LINE Wクーポンプレゼントキャンペーン
LINE Wクーポンプレゼントキャンペーン

カタログ通販・テレビショッピングのディノスオンラインショップ

世代別!
おすすめダッフルコートのカラー&丈を大検証

リード文

上質のダッフルコートは、年代を問わず着こなせるおしゃれアイテムのひとつです。せっかくですから、学生には着こなせない大人の女性ならではの、ダッフルコートの着こなしをしませんか?30代〜50代それぞれの「似合う色」と「似合う丈」を徹底検証します!

30代は「赤&白」で大人ガーリーにチャレンジ!

  • カラーで遊ぶ!休日のダッフルコートスタイル
  • 最近はダッフルコートのカラーも豊富になってきました。学生時代や20代は定番カラーを選んできたという方も、ぜひ鮮やかなカラーに挑戦してみては?

  • 最初におすすめしたいのは「赤」。真っ赤ではなく、少しくすみの入った赤なら落ち着いた雰囲気で、大人の女性にぴったり。印象的な色なのでその他のアイテムはベーシックなものを選んでも素敵に着こなすことができます。

  • 次におすすめしたいのは「白」。冬のイメージにぴったりで、優しい印象を与えてくれる色なので、大人ガーリーに仕上げることができます。白が甘すぎるかな?というときは、ジーンズのようなカジュアルアイテムと合わせてもOK。キレイ系カジュアルスタイルが完成します。

  • 丈は短めで若々しさをアピール?30代だから似合う大人可愛さを演出

    腰の長さのダッフルコートにミニスカートを合わせるコーディネート。40代、50代ではちょっとガーリーすぎるこのスタイルも、30代なら大人可愛く着こなすことができます。お腹周りや腰回りが気になるという場合は、腰の位置よりもう少し長いお尻がすっぽりと隠れるぐらいの丈を選ぶと良いでしょう。

40代は「キャメル&モノトーン」で定番をカッコ良く!

  • ダッフルコートの定番キャメルはこう着こなす!
  • キャメルのダッフルコートは定番中の定番。デニムパンツと合わせるスタイルもありですが、シックなワンピースと合わせて、大人っぽく着こなすのも40代にはおすすめ。ワンピースとタイツを同系色にすればIラインができるので、スタイルカバーにもひと役かってくれます。

  • モノトーンスタイルが似合う40代の着こなし
  • トレンドのモノトーンは、大人の女性にぴったり。ダッフルコートでもぜひチャレンジしてください。たとえば黒×白のファッションに黒のダッフルコートを合わせたり、グレー系のファッションにトラディショナルなグレンチェックのダッフルコートを合わせたりするのもおすすめです。

  • 丈よりもバランス?パンツと合わせるときは「6:4」

    カッコ良くダッフルコートを着こなしたい40代女性は、細身のパンツと組み合わせると良いでしょう。このとき気をつけたいのはダッフルコート6に対し、見えているパンツ部分が4になるように組み合わせること。背の高さにもよりますが、一般的にはコートの長さが太ももの辺りにきていると、このバランスが保たれます。

50代は「ネイビー」を長め丈で颯爽と着こなしたい!

  • 清潔感のあるネイビーで爽やかに
  • 色で遊びすぎるのも、定番カラーもつまらない...そんな50代に注目していただきたいのが「ネイビー」です。学生風にならず、大人の女性らしく着こなせるのは年を重ねた女性だからこそ。清潔感もあるので、どんなお出かけシーンにもぴったりの装いになります。

  • パンツにもスカートにも!長め丈ダッフルコートの着こなし

    スリムなパンツスタイルと長め丈ダッフルコートは、スッキリみえてカッコいい鉄板の組合せです。足をスラリと見せたいときは、ヒールのあるショートブーツやパンプスと合わせるとなお良いでしょう。

  • スカートと組み合わせるときは、コートに隠れるぐらいの長さをおすすめします。ダッフルコートの前を閉じて着ても、開けて着てもちょうど良いバランスになります。

  • ロング丈は重いかも?そんなときはストールをプラス

    背が低いからロング丈のダッフルコートは似合わない、ロング丈を着ると重く見える...とお悩みの場合は、ストールをプラスして目線を上げる工夫をしてみてはいかがでしょう。明るいカラーのストールを首元にくるっと巻けば、顔色も明るくなり一石二鳥。せっかく購入したダッフルコートがタンスの肥やしになっているという方はぜひお試しください。

  • ダッフルコートは中高生が制服の上に着用するイメージがあるためか、何歳まで着ていいの?と悩んでいる方もいらっしゃるようです。しかしダッフルコートは、何も学生のためだけのものではありません。上質なダッフルコートは、大人の女性にこそ着こなしていただきたいもの。30代、40代、50代...いくつになっても楽しめますので、年代に合ったコート選びや着こなしをマスターして、この冬も楽しんでくださいね。