カタログ通販・テレビショッピングのディノスオンラインショップ

旅情報「御嶽山の麓、長野県王滝村に」

旅情報「御嶽山の麓、長野県王滝村に」〜 王滝村復興イベント「アウトドアスポーツフェスティバル」〜

王滝村復興イベント「アウトドアスポーツフェスティバル」に参加しました。

あれから約8ヶ月大変な災害に見舞われた御嶽山、入山規制の解除までには最低2年かかると言われています。
御嶽山は長野県木曽郡・王滝村、岐阜県下呂市・高山市をまたぐ3067mの独立峰です。そのアプローチの一つ長野県王滝村でゴールデンウィークの最中5月2日・3日の2日間、王滝村復興イベント「アウトドアスポーツフェスティバル」が開催され参加してきました。

今回のイベントでは ○トレイルランニング ○6時間ネイチャーランニング ○MTB80km耐久レースのガチレースから親子スマイルラン、カヤックツーリング、スタンドアップパドル、MTBツーリング、古道ハイキング、クライミング、スラックライン等のファミリーで楽しめるスポーツの他、地元のお店の飲食や衣類販売など盛り沢山な内容でした。

ゴールデンウィークの中央高速大渋滞を避ける為、朝4時には都内を出発しましたがぎりぎり回避できたようでした。伊那ICで降りて西へ42km、御岳湖の河畔にある王滝村・松原スポーツ公園に到着しました。この松原スポーツ公園は救助活動のヘリポート基地となり、TVでは全く違った映像が映し出されていました。

1日目:「おんたけ古道ハイキング」に参加

初日は「おんたけ古道ハイキング」に参加しました。「御嶽古道」は歴史が香る山麓の道です。室町時代後期に作られた歴史の深い王滝御嶽神社、御嶽三神が祀られている大又三社、御嶽山の溶岩の噴出により押し出された幕岩、堂々の美しさ、御嶽高原を代表する神聖なる清滝など、見どころたっぷりな御嶽古道を、ユーモアあふれるガイドさんの説明を聞きながら、約3時間存分に楽しむことが出来ました。
スタート地点の田の原(7合目、2160m)まで、バスで運んでくれて下りをゆっくりと楽しみます。田の原から臨む雄大な御嶽山はまだ生々しく噴煙を上げており、その右手方向は火山灰で覆われうっすらと灰色に見えています。新芽が芽生えはじめた白樺やダケカンバの樹林帯を下ります。

御嶽山麓の変化に富んだハイキングコース

王滝村の基幹産業でありながら2ヶ月程しか営業出来なかった「おんたけスキー場高原コース」を過ぎると、味わい深い古道に入ってゆきます。山岳信仰として有名な山というだけあって、多数の霊場と修行場跡がたくさんあって、自然石に霊人の名称を刻印した様々な年代の「霊人碑」が無数に立っています。

新緑の間から木漏れ日のさす、古道を更に下ると大滝口3合目、清滝不動明王が祀られ登拝者が水行を行う「清滝」に到着です。御嶽山は滝の山と言われるほど滝が多く、高低差が大きな急峻な地形、降水量が多く豊かな森の多い単独峰であると言われています。

ガイドさんの詳しい説明を聞きながら、古道歩きを満喫しました。
お昼は名物の猪豚丼をいただき、夜は地元のお酒を堪能。

2日目:「MTB 80km耐久レース」に参加

そして本番の2日目はMTB80km耐久レースに参加しました。約18km、高低差約450mを4周というタフさで有名な王滝のコース。最初はずっと登りという苦しい前半ですが後半は一気に下りなので終わってみれば苦しさを忘れ満足感に浸れます。何とかパンクやトラブルに見舞われることも無く無事完走できました。

とても静かでゆったりした時間が流れている王滝村ですが、このイベントが無ければ訪問する人は少ないと思われます。河川は今も白濁していますが、飲料水の水源は別なので被害はありません。災害の犠牲になられた方々へ謹んで追悼の意を表するとともに、美しい森林に囲まれた王滝村が変わらずにあることを心から願います。今箱根も大変なニュースになっていますが、美しい自然とは裏腹に人の力のおよばない地球の脈動の大きさには敬服するしかありません。木曽路や高山を旅行する際には王滝村も訪れてみてはいかがでしょうか。

(レポート:たびんちゅスタッフ)

旅情報

  • 【旅情報】新緑の恵那山・風越山と桃源郷へ
  • 【旅情報】奥多摩 御岳山から大岳山へ
  • 【旅情報】冬の西丹沢ユーシン渓谷
  • 西丹沢・檜洞丸 変わりゆくブナ林
  • 大パノラマで人気の入笠山
  • 日光キスゲが咲き乱れる尾瀬沼
  • 【旅情報】御嶽山の麓、長野県王滝村に
  • 【旅情報】大人の遠足 伊那谷〜大平宿〜中山道・妻籠宿へ
  • 【旅情報】楽しみ方無限大のしまなみ海道
  • 【旅情報】夏の山行 奥秩父・金峰山と丹沢・塔ノ岳
  • 【旅情報】日光キスゲが咲き始めた尾瀬・至仏山
  • 【旅情報】新緑の乾徳山から絶景の富士を臨む
  • ターコイズブルーの海に溶ける楽園・石垣島【クラブメッド・カビラ】
  • 【旅情報】桜の穴場(名所?) 埼玉県吉見町 桜堤公園
  • 日高連峰を望む雄大なウィンターリゾート【クラブメッド・サホロ】
  • 【旅情報】山が色づきはじめた宮城・石巻を訪ねて【後半】
  • 【旅情報】山が色づきはじめた宮城・石巻を訪ねて【前半】
  • 【旅情報】海風に吹かれて、三浦半島をめぐる
  • 【旅情報】世界遺産・富士登山レポート
  • 【旅情報】船の旅人(たびんちゅ)になって、クルーズを楽しもう!

