カタログ通販・テレビショッピングのディノスオンラインショップ

おしゃれなカーテンで
部屋のインテリアを明るく!
人気のデザイン・種類を紹介

カーテンは、部屋のインテリアの雰囲気を大きく左右するアイテムのひとつです。「自分好みのインテリアにコーディネートするためには、どうすればいい?」とお悩みの方に役立つカーテンの知識・情報をお届けします。
人気のデザイン・カラーや、カーテンの種類、カーテンの選び方など、テーマごとにわかりやすく紹介していきます。

アンカーボタン

カーテンの種類から選ぶ

レースカーテン 説明

  • レースカーテン

    レースカーテンは、見た目の美しさだけではなく、様々な役割を果たす機能的なカーテンです。 レースカーテンがあることで、日中も日の光を採り込みながら外からの目隠しをしてくれますので、プライバシー保護に役立ちます。風は適度に通しながら、家の中を隠し、外からの視線を気にせず快適に過ごすことができます。 UVカット機能のあるものは、紫外線が室内に入ることを防いでくれますので、家具を傷みにくくしてくれます。また、太陽光を防ぐことで、お部屋の温度上昇を抑えてくれます。 外からのホコリの侵入を軽減してくれる役割も果たしますので、お部屋の空気を正常に保つことができます。同様に、屋内のホコリも付着しますので、丸洗いのできるものだと、お手入れも簡単で嬉しいですね。

    レースカーテン

間仕切りカーテン 説明

  • 間仕切りカーテン

    間仕切りカーテンは、部屋を仕切りたいときに活躍してくれます。その他、気になる場所の目隠しをしてくれたり、空気の流れをコントロールすることで冷暖房効率を上げることにも役立ちます。 間仕切りカーテンには、アコーディオンドア、ロールスクリーン、ビニールカーテンなどの種類があります。アコーディオンドアタイプは左右の伸縮で、閉じたり開けたり、臨機応変に空間を活用することができます。ロールスクリーンタイプも上下の伸縮で、目線の高さで空間を仕切るなど、高さの調整が可能です。ビニールカーテンは透明度が高いものを選ぶことで、空間を仕切ることによる圧迫感を和らげることができるでしょう。用途に合わせてお選びください。

    間仕切りカーテン

ブラインド 説明

  • ブラインド

    ブラインドもカーテンと同様に屋外からの視線を避けることができ、プライバシー保護に役立ちます。向きを調整することで、様々な角度から自然光を自在に採りいれることができます。

    ブラインド

シャワーカーテン

  • シャワーカーテン

    シャワーカーテンは、浴槽やバスルームに吊り下げる防水カーテンです。主にユニットバスで使用されます。シャワー使用時の水の飛散を防ぐ為、ナイロン製やビニール製が多いです。様々な素材やスタイルから選べ、バスルームをおしゃれな空間・スペースに彩ることができます。

    シャワーカーテン

カーテンのデザイン・テイストから選ぶ

  • 北欧風デザイン

    シンプルなデザインが人気の北欧風インテリア。素材を活かし、自然のモチーフが入っているものが多くあります。ブラウン、ベージュ、グリーンなどのアースカラーを基調としたものや、自然素材の色調や質感をそのまま活かしたデザインで、ナチュラルで優しい空間を作り出してくれます。

    北欧風デザイン

モダンデザイン 説明

  • モダンデザイン

    モダンデザインは、シンプルでありながら洗練された魅力あるデザインです。都会的でスタイリッシュな、すっきりとしたお部屋に見せたい時におすすめです。

    モダンデザイン

花柄 説明

  • 花柄

    幅広い世代に人気の花柄。小花柄は控えめで可愛らしく、大柄だと華やかな印象にと、花柄の中だけでも様々なデザイン・テイストを楽しめます。最近では、花や植物をモチーフにした、ボタニカル柄も人気です。可愛らしさと艶やかさが際立つ、おしゃれ度の高いデザインです。

    花柄

ナチュラル 説明

  • ナチュラル

    シンプルで素朴な、自然の素材感が感じられるようなナチュラルなデザインは、温もりある優しい印象を与えてくれます。お部屋のテイストを選ばず、他のインテリアとも調和しますので、コーディネートにも困りません。

    ナチュラル

カーテンをかける場所から選ぶ

  • リビング階段

    リビングに繋がる階段は、リビングに溜まった温かい空気を上階へと逃がしてしまいます。階段にカーテンを設置し、空間を仕切ることで、空気の流れをコントロールすることができます。 リビング階段におすすめなのは、ロールスクリーンタイプのカーテンです。適切な高さに調整して使用できますし、不要なときはカーテンを上げておけば見た目もすっきりです。カーテンレールを取り付ければ、通常のカーテンでも設置することができます。

