カタログ通販・テレビショッピングのディノスオンラインショップ

※別途記載のない価格はすべて税込です

使いたいモノ・伝えたいコト【連載コラム Vol.08】 2016.03.17更新

伝統的工芸品「高岡漆器」の未来
今回の「使いたいモノ・伝えたいコト」は、伝統的工芸品に指定されている高岡漆器を中心に取り扱う「天野漆器」をご紹介。伝統工芸士が長い月日をかけて製作した1点物から、伝統工芸の技法を使い手の届く贅沢を味わえるグラスまで。先代から受け継がれた伝統を重んじながら、同時に今のライフスタイルにもあったプロダクトを生み出しています。

富山県高岡市から春をお届け

富山県高岡と言えば、伝統工芸の高岡銅器が有名です。良質で革新的なブランドも多く近年、鋳物の産地として注目されています。しかし、今回TDFで注目したのは同じ産地の伝統工芸である高岡漆器。特長の1つである螺鈿(らでん)技法を実際この目で見て、緻密な作業と丁寧な匠の技、そこから生み出される艶やかなデザインに魅了されました。この素晴らしい技を皆さんにお届けしたい。はじめて漆器を手にする方にオススメの可憐なグラスから伝統工芸士の1点ものの力作まで幅広く集めました。春を感じて頂ければ幸いです。(文=やまざき 構成=なかはら)

八木天水の彩密和紙絵「桜・サクラ・さくら展」で天野漆器の一部商品を展示。詳しくはこちら