カタログ通販・テレビショッピングのディノスオンラインショップ

旅情報「夏の山行 奥秩父・金峰山と丹沢・塔ノ岳」

旅情報「夏の山行 奥秩父・金峰山と丹沢・塔ノ岳」

長野県佐久郡川上村からアプローチする日本百名山・金峰山

奥秩父・金峰山8月初旬、金峰山荘のあるアプローチに車をデポ、岩登りのメッカとあって数々の岩壁を臨むことができます。
廻り目平のキャンプ場と千曲川源流を左手に見ながら林道をすすみます。様々なルートのある大きな岩壁もありました。

樹林帯に覆われた登山道から金峰山の頂上へ

林道が終了し登山道に入るとアズマシャクナゲの群生や針葉樹林帯が様々な形で目に飛び込んできます。
樹林帯の切れ目からシャクナゲ越しに北方向に瑞牆山(2230m)が望めます。
尾根につくと、気持ちの良い登山道が続き、シャクナゲの花もまだ残っていました。3時間程で金峰山小屋に到着です。
ここからは、展望も開け(あいにくガスがかかって真っ白)ハイマツの岩場を2〜30分登ると金峰山(2599m)頂上です。
前方には存在感抜群の五丈岩が聳えています。

めまぐるしく変わる山の天気

山の天気はまさに変わり易く、雷鳴が徐々に近づき黒い雲が次々と上がってきてあっという間に辺りはガスに包まれ、視界はなくなり大粒の雨が落ち始めたと思ったら霰に代わって岩々にあたって四方八方に飛び跳ねています。暫く岩陰で待機しましたが、中々収まる気配がなく金峰山小屋まで取り急ぎ下ります。小屋に入って暖をとりつつやっと暖かい食事にありつくことが出来ました。その後雨も上がり来た道を下ります。
かなりの量の雨が山の草木を一気に活気づけ、青々とした下草や木々の新芽の芽吹きや地表に頭を出したキノコ、登りではあまり気づかなかった苔類の元気さと美しさにも驚かされます。眺望には恵まれませんでしたが、森との一体感を感じる楽しい時間を過ごすことができました。
今回はテントで1泊し、美味しい食事とゆったりとした時間を森の中で過ごし、星空を眺めてから眠りにつきました。

都心部から1時間ちょっとでアプローチできる丹沢・塔ノ岳

丹沢・塔ノ岳神奈川北西部に広がり神奈川県の1/6の面積を占める丹沢山地。
様々な峰と沢山のルートがありますが、今回は戸沢から政次郎尾根〜表尾根に上がり塔ノ岳に登ってきました。

8月下旬、東名高速を秦野中井インターで降りて、大倉から戸川林道を戸沢山荘がある河原の広場まで、車で上がってデポします。この林道はかなり荒れていて道幅も狭いところがあるので、セダンではかなり厳しいところがあります。
ここから政次郎尾根の厳しい直登で一気に600m程登ります。政次郎の頭で表尾根に着くと楽しい尾根道歩きに変わります。
登り始めは結構いい天気だったのに尾根に着くころにはすっかり白いガスに包まれて眺望がありません。

あいにくのガスに包まれた塔ノ岳の頂上

表尾根に入り1.9kmで塔ノ岳(1491m)山頂です。天気が良ければ富士山から湘南方面に至る壮大な景観が期待できるのですが、あいにくガスに包まれ辺りは真っ白です。
ここは夜景も有名なところなので、白く霞んでいますがこの山頂横の尊仏山荘に泊まって夜を楽しむのもいいですね。

大倉尾根から花立山荘まで下山

ここから丹沢山をピストンする計画でしたが、天候が思わしくないのと、体調があまりよくないメンバーもいたので、早々に大倉尾根を下りました。
このルートは多くの人が行き交い賑やで木道が多く整備もゆきとどいています。
途中で雲間から眺望も広がりはじめ、すっかり晴れわたり湘南方面を見下ろすことができました。花立山荘に着くと空も晴れ渡り、気温も上がりかき氷が美味しかったぁ!

荒れた厳しいルートで下山...

山荘を少し下って、戸沢方面への分岐から天神尾根に入ると様相が一変します。
かなり荒れた厳しい下りが続きます。斜度もきつく滑りやすく、大きな段差が体力を奪います。このルートはちょっとおすすめ出来ません。
やっと沢の音が徐々に大きくなりはじめると、スタート地点の河原に到着です。

東名で渋滞がありがながら、4時前には帰宅することが出来ました。

さて次はどこに行こうかな?

(レポート:たびんちゅスタッフ)

旅情報

  • 【旅情報】新緑の恵那山・風越山と桃源郷へ
  • 【旅情報】奥多摩 御岳山から大岳山へ
  • 【旅情報】冬の西丹沢ユーシン渓谷
  • 西丹沢・檜洞丸 変わりゆくブナ林
  • 大パノラマで人気の入笠山
  • 日光キスゲが咲き乱れる尾瀬沼
  • 【旅情報】御嶽山の麓、長野県王滝村に
  • 【旅情報】大人の遠足 伊那谷〜大平宿〜中山道・妻籠宿へ
  • 【旅情報】楽しみ方無限大のしまなみ海道
  • 【旅情報】夏の山行 奥秩父・金峰山と丹沢・塔ノ岳
  • 【旅情報】日光キスゲが咲き始めた尾瀬・至仏山
  • 【旅情報】新緑の乾徳山から絶景の富士を臨む
  • ターコイズブルーの海に溶ける楽園・石垣島【クラブメッド・カビラ】
  • 【旅情報】桜の穴場(名所?) 埼玉県吉見町 桜堤公園
  • 日高連峰を望む雄大なウィンターリゾート【クラブメッド・サホロ】
  • 【旅情報】山が色づきはじめた宮城・石巻を訪ねて【後半】
  • 【旅情報】山が色づきはじめた宮城・石巻を訪ねて【前半】
  • 【旅情報】海風に吹かれて、三浦半島をめぐる
  • 【旅情報】世界遺産・富士登山レポート
  • 【旅情報】船の旅人(たびんちゅ)になって、クルーズを楽しもう!

