが、快く迎えてくださいました。その時の対応が良すぎたので、次に沖縄に行った際は、ディナーを頂きに行ったところ、ワインリストに載っていないワインを次々に紹介してくださり、その日の要望に合わせて、ワインを出してくださいました。沖縄で、ここまでのクオリティーを求めていなかったこともあり、感動し、先日、久しぶりに訪れてみました。すると、なんと、そのソムリエの方は、ワイン好きが高じて、ワイン造りに目覚め、ワイナリーで働いていることを告げられました。サーヴするだけでは、満足できず、行きつくところは、造り手さんだったようです。そんな原点を極めるソムリエの方でした。

る都内のブリューワリーでは、知らないワインばかりが羅列されるワインリストを眺めつつ、困っていると、声をかけてくださり、ワインの説明を細かくしてくださった方がいました。彼は、パーマがかかった栗色の髪型に、ユニフォームが、デニムにシャツというようないで立ちで、カジュアルでした。ですが、彼の後ろ姿を見て驚いたのは、腰につけていたソムリエナイフケースに、ブドウのバッジ・・・。彼は、ソムリエの方だったのです。そのバッジの着け方が、ラフすぎて、気付かない人も多いかもしれないのですが、お話をしてみると、納得でした。ソムリエバッジをつけていない方もたくさんいると思いますが、この方は、さりげなく着用し、知識も伴うのですが、見た目では、ソムリエらしくない方でした。その後も何度もお声掛けいただき、お話しする仲になれました。

念ながら、こんなソムリエの方もいらっしゃいました。都内の某イタリアンレストランで出逢った方なのですが、比較的、高級でヴィンテージの進んだワインを注文したところ、デキャンタ―ジュをした方がよいと勧めてくださり、デキャンタ―ジュをお願いしたのですが、デキャンタ―ジュ後、なんと、ボトルの1/3強ほどのワインが残っているワインボトルを下げたのです。何か、意図があるのでは?と思い、その時は、そのままサービスを受けたのですが、よく飲む私たちには、ワインが足りず、デキャンタ内のワインを飲み干してしまいました。すると、次のワインを勧めようと、ワインリストを持って来たのです。まだ、ボトルの中にワインが残っていることを知っていた私たちは、サーヴをしてくださったソムリエの方ではない方に、ボトルの残りを注いでいただくよう、お願いをしました。・・・すると、その瞬間、悔しそうな表情を浮かべた方が視界に入ってきました。ソムリエの方がお勉強されるために、少し残すことはあると思いますが、さすがに、1/3本ものワインを残すことは、なかなかしませんよね? あまり、出ないワインだったようで、テイスティングしたかったのはわかりますが、お食事が感動的なだけに、共感することができ兼ねるソムリエの方のサーヴでした。

て、最後に、サーヴの方が全員、ソムリエという素敵なお店をご紹介したいと思います。JR目黒駅から歩いて5分ほどのところに位置する一軒家のイタリアンレストラン「ルベロ」です。お食事のメニューは、黒板に書かれており、季節のオススメがずらりと並びます。前菜・メイン・パスタ全て、注文したものをシェアして持って来てくださいます。数種類のグラスワインの説明と共に、どのようなお料理に合わせたらよいかも書いてあり、ワインを知らない人にとっても、頼みやすい工夫がみられるグラスワインリストになっています。ワインリストは、イタリアワインが中心で、良心的な値段設定も魅力の一つです。

ちらでの1度のお食事に、スパークリングワイン、赤ワインを1本ずつと、白ワインはグラスで頼むことが多いのですが、ある時、3万円弱のワインをお願いしようとしたところ、それよりも、もっと状態が良いものがあると、半額ほどのワインを勧めてくださったソムリエの方がいました。売り上げからしたら、高価なワインの方が、お店にとって良いように思ったのですが、さすがは、プロ!美味しいものを飲んで欲しい、と、より状態が良く美味しいワインを勧めてくださったのです。そこからのお食事が、更に美味しく、ワインも満喫できたのは、言うまでもありません。


その時から、ボトルでワインを頼む際は、このソムリエ「渋谷さん」のご意見を大いに取り入れるようにしています。それは、ワインの知識だけではなく、お食事を楽しませてくださるエンターテイナーでもあるため、笑顔で満ち溢れる空間造りもしてくださるからです。選んだワインを褒めてくださったり、他ではなかなか見 ることができない、丸のままのミモレット(チーズ)を目の前で削ってくださったり、リアクションに合わせて少し多めにトリュフを削ってくださったり・・・

ちらでお食事した後は、満腹感だけでなく、他では味わえないような満足感で満たされるのです。そんなひとときを味わうために、東京にご旅行にいらっしゃいませんか?人気店ですので、少し前からのご予約が必要になりますが、ディナーのために、旅行に出かけるのもよいものですよ!

