カタログ通販・テレビショッピングのディノスオンラインショップ

シュロ箒/和棕櫚(わじゅろ)たわし「高田耕造商店」特集

シュロ箒/和棕櫚(わじゅろ)たわし 「高田耕造商店」特集

高田耕造商店の和棕櫚(わじゅろ)の束子(たわし)特集(デザインの森のモノ語り)

驚きの3,000円のたわしの秘密「高田耕造商店

今回の「デザインの森のモノ語り」では、紀州 野上谷(和歌山県)ならではの、職人たちの技で一つ一つ手作りされている和棕櫚(わじゅろ)の束子(たわし)をご紹介します!

100円ショップのたわしを使っていた私は、たわしというのは硬くて目が粗く、金属鍋や陶器を洗うものだと
思っていました。ですから、はじめて国産の「和棕櫚(わじゅろ)」の束子(たわし)を見て、手で触れて、
正直驚きました・・・!まず手触りが柔らかく、目がぎゅっと詰まっているのです。
また、毛先が寝づらく、水切れも抜群で、長く愛用できるそうです。

昭和40年代をピークに一度は途絶えてしまった日本の棕櫚産業。高田耕造商店は、地元の産業を途絶えさせてはいけないと、5年以上の歳月をかけて、当時と同じ栽培方法、加工の技法で純国産の和棕櫚製品を復活させました。
現在、和歌山では、何十年も放置して
荒れ果ててしまった棕櫚山を再生
する活動が広がっています。
(文・おおうち/構成・いのうえ)

やわらかな棕櫚皮を使った
和棕櫚ボディブラシは水切れが
抜群!肌にやさしい洗い心地で、
毛先もへたりにくく、長持ちします♪

※内容が最新ではない場合があります。予めご了承ください。

あなたにオススメの特集

連載コラム :::使いたいモノ・伝えたいコト::: バックナンバー

連載コラム :::デザインの森のモノ語り::: バックナンバー

東京のモノ・コト発見 :::TOKYO+PLUS::: バックナンバー