    リビング階段

小窓 説明

  • 小窓

    小窓はこだわって装飾すると、ぐっとおしゃれになる場所です。小窓用のカーテンは、サイズ選びに注意しましょう。きちんと小窓の上から下までカバーできる長さのものを選ぶことがポイントです。日差しの強さが気になるような場所では厚地の生地で、シェードのように高さが調節できるものがおすすめですよ。

    小窓

和室 説明

  • 和室

    和室にもカーテンを取り付ける場合がありますよね。ブラウン・グリーン・ベージュのようなアースカラーのもので、和室と同系色でまとめるのがおすすめです。畳のヘリの色や、ふすまの色に合わせるのも良いでしょう。和室で使われるような天然素材のものを選ぶと、よりまとまりのある落ち着いた空間を演出できます。

    和室

寝室 説明

  • 寝室

    寝室用のカーテン選びでは、安眠するために必要な機能、要素を持ったカーテンかチェックをしましょう。 朝日の光がまぶしくて目が覚めてしまうという方は、遮光機能のあるものを選びましょう。光を遮り、お部屋の暗さを保てます。外の音が気になる場合は、防音機能のあるものがおすすめです。また、リラックスできる空間であることも重要ですので、お部屋のインテリアに合わせたお気に入りのデザインを選びましょう。

    寝室

勝手口 説明

  • 勝手口

    勝手口もカーテンを使っておしゃれに装飾しましょう。キッチンの雰囲気に合わせたデザイン・柄を選んで、統一感のあるおしゃれな空間作りを楽しみましょう。

    勝手口

クローゼット・押入れ 説明

  • クローゼット・押入れ

    クローゼットや押入れでは、中身がそのまま見えるのを防ぐ目隠しとしてカーテンが活躍してくれます。突っ張り棒などで掛けられるタイプでしたら、簡単に取り付けられておすすめです。ほんの少しの工夫で、すっきりおしゃれな部屋に変身しますよ!

    クローゼット・押入れ

車用のカーテン 説明

  • 車用のカーテン

    車内での日差し、暑さ対策に、車用のカーテンが役立ちます。赤ちゃんと一緒に乗る際には、紫外線対策としても活躍してくれます。 車にカーテンを取り付ける際は、後部座席に取り付けましょう。運転席や助手席は、視界の妨げになる為、道路交通法で取り付けが規制されています。

    車用のカーテン

カーテンの機能から選ぶ

  • 防音カーテン

    防音機能のあるカーテンは、屋外の車や飛行機などの音、また部屋からの音漏れも軽減してくれます。 防音カーテンのしくみには、音を遮断する「遮音」と、音を吸収する「吸音」があります。遮音は、物理的に音の振動を止めることで音を防ぐしくみです。壁となるものが厚く密度が高いほど、防音効果も高まります。吸音は、音の振動を吸収することで音を防ぐしくみです。布のように柔らかく、生地が厚いほど防音効果が高まります。

    防音カーテン

遮光カーテン 説明

  • 遮光カーテン

    遮光機能のあるカーテンは、光を遮る効果が通常のものに比べてすぐれています。
    遮光率(外からの光をどれだけカットすることができるか)は、下の表のように、1級、2級、3級と等級が決められています。一部の商品を除いては暗室のように一切の光を遮るものではありません。遮光効果を出すために、生地に黒糸を織り込んだり、裏面に樹脂コーティングした暗幕タイプのものなどがあります。

    遮光カーテン

    等級 1級 2級 3級
    遮光率 99.9%以上 99.80〜99.99%未満 99.40〜99.80%未満
    照度 0〜101ルクス以下 101ルクス〜2001ルクス以下 2001ルクス以上
    照度に関する
    状態表現
    人の顔の表情が識別できないレベル 人の顔あるいは表情がわかるレベル 人の表情はわかるが事務作業には暗いレベル

断熱カーテン・遮熱カーテン

  • 断熱カーテン・遮熱カーテン

    断熱・遮熱機能付きのカーテンは、お部屋の中の気温調節を助けてくれます。夏の直射日光による気温の上昇をやわらげてくれたり、冬は暖房の効きを良くしてくれます。窓は家の中でも断熱性能が弱くなりやすい場所ですが、断熱・遮熱カーテンがあることでそれを補うことができます。

    断熱カーテン・遮熱カーテン

「カーテン」商品をもっと見るボタン

カーテンの種類

  • カーテンの種類

    カーテンにはたくさんの種類があります。主なものとして、ダブルカーテン、ロールスクリーン、ブラインド、縦型ブラインド、シェード、プリーツスクリーンについてご紹介していきます。

    カーテンの種類

カーテンの種類 一覧

カーテンのヒダの種類

  • カーテンのヒダの種類

    カーテンのヒダにも種類があります。 1.5倍ヒダと呼ばれるものは、仕上がり幅に対して1.5倍の幅の生地が使われています。 2倍ヒダ、3倍ヒダは、生地をより多く使うためドレープはきれいに出ますが、1.5倍ヒダと比較すると高価になります。