おすすめスポット

リストランティーノ ルベロ

蓮實 真知(はすみ まち)
蓮實 真知(はすみ まち)プロフィール
大手メーカー 客室乗務員・ソムリエ
航空会社に入社後、ワインに興味を持ち勉強を始め、ワインの知識を乗務に生かす傍ら、ソムリエとしてフランス農務省の仕事も手掛ける。ワイン講座等の講師としても活動。
社団法人 日本ソムリエ協会 ソムリエ取得、WSET(Wine & Spirits Education Trust)資格取得、イカロス・アカデミー(CA養成学校)講師、チーズプロフェッショナル協会 チーズプロフェッショナル資格取得、絵本作家、SSI認定 唎酒師

旅に出たくなるコラムを読む

ソムリエ・蓮實真知(はすみ まち)の「旅とワインのマリアージュ」

  • vol42:世界に認められたお店を楽しむ 台湾編vol.1
  • vol41:北欧を楽しむ
  • vol40:東京都内のワイナリー巡り

秋野深のやさしい旅のフォトレッスン

  • Lesson56 :廃墟のような、神殿のような 〜群馬県太田市・藪塚石切場跡〜
  • Lesson55 :棚田と海と漁火と 〜山口県長門市・東後畑の棚田〜
  • Lesson54 :学ぶ心
〜カンボジア・シェムリアップ〜
  • vol39:心行くまでシャンパーニュを in シンガポール
  • vol38:ニューヨークスタイルのステーキを六本木で
  • vol37:HSBC地下はとっておきのデートスポット(香港)
  • vol36:名古屋でワインと楽しむ極上のNikukappo
  • vol35:日本人シェフが活躍するパリへ
  • vol34:各地で出逢うソムリエさん
  • vol33:マカオでアジアナンバーワンのイタリアンシェフに魅せられた夜
  • vol32:忘れられないブラジルのBBQ
  • vol31:ベトナムで過ごすワイン三昧のひととき
  • vol30:大人ピクニックinセブ
  • vol29:最高峰のオーベルジュin 箱根
  • vol28:ちょっと贅沢に東京湾でアペリティフを
  • vol27:眠らない街、ラスベガス
  • vol26:長年の夢が叶ったお伊勢さん参り
  • vol25:カンボジアで出会った本格フレンチレストラン
  • vol24:本格的なイタリアンはバンコクで!
  • vol23:「フォレストガンプ」の生まれた地で・・・
  • vol22:東京で紅葉とワインのマリアージュ
  • vol21:ルーマニアで消えてしまうワインを頂く
  • vol20:南国でもワインを!
  • vol19:ワインが繋げてくれた出逢い
  • vol18:美味しいを味わうロンドン
  • vol17:インド
  • vol16:グランヴァンを楽しむ京都
  • vol15:観光、ゴルフの後は、美味しいものとワインを楽しむ宮崎
  • vol14:日本で本格的なボルドースタイルワインを楽しむ 新潟カーブドッチワイナリー
  • vol13:旅のスタート 空港での過ごし方
  • vol12:ニューヨークで、心も温めてくれるレストラン
  • vol11:世界一のクリスマスマーケットでグリューワインを!
  • vol10:ワイン王国イタリア ミラノのオススメ情報
  • vol09:ホノルルでいつもと違うお食事を!
  • vol08:北京でワイン?中国にも有名ワイナリーがあった!
  • vol07:フリーフローを楽しむ 香港のあの場所で、あのシャンパーニュが飲み放題!
  • vol06:時間に無駄のないランス巡り
  • vol05:ゴールドコーストのワイナリー シロメワイナリーのレストランでの出来事
  • vol04:たどり着いた地、韓国
  • vol03:都内でワイン片手にお花見を!
  • vol02:シンガポールで異空間を味わう
  • vol01:年明け早々ワイン三昧 in ロサンゼルス
  • Lesson53 :桜と異国情緒のコラボレーション 〜アメリカ・ワシントンDC〜
  • Lesson52 :旅で出会う不思議な「懐かしさ」〜イラン・カスピ海沿岸〜
  • Lesson51 :豪雪の村のあたたかなライトアップ 〜岐阜県・白川郷〜
  • Lesson50 :内蔵の町・増田 〜秋田県・横手市〜
