カタログ通販・テレビショッピングのディノスオンラインショップ

ディノス(dinos)

「甘み」と「もちもちの食感」、そして「冷めても美味しい」

雪室貯蔵米
魚沼産こしひかり

皆様に愛されて二十二年
美味しいお米にこだわり続けたディノスの選択

<span class=white>雪室貯蔵米<br><span>魚沼産こしひかり</span></span>

日本を代表するブランド米
「魚沼産こしひかり」。
この素晴らしいお米に、さらにディノス独自のこだわりを
産地に指定してお届けしています。

日本を代表するブランド米<br>「魚沼産こしひかり」。<br>この素晴らしいお米に、さらにディノス独自のこだわりを<br class=sp_hide>産地に指定してお届けしています。

1等米とは、国内農産物(水稲うるち玄米)規格規定に基づく検査で最上位のランクです。
上から1等・2等・3等・規格外に分けられますが、上位ランクのものほど粒がそろっています。
JA北魚沼では、独自基準により1等米をさらに選別しています。
粒のそろい具合と、水分・タンパク・アミロースなどの食味成分検査を行い、上からSS・SA・S・A・Bの5段階にランク分け。
ディノスのお米は1等米のさらに上位SAランク以上だけを選り分けてお届けします。
同じ魚沼産でも、ディノスのお米がおいしいと評判なのは、こうしたこだわりがあるからなのです。

ディノスの魚沼産コシヒカリは
米作りに適した理想の地で育てられています。

新潟県のほぼ中央部、万年雪が残る越後三山に臨む棚田。
そして清冽な雪どけ水が流れ込む、清流・魚野川を中心とする一級河川の両岸に連なる水田地帯。
ここが「ディノスのお米」の産地です。
水はけのよい土壌、夏の昼夜の温度差により、稲がうまみを増して成長するなど、まさに米作りには理想の地。
生産者達はこの恩恵に甘えることなく、もっと「うまい米・安心な米」を作るため勉強会を実施し、
情報共有しながら生産技術の平準化を図っています。

「雪室貯蔵」で
通年美味しいお米を。

魚沼市は有数の豪雪地帯。
この自然の恵みを利用した貯蔵方法が「雪室貯蔵」です。
倉庫に蓄えた雪の自然の冷熱を利用し、米の貯蔵庫内の気温を5℃以下、
湿度75%にキープすることでお米の劣化を抑えることができます。
つまり、新米を雪室貯蔵することで一年中新米に近い風味が味わえるというわけです。

産地から精米したてをご自宅へ
「産地精米・産地直送」

「雪室貯蔵」で保管されている玄米を「低温貯蔵庫」に移し徐々に常温の環境に慣らします。
その後「精米」「玄米」「特別栽培米」「コンテスト金賞米」は、その土地の精米担当者の手で精米されます。
出荷直前に精米し産地から直送。途中、倉庫保管などしないので、
魚沼産こしひかり本来の「旨み・甘み・香り」を味わっていただけます。

まずは1回お試しください。

お試しサイズ2kgを<span>特別価格で</span>ご用意しました!<br>第1回受付は8/31(金)まで、お届けは10月上旬予定

お試しサイズ2kgを特別価格でご用意しました!
第1回受付は8/31(金)まで、お届けは10月上旬予定

魚沼産こしひかり一等米
1回お試し(2kg) ¥1,000

さらにワンランク上の魚沼産コシヒカリ
「氷温®熟成米」

「氷温熟成米」は“ディノスの美味しいお米を、もっと美味しく!”という思いから生まれました。
氷温熟成米の最大の特徴は「雪室貯蔵+氷温熟成」にあります。
収穫後は自然の雪を使った「雪室貯蔵」で5℃以下、湿度70%で保管しお米の劣化を防ぎます。
その後、お米を−2℃まで冷却して保存・熟成させることで、お米が本来持つうまみ成分を引き出します。
この徹底した温度管理の結果生まれたのが、ワンランク上のお米「氷温熟成米」です。

毎月お届けする定期購入なら
送料無料

ディノスでは、お客様に毎月安定的にお届けできる定期便をご用意しています。
一度ご注文いただければ、あとは毎月安心して待つだけです!
重いお米を運ぶ手間が省け、しかも送料が無料なんです。
家族構成が変わった場合のキロ数変更や休止など、お米専門スタッフが様々なご相談も承ります。

30 年産新米
JA北魚沼 米コンテスト金賞受賞

魚沼産こしひかりJA北魚沼米コンテスト金賞米<br>定期便(4kg〜8kg)¥5,184〜¥9,936

お米のプロ達が選び抜いた優勝金賞以上の受賞米から、旨みと食感に優れた5人のお米をお届けします。
さまざまな厳しい審査を行うJA北魚沼食味コンテスト。
お届けするのは、前年平成30年産米で優秀金賞以上に選ばれた5名のお米です。
噛むほどに感じる甘みと旨み。程よい粘りとかたさ。つやつや輝き、豊かな香りとともに幸せを食卓にはこびます。
前年の受賞者5名が育てた平成30年産米を毎月1回1年間限定でお届けします。

JA北魚沼とディノスのつながり

1995年の米流通の規制緩和による「米販売の自由化」が行われたのをきっかけに、
JA北魚沼の魚沼産コシヒカリの美味しさに注目したディノスは、TV通販からこのお米の販売をスタートしました。

そして販売開始から今日に至る20年以上の歴史の中で、独自食味検査や雪室貯蔵庫の導入・産地直送の実現など、
ディノスの魚沼産コシヒカリは“品質第一”に進化を続けて参りました。

これからもディノスは産地とお客様をつなぐ架け橋として、品質とサービスの向上を産地と共に追求して参ります。

魚沼通信

ディノスの魚沼産こしひかりの故郷“新潟県魚沼市”の旬な情報をお届け!
お米の生育状況や生産者の日々の努力、魚沼の四季を感じる写真もご紹介しております。