全ての「旅情報」を表示する

いちおしの特集をチェック

  • ドイツ・ストラティック社 アンビータブル2特集
  • 超静穏キャリーケース FREQUENTER(フリクエンター)
  • [たびんちゅ]口コミの多い商品特集
  • 歩行をサポートするキャリーバッグ・SWANYウォーキングバッグ
  • スマートスタイルのkananaフリーウェイリュック特集
  • リュック特集
  • PEANUTS/SNOOPY トラベルグッズ
  • SOW体験ギフト 総合版カタログGREEN
  • ソウ・エクスペリエンス(Sow Experience)の体験ギフト
  • ワンショルダー・ボディバッグ
  • リュックキャリー
  • 海外旅行向け「トラベルプリペイドカード」
  • WiFiレンタル
  • [みゅう]個人旅行で行くヨーロッパ_ツアー・ホテル手配の3% クーポンプレゼント
  • 世界25ヶ国、約80ヵ所に広がるリゾート【クラブメッド】
  • 【クラブメッド】オールインクルーシブ
  • 【クラブメッド】北海道トマム・サホロ 予約スタート

> たびんちゅのトップに戻る

何をお探しですか
スーツケース・キャリーケース(ハードタイプ)
スーツケース・キャリーケース(ソフトタイプ)
旅行カバン
バッグ関連グッズ
トラベルファッション
トラベルシューズ
防犯トラベルグッズ
便利グッズ・他
出発前に知っておきましょう
【持ち物チェックリスト】で忘れ物を防ぐ
【機内持込・無料預け等】のサイズチェック!
【日数別スーツケースのサイズ】の選び方
機内での【エコノミー症候群対策】
アメリカ方面に行くなら【TSAロック】
【渡航前に現地の安全確認】※外務省ホームページへジャンプします
特集一覧
カナナプロジェクト カナナフリーウェイリュック特集
WiFiレンタルサービス
リュック特集
超静穏キャリーケース FREQUENTER(フリクエンター)特集
[たびんちゅ]口コミの多い商品特集
ドイツ・ストラティック社 アンビータブル2特集
ソウ・エクスペリエンス(Sow Experience)の体験ギフト人気NO.1「総合版カタログGREEN」
船の旅人になって、クルーズを楽しもう!
ソウ・エクスペリエンス(Sow Experience)の体験ギフト
世界25ヶ国、約80ヵ所に広がるリゾート「クラブメッド」
支えるバッグ・スワニー
トラベル・旅行グッズ特集
ALIFE DESIGN/アリフデザイン
ヨーロッパ発、現地レポート
チェルシー・フラワーショー2013
ガイドと巡るヴァチカン美術館!
モンサンミッシェルふわふわオムレツ
ストラスブールのクリスマス
ようこそ! 美しきコンスタブル・カントリーへ
辛口白ワインの代名詞、シャブリ
エスカルゴの食べ方
"SAKURA"・・・舞う!
世界遺産ライン川とハイデルベルク1日観光!
スペイン料理トルティージャの作り方
ハンガリー料理 グヤーシュ スープ
サント・シャペルのステンドグラス
「カンタブリア」3つのウソの村 サンティジャーナ・デル・マル
パリ1区のミシュラン1つ星【レストラン KEI】
『ムーラン・ド・ラ・ガレット』ピエール・オーギュスト・ルノワール
旅情報
世界遺産・富士登山レポート
海風に吹かれて、三浦半島をめぐる
山が色づきはじめた宮城・石巻を訪ねて【前半】
山が色づきはじめた宮城・石巻を訪ねて【後半】
日高連峰を望む雄大なウィンターリゾート【クラブメッド・サホロ(北海道)】
埼玉県吉見町の桜の穴場(名所?)桜堤公園の桜と菜の花畑
ターコイズブルーの海に溶ける楽園・石垣島【クラブメッド・カビラ】
新緑の乾徳山から絶景の富士を臨む
日光キスゲが咲き始めた尾瀬・至仏山
夏の山行 奥秩父・金峰山と丹沢・塔ノ岳
楽しみ方無限大のしまなみ海道
大人の遠足 伊那谷〜大平宿〜中山道・妻籠宿へ
御嶽山の麓、長野県王滝村に
日光キスゲが咲き乱れる尾瀬沼
大パノラマで人気の入笠山
西丹沢・檜洞丸 変わりゆくブナ林
冬の西丹沢ユーシン渓谷 墨絵に映えるユーシンブルー
奥多摩 御岳山から大岳山へ
新緑の恵那山・風越山と桃源郷へ
コラム
歴史家・安藤優一郎の「江戸の名残を歩く」
写真家・秋野深の「やさしい旅のフォトレッスン」
ソムリエ・蓮實真知の「旅とワインのマリアージュ」