  • Lesson49 :天山山麓の輝く黄葉 〜キルギス・チョンケミン渓谷〜
  • Lesson48 :日本最大の遊水地 〜関東・渡良瀬遊水地〜
  • Lesson47 :裏見の滝、天然水のカーテン 〜熊本県小国町・鍋ヶ滝〜
  • Lesson46 :青の都に眠る天才 〜ウズベキスタン・サマルカンド〜
  • Lesson45 :2度の挫折を経た幻の鉄道 〜島根県・広浜鉄道今福線〜
  • Lesson44 :鳥海山麓は日本の自然景観の縮図 〜秋田県にかほ市〜
  • Lesson43 :旅と写真とコミュニケーション 〜中国・カシュガル〜
  • Lesson42 :水田に眠る日本人商人 〜ベトナム・ホイアン〜
  • Lesson41 :バザールの風と香り 〜イラン・イスファハン〜
  • Lesson40 :神々の遊ぶ庭園 〜アメリカ・ヨセミテ国立公園〜
  • Lesson39 :島のテレビはみんなのテレビ 〜ラオス・コン島〜
  • Lesson38 :氷に覆われた神秘の世界 〜栃木県・雲竜渓谷〜
  • Lesson37 :ユニークな「サンドイッチ型」城下町 〜大分県・杵築〜
  • Lesson36 :野生の馬の楽園 〜宮崎県・都井岬〜
  • Lesson35 :表情豊かな石像たち 〜カンボジア・アンコール遺跡群〜
  • Lesson34 :緑のじゅうたん・チャツボミゴケ 〜群馬県・奥草津〜
  • Lesson33 :日本一の清流が育む美しい情景 〜島根県・益田市〜
  • Lesson32 :天空の世界で生きる 〜中国・パミール高原〜
  • Lesson31 :魅力あふれる春の田んぼ 〜静岡県・松崎町(西伊豆)〜
  • Lesson30 :表情豊かなサルの様子がこんなにも間近に 〜長野県・地獄谷野猿公苑〜
  • Lesson29 :美しさと迫力を兼ね備えた桜 〜福島県二本松市・合戦場のしだれ桜〜
  • Lesson28 :モノトーンの世界に凛とたたずむ・・・ 〜山形県鶴岡市・羽黒山五重塔〜
  • Lesson27 :美味しそうな風景!? 〜アメリカ・パリアキャニオン〜
  • Lesson26 :イルミネーションを強くぼかした幻想的な写真に挑戦してみよう!
  • Lesson25 :ホワイトバランスの機能を使って紅葉を色彩豊かに表現しよう!
  • Lesson24 :時にはモノクロ写真で旅先の風情を上手に表現してみよう!
  • Lesson23 :影を上手にいかして撮影してみよう!
  • Lesson22 :時には斜めの構図で変化をつけてみよう!
  • Lesson21 :乗り物から見える光景を上手に撮影しよう!
  • Lesson20 :雨の日ならではの魅力的な被写体を見つけよう!
  • Lesson19 :風景の雄大さを上手に表現しよう!
  • Lesson18 :桜とその場の風情を上手に表現しよう!
  • Lesson17 :背景に配慮して桜の色彩を上手に表現しよう!
  • Lesson16 :旅先で見つけた雰囲気のよいお店を上手に撮影しよう!
  • Lesson15 :夜景やイルミネーションをぶれないようにくっきりと撮影しよう!
  • Lesson14 :夜景やイルミネーションの美しさを上手に表現しよう!
  • Lesson13 料理の美味しさをリアルに伝えよう!
  • Lesson12 秋の紅葉の色を鮮やかに表現しよう!
  • Lesson11 旅先の通りの雰囲気を上手に表現しよう!
  • Lesson10 夏の青空や雲を美しく撮影しよう!
  • Lesson09 旅先での料理の写真を印象的に!
  • Lesson08 天気がよくない日にも撮影を楽しもう!
  • Lesson07 旅先で出会う人の自然な表情を撮ろう!
  • Lesson06 広がりのある景色の迫力を表現しよう!
  • Lesson05 背景をぼかして、主役を引き立ててみよう!
  • Lesson04基礎編(4)主役を決めて、全体をよく見て!
  • Lesson03基礎編(3)ぶれ少なく、よりくっきりと!
  • Lesson02基礎編(2)ワンパターン写真から卒業!
  • Lesson01基礎編(1)工夫と準備が大切です!

