dinos 特別編集号 春だより
dinos 特別編集号 春だより

カタログ通販・テレビショッピングのディノスオンラインショップ

 

「ジュエリーが欲しいのに、何を買ったらいいのかわからない」
という方は意外と多いのではないでしょうか?
そんな方のために、ジュエリーを選ぶうえでのポイントと、
デイリー使いから一生ものまで、大人の持つべきマストバイジュエリーを
「ダイヤモンド」「パール」「地金」それぞれからご紹介いたします!

マストバイジュエリーアンカー

ダイヤモンドのジュエリーを
選ぶポイント

■カットにこだわる
ダイヤの輝きや煌めきを決定づける一番大切な要素がカットです。ダイヤの美しさを最大限に引き出したブリリアンカットのダイヤが一般的で、真上から見ると丸く、中央からは放射状にカットされている形状をしています。中でもカットのグレード最高位の「エクセレントカット」はより美しい輝きを放ちます。

■カラーはお好みで
ダイヤモンドには様々なカラーが存在します。一般的に濁りのない無色透明(ホワイト系)が価値が高く、黄色味を増すほどに安価になることが多いです。ダイヤのグレードでD〜Gカラーは無色とされ、主に婚約指輪に用いられます。ただし、ファンシーカラーダイヤといわれる天然の色で発色の良いピンクダイヤ・イエローダイヤ・ブラウンダイヤ・ピンクダイヤなどはとても希少で、特別の価値があるダイヤモンドとなります。

■一粒にこだわるか、ボリュームにこだわるか
一粒で美しさを放つダイヤモンドはカラット数が大きいほど価値が高くなりますが、同じカラット数でもメレダイヤを集合させて、カラット数以上の大きさに見せてくれるデザインも存在します。一粒の輝きにこだわりたい方は一粒ダイヤを使用したジュエリーを、ボリュームを重視する方はメレダイヤを集合させたデザインのジュエリー選ぶとよいでしょう。

■納得できる輝きのダイヤを選ぶ
輝きの少ないダイヤモンドは、クラリティと呼ばれるダイヤの透明度が低いと推測されます。「クラリティーが低い=インクルージョンと呼ばれる天然の内包物が含まれている」ということを指し、どんなにカットが美しくても、インクルージョンが含まれているとダイヤはくすみ輝きが損なわれてしまいます。多少色付きのダイヤだとしても、インクルージョンが少ないものは美しく輝きます。

パールのジュエリーを選ぶポイント


■テリにこだわる
パールの美しさを最も左右するのが真珠の光沢を意味する「テリ」。テリが強いほど艶やかな輝きを放ち、真珠層が厚く巻くほど美しい光沢が生まれます。

■パールの種類を知ろう
真珠には様々な種類があります。取れる場所も海だけでなく湖で採れるものもあり、種類により特徴も異なります。大きく分けると、@最も代表的で幾重にも巻いた真珠層が微妙な色を奏でる美しく上品な光沢が特徴のアコヤ真珠、A南洋真珠最大の真珠貝から取れ、大きくボリューム感が多い白蝶真珠・黒蝶真珠、B主にイケチョウ貝という大型の二枚貝から採れ、無核で小ぶりでさまざまな形のある淡水真珠(昨今は核を入れて養殖するものもあります)。ファーストパールなら、まずは一番の王道、アコヤ真珠のパールがコーディネートしやすく、おすすめです。

■最上級のアコヤ真珠「花球」
形・光沢・キズ・仕上げに至る全ての項目で鑑別機関が最高品位と認めた珠を「花珠」と呼びます。近年、高品質のアコヤ真珠が少なくなっている中で、希少価値がより高まっています。

■正統派?カジュアルル派?パールの形で印象が変わる!
真珠にはさまざまな形が存在しています。ラウンド(丸)、セミラウンド(ほぼ丸)、セミバロック(やや変形)、バロック(変形)、他にもドロップ(しずく型)、ボタン(やや扁平)、オーバル 縦長)などなど…。ラウンドに近いほど正統派でオケージョンシーンなどにも使いやすく、バロックになるほどカジュアルになります。

すべて見る | ボタン

地金のジュエリーを選ぶポイント


■金性の違いを知ろう
見た目は同じように見える地金なのに、値段が全然違う…。その理由は、金の純度による価格差となります。よく目にする、「K18」や「K10」といった刻印。こちらは、「金の純度」を指していて、金の含有率のことを指しています。金を使ってジュエリーを作る場合、金に一定分量の、別の金属を混ぜるスタイルが一般的。金性が高い順に、純金(K24)>K18>K14 >K10となり、腐敗・変色といったリスクが少なくなります。また、色にも違いがあり、一般的には金の含有率が高いほど色が濃い印象となります。市場にはK18のジュエリーを多く見かけますが、純度の高さと加工のしやすさ、使い勝手の良さを兼ね備えているのが理由です。
このほかにもSV(シルバー)素材の地金ジュエリーも存在します。比較的買いやすいお値段のため、K18ではとて高額になってしまうようなボリュームのあるデザインもシルバージュエリーなら可能。ファッショナブルでトレンド感のあるデザインが多いといえるでしょう。ただし、シルバーはやわらかく傷付きやすい素材なので、取り扱いには注意が必要です。また、比較的変色が起こりやすいので、日頃からのお手入れが必要となります。表面にロジウム加工という変色を防ぐ加工がなされているジュエリーも多いので、変色が気になる方はロジウム加工がされているかどうかも購入の際にポイントとするとよいでしょう。

■軽いのにボリュームがあるものがお得感あり!
おなじK18の商品でも「見た目がボリュームがあるのに安い」商品に出会ったことはありませんか?そういった商品は、「中空」という、金属内部が空洞になっていて、見た目のボリュームに反して軽く作られている加工がなされていたり、場面を広く使って見た目のボリュームを出していたりする場合があります。そういった商品はお値段が割安に感じらることが多くなります。

すべて見る | ボタン

ジュエリーカタログ

ダイヤやパールなど良質な素材を選りすぐって作った本物志向のジュエリー&アクセサリー

おすすめCONTENTS

ダイヤやパールなど良質な素材を選りすぐって作った
本物志向のジュエリー&アクセサリーを多数ご紹介しています。