ディノスデー(スピードキューブ)16-1949
ディノスデー(スピードキューブ)16-1949

カタログ通販・テレビショッピングのディノスオンラインショップ

 
 
 

ディノス(dinos)

0
 

同棲の準備で用意したい家具や家電
一人暮らしとの違いや選ぶ際のコツ
など紹介

同棲生活を始める予定があるものの、どのような家具や家電を揃えればよいのか迷ってしまうこともあるでしょう。この記事では、これから同棲生活を始めようと考えている人に向けて、必要な家具・家電を紹介します。家具や家電を揃える際の注意点なども説明するので、ぜひ参考にしてください。

同棲の家具や家電
|ひとり暮らしとの違いは?

同棲する場合、ひとり暮らしとは部屋の広さが違います。一般的に、ひとり暮らしよりも広くなり、置ける家具や家電も増えます。ただし、両者が現在使っている家具や家電など、すべてを持っていけるわけではないため、注意しましょう。

同棲に必要な家具のコストを抑えるコツ

同棲に必要な家具を揃える際の出費は気になるところです。ここでは、コストを抑えるコツを紹介します。

同棲に必要な家具のコストを抑えるコツ

同棲に必要な家具・家電の費用目安

同棲に必要な家具・家電を揃えるためには、どの程度の費用が必要になるのでしょうか。家具と家電に分けて、費用目安を紹介します。

同棲に必要な家具やアイテム
|選ぶ際のポイントも紹介

同棲に必要な家具を選ぶ際には、ポイントを押さえる必要があります。
ここでは、家具ごとに選び方のポイントを紹介します。

ダイニング・キッチンに必要な家具

ダストボックスやキッチンボード、食器棚などが必要です。食器棚は、幅が80cm以上あると2人分の食器類を十分に収納できます。また、レンジや炊飯器が置けるタイプは、すっきり収納できるため便利です。予算は、4万円程度が目安になります。

その他|バスルーム・玄関

バスルームなら洗剤やタオルなどを置けるランドリーラック、トイレならトイレットペーパーを収納できるトイレットペーパーラックなどがあると便利です。玄関には、傘立てや玄関マットを用意するとよいでしょう。

同棲に必要な家電の選び方

続いて、同棲に必要な家電の選び方を紹介します。家電ごとにポイントを紹介するので、参考にしてください。

リビングに必要な家電

リビングに必要な家電はテレビです。テレビは部屋の広さやソファからの距離などにあわせて選ぶことがポイントで、32〜40型ぐらいが目安になります。予算としては5万円程度みておけば十分です。

バスルームに必要な家電

バスルームには洗濯機を置きましょう。2人の場合、洗濯の量は単純計算で2倍になるため、5〜7kg程度の容量が大きめのものを選ぶことがポイントです。また、洗濯機には縦式とドラム式があり、縦式は予算を抑えやすく、ドラム式は乾燥機などの機能が充実しています。予算は縦式なら2〜6万円、ドラム式なら10万円以上みておくとよいでしょう。

掃除に必要な家電

掃除機はキャスタータイプとスティックタイプがあり、持ち運びのしやすさを重視するならスティックタイプがいいでしょう。また、集塵方法も紙パック式とサイクロン式に分かれます。フローリングならモップクリーナーもおすすめです。

ディノスの「コードレス回転モップクリーナーNEO」は、電動で立ったまま拭き掃除ができます。

掃除に必要な家電

まとめ

まとめ

レンタル可能な家具一覧をチェックする