全ての「旅情報」を表示する

いちおしの特集をチェック

  • ドイツ・ストラティック社 アンビータブル2特集
  • 超静穏キャリーケース FREQUENTER(フリクエンター)
  • [たびんちゅ]口コミの多い商品特集
  • 歩行をサポートするキャリーバッグ・SWANYウォーキングバッグ
  • スマートスタイルのkananaフリーウェイリュック特集
  • リュック特集
  • PEANUTS/SNOOPY トラベルグッズ
  • SOW体験ギフト 総合版カタログGREEN
  • ソウ・エクスペリエンス(Sow Experience)の体験ギフト
  • ワンショルダー・ボディバッグ
  • リュックキャリー
  • 海外旅行向け「トラベルプリペイドカード」
  • WiFiレンタル
  • [みゅう]個人旅行で行くヨーロッパ_ツアー・ホテル手配の3% クーポンプレゼント
  • 世界25ヶ国、約80ヵ所に広がるリゾート【クラブメッド】
  • 【クラブメッド】オールインクルーシブ
  • 【クラブメッド】北海道トマム・サホロ 予約スタート

> たびんちゅのトップに戻る

何をお探しですか
スーツケース・キャリーケース(ハードタイプ)
スーツケース・キャリーケース(ソフトタイプ)
旅行カバン
バッグ関連グッズ
トラベルファッション
トラベルシューズ
防犯トラベルグッズ
便利グッズ・他
出発前に知っておきましょう
【持ち物チェックリスト】で忘れ物を防ぐ
【機内持込・無料預け等】のサイズチェック!
【日数別スーツケースのサイズ】の選び方
機内での【エコノミー症候群対策】
アメリカ方面に行くなら【TSAロック】
【渡航前に現地の安全確認】※外務省ホームページへジャンプします
特集一覧
カナナプロジェクト カナナフリーウェイリュック特集
WiFiレンタルサービス
リュック特集
超静穏キャリーケース FREQUENTER(フリクエンター)特集
[たびんちゅ]口コミの多い商品特集
ドイツ・ストラティック社 アンビータブル2特集
ソウ・エクスペリエンス(Sow Experience)の体験ギフト人気NO.1「総合版カタログGREEN」
船の旅人になって、クルーズを楽しもう!
ソウ・エクスペリエンス(Sow Experience)の体験ギフト
世界25ヶ国、約80ヵ所に広がるリゾート「クラブメッド」
支えるバッグ・スワニー
トラベル・旅行グッズ特集
ALIFE DESIGN/アリフデザイン
ヨーロッパ発、現地レポート
チェルシー・フラワーショー2013
ガイドと巡るヴァチカン美術館!
モンサンミッシェルふわふわオムレツ
ストラスブールのクリスマス
ようこそ! 美しきコンスタブル・カントリーへ
辛口白ワインの代名詞、シャブリ
エスカルゴの食べ方
"SAKURA"・・・舞う!
世界遺産ライン川とハイデルベルク1日観光!
スペイン料理トルティージャの作り方
ハンガリー料理 グヤーシュ スープ
サント・シャペルのステンドグラス
「カンタブリア」3つのウソの村 サンティジャーナ・デル・マル
パリ1区のミシュラン1つ星【レストラン KEI】
『ムーラン・ド・ラ・ガレット』ピエール・オーギュスト・ルノワール
旅情報
世界遺産・富士登山レポート
海風に吹かれて、三浦半島をめぐる
山が色づきはじめた宮城・石巻を訪ねて【前半】
山が色づきはじめた宮城・石巻を訪ねて【後半】
日高連峰を望む雄大なウィンターリゾート【クラブメッド・サホロ(北海道)】
埼玉県吉見町の桜の穴場(名所?)桜堤公園の桜と菜の花畑
ターコイズブルーの海に溶ける楽園・石垣島【クラブメッド・カビラ】
新緑の乾徳山から絶景の富士を臨む
日光キスゲが咲き始めた尾瀬・至仏山
夏の山行 奥秩父・金峰山と丹沢・塔ノ岳
楽しみ方無限大のしまなみ海道
大人の遠足 伊那谷〜大平宿〜中山道・妻籠宿へ
御嶽山の麓、長野県王滝村に
日光キスゲが咲き乱れる尾瀬沼
大パノラマで人気の入笠山
西丹沢・檜洞丸 変わりゆくブナ林
冬の西丹沢ユーシン渓谷 墨絵に映えるユーシンブルー
奥多摩 御岳山から大岳山へ
新緑の恵那山・風越山と桃源郷へ
コラム
歴史家・安藤優一郎の「江戸の名残を歩く」
写真家・秋野深の「やさしい旅のフォトレッスン」
ソムリエ・蓮實真知の「旅とワインのマリアージュ」