カタログ通販・テレビショッピングのディノスオンラインショップ

「瀧本真奈美さん宅」vol.1
夫婦2人生活にぴったりのダイニングキッチン

ひと目ぼれしたという一軒家を舞台に、100円グッズを駆使したナチュラルテイストの雑貨やインテリアで一躍人気になったインテリアブロガーが、新たに“大人のスタイリッシュな空間づくり”に挑みます

■■「ちょっと見るだけ」のつもりが、一軒家を衝動買いしそうに!■■

  • ■■「ちょっと見るだけ」のつもりが、一軒家にひと目ぼれ!■■

    今から7年前の2010年。「ちょっと見に行ってみる?」という軽い気持ちで、夫とモデルハウスに出かけたという瀧本さん。
    ところが、「一歩中に入った途端、ここに住みたい!と直感で思ったんです。ちょっと見るだけのつもりが、その日のうちに購入に気持ちが傾きました」と笑います。

    ■■「ちょっと見るだけ」のつもりが、一軒家にひと目ぼれ!■■

当時、ブログで大人気になったアイデア満載のインテリア

■■家族のダイニングキッチンから、夫婦が心地いい空間へ!■■

  • ■■家族のダイニングキッチンから、夫婦が心地いい空間へ!■■

    長女と長男、2人のお子さんはすでに独立。現在は、夫と愛犬とともに暮らしている瀧本さん。「今までレトロなアンティーク風、男前テイスト、ナチュラルフレンチなど、好みや気分で模様替えしていましたが、ごちゃごちゃ飾るキッチンから、実用性も家事動線もアップして、家事ストレスの少ない大人の癒やし空間にしたい!」と、今回のインテリア改造計画に参加。
    目指すのは、夫婦2人が心地よく過ごせるダイニングキッチン。テイストも今までとはまったく異なる、スタイリッシュなアイテムをセレクトしました。

    ■■家族のダイニングキッチンから、夫婦が心地いい空間へ!■■

▲今回セレクトしたのは、白いダイニングテーブル

■■毎日の食事からセミナー開催まで、伸長式テーブルが大活躍■■

  • ■■毎日の食事からセミナー開催まで、伸長式テーブルが大活躍■■

    「カタログを見て、真っ先に決めました!」と、瀧本さんがセレクトしたのが白いダイニングテーブル。
    通常140cm幅のテーブルを、200cmに伸ばすことができる伸長式です。 「家族が集まるときはもちろん、自宅でスタイリングや収納についてのセミナーを開催することも。そんなときは、200cmに伸ばすと6〜7人座れるんです。伸縮も私ひとりで簡単にできるのから、すごく気に入っています」

    ■■毎日の食事からセミナー開催まで、伸長式テーブルが大活躍■■

■■チェアは「一度座るとずっと座っていたくなる」ものをセレクト■■

  • ■■チェアは「一度座るとずっと座っていたくなる」ものをセレクト■■

    さらにカタログをくまなくチェックして、白いダイニングテーブルには絶対にコレ!とセレクトしたのが、グレーのファブリックと黒の皮の2色使いのチェアです。
    「見る角度によっていろんな表情を見せる」というチェアが、どうやら瀧本さんのおしゃれ心をくすぐったようです。「それにデザインだけでなく、座り心地も最高なんです! 一度座ると立ち上がりたくなるほど(笑)」

    ■■チェアは「一度座るとずっと座っていたくなる」ものをセレクト■■

▲グレーのファブリック×黒の皮の2素材使いと、ステンレス製の脚もお気に入り。

■■実は10脚以上のチェアを収集するコレクターです■■

  • ■■実は10脚以上のチェアを収集するコレクターです■■

    今回、取材で瀧本さん宅に入って気づいたのは、至る所にチェアが置かれていることでした。しかも、1つずつデザインや素材が異なります。「昔からチェアが大好きで、気に入ったものを1脚ずつ購入していたら、今では10脚以上に! でも今はこのチェアが一番のお気に入りです」。それぞれに個性たっぷりのチェアも、白いダイニングテーブルに集まると、まるで昔からの家族のようになじんでいます。

    ■■実は10脚以上のチェアを収集するコレクターです■■

▲収集したチェアの一部を「Steady伸長式ダイニングテーブル」の回りに集めてみました