DOL秋号発刊・カタログショップ更新
DOL秋号発刊・カタログショップ更新

カタログ通販・テレビショッピングのディノスオンラインショップ

 
 
 

ディノス(dinos)

0
 

季節外の寝具をスマートに収納!
しまう前のお手入れ法と
便利なふとん収納グッズ

リード文

季節外のふとんや寝具は来シーズンも気持ちよく使えるよう清潔に保管したいものですよね。
快適な眠りのための、保管前のお手入れ方法と収納場所に合わせた便利な収納グッズをご紹介します。

1.収納前のお手入れ

来シーズンも気持ちよく使用するためには、収納前のお手入れが重要です。
家じゅうのふとんのお手入れはなかなかの重労働ですので、1日ですべてを終わらせようとせず、数日かけて気長に進めるようにすると身もココロもラクですよ。

・乾燥

ふとんの収納は湿気が大敵です。カビやダニの発生原因になってしまいますので、しまう前にしっかり乾燥させましょう。

天日干しなら、晴れて乾燥した日の10時〜14時にウラとオモテをそれぞれ1時間程度干して十分乾燥させます。素材によっては直射日光が変色や劣化の原因となるので、陰干しかカバーをかけて干すと安心です。

ふとん乾燥機を使う場合は、室内に湿気がこもるとその湿気がふとんに戻ってしまう場合がありますので換気しながら使用するとよいでしょう。

・掃除機

しっかりと乾燥させても、ダニの死骸やふん、繊維くず、フケなどのハウスダストは残ったままなので、表面に掃除機をかけてから収納しましょう。掃除機はタテとヨコの2方向にゆっくりかけるのがおすすめです。
私自身はこの工程がとても面倒なのですが、快適な睡眠のためと思ってやる気を奮い立たせています。

・丸洗い

洗濯表示を見て洗濯が可能なふとんなら、丸洗いがオススメです。ふとんは汗や皮脂、アカ、ホコリなど水溶性の汚れがほとんどなので丸洗いが効果的。 わが家でも定期的に丸洗いサービスを利用していますが、清潔かつフカフカで本当に気持ちがよいですよ。

2.場所別の収納のコツとおすすめグッズ

@押し入れ

押し入れはもともと寝具を含む生活道具の収納のために作られているので、かさばるふとんも収納しやすい形状です。たくさん入るからと、つい詰めこんでしまいがちなので、湿気や出し入れのしやすさに注意して収納しましょう。

・押し入れ用ラック

積みかさねすぎて、下のモノが取り出しにくい場合は棚を追加すると出し入れしやすくなります。
「押し入れラックロータイプ2台セット」は、置くだけでカンタンに棚が追加できる便利なグッズ。ラックの下段にプラスチックケースを設置して、シーツやカバーなどを収納するのもよいですね。

・押し入れワゴン

押し入れ下段は上段よりも湿気やほこりが溜まりやすいので、キャスターがついたラックや台を使うと出し入れがしやすいうえに、掃除しやすく、通気もよいのでオススメです。

Aクローゼット

一般的なクローゼットは奥行きが押し入れより狭いのでふとんを収納する際は工夫が必要です。収納ケースに入れる、丸める、圧縮するなど空きスペースに合わせて収納法を考えましょう。
羽毛ふとんは、圧縮すると羽根の軸が折れてしまい、保温性が落ちる原因になるので注意が必要です。

・ふとん収納ケース

通気がよい不織布製で、持ち手がついているタイプを選ぶとよいでしょう。さらに円筒形やタテ置き可能な形状だと、空いた隙間に配置しやすく便利だと思います。
中身がわかるよう、見える位置にラベルで表示するのもお忘れなく。

B出しっぱなし

収納場所に余裕がない場合は出しっぱなしという方法も。

・クッションになる布団収納袋

ただ出しっぱなしにするとじゃまなだけですが、クッションやソファ代わりにすると、収納場所が要らない上に活用もできて一石二鳥。
シンプルなタイプや、動物をモチーフにした遊び心をくすