LINE ID連携10%
LINE ID連携10%

カタログ通販・テレビショッピングのディノスオンラインショップ

卒業式・入学式の
母親の服装&コーデ徹底研究!

卒業式や卒園式・入学式や入園式は、お子さんにとってのハレの場所。母親の服装選びで失敗しないように、気を配るお母さんも多いのではないでしょうか。知っているようで知らない卒業式&入学式のスーツ選びの基本や最近の傾向などをご紹介します。

イマドキの卒業式&入学式のスーツ選び

  • 卒業式や卒園式、入学式や入園式のスーツは、昔と今と変わらない点と、少し変化している点がありますので、おさらいしましょう。

  • 昔と変わらない点はスーツの「色」
  • まず昔から変わらない点といえば、卒業式や卒園式はダーク系を選び、入学式や入園式は華やかなカラーを選ぶということ。セレモニーでは写真を撮ることが多いですから、後から「失敗した」ということのないよう注意したいところです。卒園式と入学式が同じスーツというのは避けたほうが良いでしょう。

昔と変化している点はスーツの「タイプ」、スカートパンツどちらも正解

  • 昔と変化している点はスーツの「タイプ」、スカートパンツどちらも正解

    一方で少し変化がみえているのはパンツかスカートかという点。以前はスカートを選ぶ母親が多かったようですが、最近はパンツを選ぶ方も増えています。パンツスーツを格好良く着こなすお母さんはステキなので、パンツが似合うという方はパンツスーツを選んでも良いでしょう。

  • 意外と忘れがちな小物類、防寒対策をお忘れなく

    卒業式や入学式の会場は広く、暖房設備があっても会場中が暖かいというわけにはいきません。まだ冷える時期ですから、防寒対策にコートを羽織るようにしましょう。会場内で膝にかけられるよう、ストールなどを持っていくと重宝します。また、プリント類が配られる場合もありますから、セカンドバッグを用意しておくと安心です。

  • いつもと同じじゃダメ!ヘアスタイルもチェック

    卒業式も入学式もフォーマルな場ですから、髪型がいつもどおりというのはおすすめできません。アップにするなど、髪をまとめてスッキリさせると良いでしょう。ダウンスタイルにしたい場合は、あらかじめパーマをかけておくか、自分でカールヘアにするなど、フォーマル感を演出することをおすすめします。

幼稚園や小学校、中学校...微妙に違う!おすすめコーデ一覧

  • 卒園式と入園式でスーツの色を変える必要があることはご紹介しました。だからといって卒園式と卒業式は同じスーツで良いかというと、母親の年代も変わってくるので微妙なところ。それぞれのおすすめコーデを最後にご紹介します。

  • 保育園・幼稚園の入園式コーデは可愛いママを演出
  • 小さなお子さんのハレ舞台である入園式ですから、華やかに、そしてちょっぴり可愛らしいママを演出するようなスーツやワンピースを選びましょう。20代のママは、春らしいピンクやイエローを選ぶのもおすすめ。30代のママは、タイトスカートでより大人の女性を演出するのもステキです。

  • 保育園・幼稚園の卒園式コーデは若々しいデザインをチョイス

    卒園式はダークなカラーが良いので、色は紺や濃いグレー、黒などを選びます。その分、デザインで少し遊びましょう。20代のママはシフォン系のワンピースで軽やかに、30代のママはカッチリしたジャケットにフレアタイプのスカートをチョイス。ダーク系のスーツも華やかにみえますよ。

  • 小学校の入学式はお子さんとのツーショットも意識して
  • 小学校の入学式の場合、お子さんが私服か制服かでも選び方が変わってきます。お子さんと一緒に写真を撮ることになりますから、お子さんの洋服に合わせてスーツを選ぶのもひとつの方法です。20代のママはオフホワイト系を選んで清楚さをプラス。30代のママはオレンジ系のワンピースで優しげな雰囲気を醸し出してはいかがでしょう。

  • 小学校の卒業式はブラウスなどで個性をだす

    保育園や幼稚園の卒園式から6年後、ママ業も板についてきたお母さんたちにとってもハレの場となります。卒園式よりも少し落ち着いたデザインのスーツを選ぶ母親が多いようです。20代のママなら一見シンプル、でもパフスリーブなどで若さを感じさせるワンピースがおすすめ。30代のママはブラウスを華やかにするなどして、ちょっぴり個性をだせばオシャレに決まります。

  • 中学校の入学式はお母さんも落ち着いた印象に

    お子さんの年齢が上がるごとに、お母さんも落ち着いた雰囲気に。小学校の卒業式同様、落ち着いたデザインのスーツを選ぶ方が多くなります。入学式なので明るめのベージュ系などはいかがでしょうか。30代のママはフリルつきのブラウスで、40代のママは柄入りスーツで個性をだしてみては?

  • 中学校の卒業式は義務教育が終わる節目、清楚なスタイルで
  • 義務教育が終わる中学校の卒業式。小学校よりもさらに厳かな雰囲気の式になることでしょう。あえてシンプルなスーツに、パールのアクセサリーなどを合わせた、清楚なお母さんスタイルがおすすめです。30代ママはスカートスーツ、40代ママはパンツスーツでカッコ良く決めてみましょう。

  • 高校・大学の入学式はあえてあなたらしさをだすコーデもあり

    高校や大学ともなると、お子さんもすっかり大人の仲間入りです。これまでの「お子さんのセレモニー」を意識したコーデばかりでなく、ひとりの大人としてお母さん自身の個性をだすのもひとつの考え方。もちろんTPOに合わせることはお忘れなく。これまでベージュ系が多かったというお母さんも、40代・50代ならではのグレー系にチャレンジするのもいいかもしれません。

  • 高校・大学の卒業式はベテランママの風格を感じさせて

    高校や大学の卒業式ともなると、お母さんはただその旅立ちを見守るばかりといった心境なのではないでしょうか。一方で気になるのが、加齢とともに変化してきた体型。40代のお母さんならウエストシェイプされたスーツでスタイルアップ。50代のお母さんはロング丈のガウチョパンツで体型カバーするのもおすすめです。

    入園式や卒園式、入学式や卒業式は、お子さんにとって大切なのはもちろん、一生懸命子育てしてきたお母さんにとっても一大セレモニーです。それぞれのセレモニーが心に残るものになるよう、服装選びも慎重に。同じ卒業式でも、幼稚園・小学校・中学校・高校ではそれぞれ違いますから、それぞれに相応しいスタイルで、お子さんの成長を喜びたいものですね。

    ※画像はイメージです。現在は販売終了している商品もあります。