ディノス家具大感謝セール
ディノス家具大感謝セール

カタログ通販・テレビショッピングのディノスオンラインショップ

 

長座布団おすすめ7選!
選び方や
快適に使うためのポイントをわかりやすく解説

長座布団はさまざまな使い方ができるため人気です。この記事では、用途に適した長座布団を探している人に向けて、長座布団の選び方や快適に使うためのポイントを解説します。おすすめの長座布団も紹介するため、自分にぴったりの長座布団を探す際の参考として役立てて下さい。

長座布団とは?

長座布団とは、一般的な座布団を2〜3枚程度つなげた大きなサイズの座布団です。長座布団は長野県で発祥したといわれており、こたつで使用するために長方形の座布団が作られたのが始まりでした。長座布団は便利なため、現在ではさまざまな用途で利用されています。自宅に長座布団があれば、さまざまな場面で重宝するでしょう。

長座布団の使い方はいろいろ!

長座布団には幅広い使い方があります。ここでは、長座布団の具体的な使い方について解説します。

2人で座ってくつろげる

長座布団は通常の座布団と同じく床に座る際に使用できます。長さがあるため、2人で座る際も長座布団がひとつあれば十分にくつろげます。特に座布団3枚分の長さがある長座布団を選べば、ゆったりと座ることが可能です。

たたんでクッション代わりにする

長座布団は長さがあるため、たたんで使用するのもひとつの方法です。たためば厚みが増し、クッションの代わりとしても使用できます。たたみ方を調整すると、好みの厚さにできるため便利です。

壁際で座椅子風に使う

長座布団を半分に折り、片方を壁にかけるようにすれば座椅子のような使い方ができます。直接床に座って壁にもたれると体が痛くなりますが、長座布団を使えば快適です。また、ベッドの上に座る際も同様の使い方ができます。

赤ちゃん用の布団にする

赤ちゃんがいる家庭では、長座布団を赤ちゃんのために使用しているケースもあります。たとえば、おむつ替えのときに長座布団を敷けば、赤ちゃんの体を優しく支えられます。ただし、クッション性が高い長座布団を選ぶと窒息の恐れがあるため、注意が必要です。

ごろ寝用の布団にする

自宅に長座布団があれば、眠いときにサッと取り出して敷き布団の代わりにできます。長座布団の片側を折れば枕代わりにもなり、すぐに寝床の確保が可能です。

キャンプなどアウトドアシーンで使う

長座布団はアウトドアシーンでも活用できます。たとえば、キャンプや車中泊の際に長座布団を持参すると、寝心地をアップさせられます。車に1枚入れておき、ドライブするときに後部シートに敷くのもおすすめです。

長座布団の選び方

長座布団を選ぶときは、どのような部分を確認したらいいのでしょうか。ここでは、長座布団の具体的な選び方について解説します。

サイズで選ぶ

ヨレにくいものを選ぶ

長座布団は折って使うシーンが多いため、ヨレにくいタイプを選びましょう。具体的には、キルティングや和とじのタイプを選ぶと長く使いやすくなります。キルティングは長座布団が格子状に縫われているため、中わたが移動しにくくなっています。和とじは、中わたを固定するための縫い方です。長座布団を選ぶときは、このような加工が施されているか確認してください。

収納しやすいものを選ぶ

長座布団は、使用しないときに収納しやすいものを選ぶと便利です。折りたたんだり丸めたりでき、コンパクトにまとまるものを選びましょう。コンパクトにまとまる長座布団なら、使用しないときに部屋の端に置いていても邪魔になりません。使用時の利便性はもちろんですが、使用しないときのことも考慮して選ぶ必要があります。

丸洗いできるものを選ぶ

長座布団の用途によっては、汚れやすい場合もあります。たとえば、アウトドアで使用するなら丸洗いできるタイプのほうが安心です。また、赤ちゃん用として使用する際も、衛生面に配慮するためには丸洗いできるものを選ぶ必要があります。手洗いできるタイプや洗濯機で洗えるタイプなどもあるため、洗いやすさにも配慮して選びましょう。

長座布団を快適に使うためのポイント

長座布団を快適に使用するためには、さまざまなポイントがあります。ここでは、押さえておきたいポイントを解説します。

カビ・ダニ対策をする

長座布団を敷きっぱなしにしていると、カビやダニが発生する恐れがあります。リビングで使用する場合も、フローリングの上に敷いたままにしないようにしましょう。カビを防ぐには、温度や湿度に注意が必要です。また、ダニを予防するためには、定期的に天日干しするなどの対策を取り入れましょう。

カバーをかけて使う

長座布団をそのまま使っていると、汚れがついて劣化が早まります。特に、丸洗いができない長座布団を選ぶなら、カバーをかけたほうが長く使用できます。さまざまなデザインのカバーがあるため、好みや部屋の雰囲気にあわせて選びましょう。

ウレタン素材は拭いて陰干しする

ウレタンでできている長座布団は、基本的に洗濯できません。汚れたときは中性洗剤を水で薄めてタオルに染み込ませ、拭きとってください。そのうえで陰干ししましょう。ただし、直射日光に当たるとウレタンが劣化するため、注意が必要です。

おすすめの長座布団7選!

ここからは、おすすめの長座布団を厳選して7つ紹介します。定番のタイプからしっかりお昼寝できるタイプまで網羅しているため、ぜひ参考にしてください。

寝心地こだわりごろ寝布団 本体のみ

日本製「万葉」 ふっくらこたつシリーズ
座布団 長座布団

スツールにもなるごろ寝マット

ダニの入れない素材で作ったごろ寝マット

リネンごろ寝布団 布団のみ

座布団がごろ寝クッションになる
座布団収納袋

まとめ

長座布団の商品一覧を見る