    カーテンのヒダの種類

カーテンの選び方

  • サイズから選ぶ

    カーテンのサイズを測る際、窓のどの部分を測ればいいのかご存知ですか?ここでは、正しいカーテンのサイズの測り方をご紹介します。

    サイズから選ぶ

    カーテンの幅の測り方

    カーテンの幅は、カーテンレールの長さで決まります。長さを測る時は、レールの両端に付いている「ランナー止まり」の穴を基準に、レールの端から端(ランナー止まりの内側)までの長さを測ります。その長さに3〜5%を足した数字が適切なカーテンの幅となります。カーテンを2枚かけて両開きにしたい場合は、その半分の長さのカーテンを選びましょう。


    カーテンの丈の測り方

    掃き出し窓の場合、カーテンの丈はランナーの穴から床までの長さより1〜2cm短い長さが最適です。腰高窓の場合は、ランナーの穴から窓枠の下端までの長さに15〜20cm足した長さが一般的なサイズです。
    レースカーテンもつける場合は、ドレープカーテンより1〜2cm短い丈を選ぶとバランスが良いでしょう。


    ブラインド・ロールスクリーンのサイズの測り方

    窓枠の内側に吊るす場合は、枠の内側を測ります。ブラインドは上げ下げの邪魔にならないように、窓枠の内側寸法より上下、左右を1〜2cm短めにするのがポイントです。
    窓枠の外側に吊るす場合は、幅・丈とも窓枠の外端まで測ります。ロールスクリーンは、左右5cm程度長めにすると光もれを軽減できます。


    既製品の場合、サイズはある程度限られますので、ぴったりのサイズがない場合は大きめの近いサイズを選ぶ方が失敗が少ないでしょう。サイズにもこだわりたい方はオーダーメイドのサービスを利用して、ご自宅の窓にぴったりのサイズのカーテンを購入することもできます。ブラインドや、ロールスクリーンなどのオーダーも可能です。

  • 色から選ぶ

    カーテンは、壁の面積の大きな部分を占めるアイテムです。カーテンを閉めた時の存在感で部屋の雰囲気ががらりと変わるほど影響力があります。インテリアの主役となる色選びはとても大切です。
    既存のインテリアの色味に合わせてカーテンを選べば色同士がぶつかり合うことがなく、統一感のある落ち着いた雰囲気の空間になります。反対に、既存のインテリアと異なる色味のカーテンを選べば、互いの色を引き立て合いメリハリのある空間をつくることができます。子供部屋や玄関先など、元気で明るい空間をつくりたい時に取り入れると良いでしょう。
    赤や黄色などの原色に近い色や派手な色のカーテンを選べば、一気に個性的な空間を演出できますが、家族みんながリラックスするリビングや、ゆっくり休みたい寝室などでは落ち着けないことも…。落ち着いた雰囲気を出したい部屋では、ベージュやグリーンなどのアースカラーのカーテンがおすすめです。

    色から選ぶ

カーテンの取り付け方

  • カーテンフックの種類

    カーテンを取り付けるためのフックには、「Aフック(天井付け)」、「Bフック(正面付け)」と呼ばれる2つの種類があります。また、両タイプを兼用できる「アジャスターフック」と呼ばれるものもあります。

    カーテンフックの種類

カーテンの洗濯方法

  • カーテンを洗う時は表示をチェック!

    最後に、ご自宅でのカーテンの洗濯方法を紹介します。 部屋の窓際に吊るカーテンは、日頃からほこりやハウスダストなどの汚れがつきます。定期的にお手入れして、清潔を保ちたいですよね。
    まずはカーテンの取り扱い表示を見て、家で洗えるか、クリーニングに出すかをチェックしましょう。

    カーテンを洗う時は表示をチェック!
  • カーテンを洗う手順

    家庭で洗えるカーテンの、洗濯方法をご紹介します。

    (1) カーテンをランナーから外し、フックも全て外します。
    (2) ほこりをたたき出します。
    (3) 「ウォッシャブル」マークが付いているものは、洗濯機で洗えます。カーテンをたたんでネットに入れ、弱流水または手洗いコースで5分程度洗います。
    (4) 生地が弱っていたり、「手洗い」マークが付いているものは、中性洗剤を使って押し洗いします。
    (5) 軽く脱水してから、十分にすすいでください。脱水は15〜30秒程度でOK。
    (6) 屋外で干す場合は陰干しにしましょう。ある程度乾いた後は、レールに吊って乾かす方法が便利です。この場合、カーテンレールや窓をよく拭き、風通しをよくして干してください。

    カーテンを洗う手順