ホテルインターゲート京都 宿泊券プレゼント
ホテルインターゲート京都 宿泊券プレゼント

カタログ通販・テレビショッピングのディノスオンラインショップ

新生活の準備に役立つチェックリスト!

新生活に必要なものチェックリスト

新生活に必要なものを一覧にまとめました。
印刷用のデータは下記のボタンからダウンロードできます。

新生活に必要なものチェックリスト

新生活に必要なものとは?

  • 家電

    調理や掃除などの家事や、日常生活で必要な家電は、最低限揃えておく必要があります。冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、ドライヤーなど、毎日使うものは揃えておきましょう。テレビや空調機器を新しく購入する場合は、お部屋の広さを考えて選びましょう。テレビを見るのに最適な距離は、画面の高さの3倍と言われています。空調機器も、お部屋の広さに合ったものを選ばないと、機能が十分に発揮されなかったり、持て余したりします。新しいお部屋の広さに合わせたものを選びましょう。アイロンや電気ケトル・ポットなどは、あると便利な家電。使う頻度を考えて、購入を検討してみてください。

    これらの家電を揃える際、新生活応援セットなどのキャンペーンを利用すると、一度に必要最低限のものを揃えることができます。ひとつずつ選んで買うよりもお得に家電を揃えることができるので、自分に合ったセットを選びましょう。たとえば、外食が多く自炊はあまりしない人は、炊飯器などのキッチン用品はほとんど使わないかもしれません。冷蔵庫・電子レンジなどの最低限のものが含まれるセットを選べば、購入費用を節約できます。

    また、家電には、備わっている機能によってグレードがあります。多機能・高性能なものほど、値段もそれなりにするものです。今の生活に必要な機能かを考え、生活スタイルに合った家電を選びましょう。

  • 家具・インテリア

    家具やインテリアは、一度に揃えようとすると費用がかさんでしまいます。当面の生活に必要な家具は先に揃え、インテリアは必要に応じて徐々に揃えていきましょう。家具やインテリアにこだわりがある場合、急いで買い揃えてしまうと、「サイズ感もデザインもしっくりこない…!」と後悔してしまうことも。新生活が落ち着いてきてから、ゆっくりとお気に入りのものを探すほうが、納得のいくものを買えそうです。
    家具を揃える場合、事前に家具のサイズを測っておく必要があります。新居が決まっている場合は、家具の配置を決めて、置くスペースのサイズを測っておきましょう。あらかじめサイズの条件がわかっていれば、テーブル、ソファ、ベッド・布団などの寝具、洋服箪笥など、スペースに合った家具選びをすることができます。サイズに合ったカーテンを選ぶため、窓のサイズを測っておくのもお忘れなく。

    新生活を始めるときは、素敵なインテリア・家具をそろえたくなります。しかし、買いすぎると費用がかさみますし、買ってはみたもののサイズが合わなかった、なんてことになってしまうと残念でなりませんよね。本当に必要なものを考えてみてください。

    どうしても揃えたいけれど、いきなり大きな家具を購入するのが不安な方は、家具のレンタルサービスがおすすめです。購入検討型の家具レンタル「flect(フレクト)」を利用すれば、まずはレンタルから新生活をスタートし、気に入ればそのまま「買取」を選ぶこともできますし、使い勝手やサイズ感がイメージと違ったり生活スタイルに変化があった時には「返却」を選ぶこともできます。

  • 日用品

    日用品は、生活する上で毎日必要になるものです。特に、タオルやトイレットペーパー、ティッシュペーパー、歯ブラシなど、頻繁に使うものは先に準備をしておきます。洗濯用・食器用洗剤や、掃除用・食器用スポンジ、シャンプー・リンスなどの消耗品は、新生活に合わせて買い揃えることが多いものです。洗濯かごや物干し、ハンガーなどの繰り返し使うものは、いま使っているものを持っていくと、費用を抑えることができます。日用品は、毎日使うからこそ、買い忘れがあると困るものなので、今の部屋から持って行くものと買い揃えるものを整理して、買い忘れのないようにしましょう。

人数別!新生活準備の費用を安く抑えるには?

  • 一人暮らし(単身)

    一人暮らしといえども、新生活の準備には想像以上に費用がかかるものです。その費用を安く抑えたいなら、本当に必要な家財を選別してみましょう。ソファやサイドテーブルなど、全ての家具・家電を買うと膨大な費用がかかってしまいます。一人暮らしの部屋の広さであれば、部屋に置ける家具・家電も限られます。部屋に置くのはどうしても必要なものだけにして、なくても困らないものはできるだけ省きましょう。新調せずに、実家や今の部屋で使っているものをそのまま使い続ければ、かかる費用も抑えられます。
    新居に引っ越しをする場合は、引っ越し業者を利用すると、荷物の量や引っ越し先までの距離、時期にもよりますが、単身の引っ越しでも〜10万円程かかる場合もあります。引っ越し作業をなるべく自分でやると、費用を安く抑えることができます。引っ越し先がそう遠くない場合、自分の車を使って荷物・家財の運搬をしましょう。引っ越し当日は、友人に頼んで梱包や部屋への家財の運搬を手伝ってもらえば、引っ越しにかける時間も短縮できます。手伝ってもらった人へのお礼も忘れずに!

  • 二人暮らし(新婚・同棲)

    二人暮らしで費用を安く抑えるには、買い直す家具・家電を最低限にすることがポイントです。結婚や同棲などで二人暮らしをする場合は、お互いが持っている家電や家具では、サイズやスペックが足りない可能性があります。冷蔵庫や洗濯機、ベッドやソファなどは、少し大きめのサイズのものを買う必要が出てくる場合も。しかし、掃除機や調理家電などは、一人暮らしで使っていたもののスペックでも充分対応できるものもあります。今ある家電や家具を買い直す必要があるかをよく考えて、買い揃えるものを必要最低限にし、費用を安く抑えましょう。

  • 家族暮らし(3人以上のファミリー)

    家族の人数が多ければ多いほど、引っ越しの荷物や段ボールの数も多くなります。その分、料金もかさみますので、引っ越し費用の一括見積サイトで比較するなどして、安く抑えられる業者を選定しましょう。 引っ越しの費用を安く抑えるには、引っ越し前の荷物整理をきちんとして、要らないものを極力減らしておくことがポイントです。引っ越す地域・家によっては、不要な家具が出てくることもあります。不要なものは人に譲るなどして、荷物の量を減らすことで費用を安く抑えられます。リサイクルショップで買い取ってもらったり、フリマアプリなどを利用したりして、売却するのも一つの手段です。