ハロウィーンキャンペーン
ハロウィーンキャンペーン
カタログ通販・テレビショッピングのディノスオンラインショップ

※別途記載のない価格はすべて税込です

ディノス(dinos)オンラインショップ【バレエシューズ・フラットシューズ】のカテゴリです。通販カタログやTVショッピングで人気のバレエシューズ・フラットシューズを多数ご紹介しています。ディノスなら代引手数料無料!

バレエシューズ・フラットシューズ  

  • カタログ無料プレゼント

58件中124件を表示

表示件数

フラットシューズをおしゃれに履きこなす!おすすめのデザインやコーデポイントをご紹介

女性らしさを醸し出しつつ、歩きやすさや快適さを叶えられるフラットシューズ。上品なファッションにも合わせやすく、歩きやすいので、アウトドアやスポーツ観戦などのアクティブなシーンでも活躍します。マルチに使えるフラットシューズは、一足は持っておきたいアイテムです。

フラットシューズの特徴

フラットシューズとは?
フラットシューズとは、その名の通り、靴底が平らなタイプの靴のこと。ヒールがない、あるいはほとんどないのが特徴で、ローヒールやペタンコ靴ともいわれます。
ヒールの高い靴だと、長時間履いていると、つま先にも負担がかかって足が痛くなってきますよね。でもフラットシューズなら、つま先への負担も少なくて足が痛くならないので、長時間履いてもとても楽。また、歩きやすいのもフラットシューズの特徴です。
靴の先は丸いフォルムのものが主流です。フェミニンで可愛らしい、女性らしさを演出できます。靴の先がとがっているタイプのものは、パンプスにあたります。一般的に、靴先がとがっているものはヒールのあるものが多いので、靴先が丸いフォルムでヒールがないものをフラットシューズと呼ぶことを覚えておきましょう。
バレエシューズとの違いは?
バレエシューズは、もともとはバレエをする際に履かれるシューズです。リボンのついたデザインのイメージをされる方も多いのではないでしょうか。バレエシューズはヒールがなく、靴底がフラットで、しかも靴の先も丸くできています。靴底が平らな靴全般をフラットシューズと呼ぶため、靴底がフラットなバレエシューズも、フラットシューズの仲間に入ります。
フラットシューズの他の種類
フラットシューズの幅は広く、ローファー、モカシン、エスパドーリュなどもフラットシューズにあたります。ここでは主な種類を紹介していきましょう。

<ローファー>
“loafer”=怠け者を意味します。靴紐を結ばないスリッポンタイプの靴なので、脱ぎ履きが楽ちんなのが特徴です。 革素材で作られ、セミフォーマルなシーンで履かれることが多いローファー。きちんと感はありますが、カジュアルシューズに分類されるため、正式なビジネスシーンで履くのは避けた方が良いとされています。

<モカシン>
アメリカの先住民が履いていた靴が由来で、スリッポンタイプの靴をモカシンと呼びます。U字型の甲革を「モカシン縫い」で縫い合わせているのが特徴です。現在は革素材で作られることが多いです。

<エスパドリーユ>
エスパドリーユとは、靴底がジュート麻という麻を素材に使用し、コットンキャンバス地などで甲の部分を覆った、スリッポンタイプの靴のことを指します。靴底が植物の繊維でできているので、爽やかな履き心地が楽しめて、見た目も涼しげなのがポイントです。

普段使いからパーティーまで様々なシーンで使える

普段遣いOK楽ちんシューズ
フラットシューズはヒールがないため、歩きやすくて、なにより楽なのが特徴です。疲れにくくて1日履いていられるので、外出が多い、アクティブな人におすすめです。通勤・オフィスでも使えるデザインもあるので、きれいめファッションにもぴったり。
また、紐がないのでそのまま脱げますし、履きやすいのも特徴です。紐で締め付けることもないので、履いていて痛くないのは嬉しいポイントです。
ちょっとしたパーティーにも
フェミニンなデザインのフラットシューズは、フォーマルなワンピースやドレスにも合わせやすいので、パーティーシーンでも活躍します。ビジュー付きなど華やかなものや、素材にこだわったもの、ストラップ付でリボンタイプのものなど、デザインにこだわったものを選べば、ヒールがなくても周りの目を引くこと間違いなしです。

スタイルよく見せる!フラットシューズのコーディネートポイント

フラットシューズ(バレエシューズ)だと、ヒールがない分、脚長効果が出なく、スタイルが悪く見えるのではと敬遠してしまう人もいるのではないでしょうか?
そこで、スタイルをよく見せるためのフラットシューズのコーディネートポイントをいくつかご紹介します。

パンツはロールアップ
脚の部位でも一番細い足首を見せることで、脚長&脚やせ効果が得られます。パンツを合わせる場合は裾をロールアップして、足首をチラ見せすると◎。7分丈〜9分丈を意識するとよいでしょう。
スカートはハイウエスト
スカートを合わせる場合は、ハイウエストのスカートで腰の位置を高く見せると、脚が長く見えます。
上半身に視線を集める
また、上半身にポイントを置き、視線を上に集めるのも効果的です。カーディガンを肩掛けにしたり、大き目のネックレスをつけるなどすれば、目線を上方向にずらすことができます。
これらのポイントを意識したコーディネートで、フラットシューズをスタイルよく履きこなしましょう。

フラットシューズ(バレエシューズ)の選び方

サイズが足とあっているか
まずは自分の足のサイズを確認しておきましょう。靴は、少しスペースのあるものをチョイスします。フラットシューズは紐がないぶん、他の靴よりも足にフィットします。それゆえ、足がむくむと、靴が窮屈になってしまうことも。靴が足に合っていないと、靴擦れや足が痛くなるなどのトラブルを引き起こします。自分の足に合ったサイズの靴を選びましょう。
足の形に合ったものを選ぼう
自分の足の形に合った靴を履いていないと、足がきつくなったり、跡がついたり、痛くなって歩けないなど、トラブルを引き起こしてしまいます。特にフラットシューズは足にフィットするものが多いので、自分の足の形と合っていないと、その箇所に負担がかかってしまうことも。ですから、まずは自分の足の形を確認し、負担のかかりやすい箇所を把握しておきましょう。足の形には、幅広タイプ、エジプト型(親指が一番長い)、ギリシャ型(人差し指が一番長い)など、様々なタイプがあります。
フラットシューズのおすすめの色・デザイン
フラットシューズのおすすめの色
定番の人気色は、白、黒、ネイビーなどのベーシックカラー。いろんなファッションに合わせやすくて、履きまわしのいい色でもあります。カーキ、ベージュなども、大人の女性らしさを演出できる色として人気です。お出かけ・通勤・ショッピングなど、様々なシーンに使えるので、1足は持っておきたいシューズです。
ちょっぴり派手な鮮やかな色だと、ゴールド、赤、シルバーが人気。靴が主役のファッションにしたい時でも、これらの色ならばっちりワンポイントになってくれます。お呼ばれなどのシーンでもOK。周囲の目を引くこと間違いなしです。
フラットシューズのおすすめのデザイン
リボンやレースといった女性らしいアクセントがついたものや、ビジューやストラップが付いた大人っぽいものなどは、女心をくすぐるデザイン。甲の部分が大きくあいたセパレートタイプのものやレースアップのデザイン、つま先の尖ったポインテッドトゥなどは、トレンドを感じる人気のデザインです。
いつも履いていきたくなる、お気に入りの1足を選んでください。