全てのコラムを表示する

おすすめ特集

何をお探しですか
スーツケース・キャリーケース(ハードタイプ)
スーツケース・キャリーケース(ソフトタイプ)
旅行カバン
バッグ関連グッズ
トラベルファッション
トラベルシューズ
防犯トラベルグッズ
便利グッズ・他
出発前に知っておきましょう
【持ち物チェックリスト】で忘れ物を防ぐ
【機内持込・無料預け等】のサイズチェック!
【日数別スーツケースのサイズ】の選び方
機内での【エコノミー症候群対策】
アメリカ方面に行くなら【TSAロック】
【渡航前に現地の安全確認】※外務省ホームページへジャンプします
特集一覧
カナナプロジェクト カナナフリーウェイリュック特集
WiFiレンタルサービス
リュック特集
超静穏キャリーケース FREQUENTER(フリクエンター)特集
[たびんちゅ]口コミの多い商品特集
ドイツ・ストラティック社 アンビータブル2特集
ソウ・エクスペリエンス(Sow Experience)の体験ギフト人気NO.1「総合版カタログGREEN」
船の旅人になって、クルーズを楽しもう!
ソウ・エクスペリエンス(Sow Experience)の体験ギフト
世界25ヶ国、約80ヵ所に広がるリゾート「クラブメッド」
支えるバッグ・スワニー
トラベル・旅行グッズ特集
ALIFE DESIGN/アリフデザイン
ヨーロッパ発、現地レポート
チェルシー・フラワーショー2013
ガイドと巡るヴァチカン美術館!
モンサンミッシェルふわふわオムレツ
ストラスブールのクリスマス
ようこそ! 美しきコンスタブル・カントリーへ
辛口白ワインの代名詞、シャブリ
エスカルゴの食べ方
"SAKURA"・・・舞う!
世界遺産ライン川とハイデルベルク1日観光!
スペイン料理トルティージャの作り方
ハンガリー料理 グヤーシュ スープ
サント・シャペルのステンドグラス
「カンタブリア」3つのウソの村 サンティジャーナ・デル・マル
パリ1区のミシュラン1つ星【レストラン KEI】
『ムーラン・ド・ラ・ガレット』ピエール・オーギュスト・ルノワール
旅情報
世界遺産・富士登山レポート
海風に吹かれて、三浦半島をめぐる
山が色づきはじめた宮城・石巻を訪ねて【前半】
山が色づきはじめた宮城・石巻を訪ねて【後半】
日高連峰を望む雄大なウィンターリゾート【クラブメッド・サホロ(北海道)】
埼玉県吉見町の桜の穴場(名所?)桜堤公園の桜と菜の花畑
ターコイズブルーの海に溶ける楽園・石垣島【クラブメッド・カビラ】
新緑の乾徳山から絶景の富士を臨む
日光キスゲが咲き始めた尾瀬・至仏山
夏の山行 奥秩父・金峰山と丹沢・塔ノ岳
楽しみ方無限大のしまなみ海道
大人の遠足 伊那谷〜大平宿〜中山道・妻籠宿へ
御嶽山の麓、長野県王滝村に
日光キスゲが咲き乱れる尾瀬沼
大パノラマで人気の入笠山
西丹沢・檜洞丸 変わりゆくブナ林
冬の西丹沢ユーシン渓谷 墨絵に映えるユーシンブルー
奥多摩 御岳山から大岳山へ
新緑の恵那山・風越山と桃源郷へ
コラム
歴史家・安藤優一郎の「江戸の名残を歩く」
写真家・秋野深の「やさしい旅のフォトレッスン」
ソムリエ・蓮實真知の「旅とワインのマリアージュ」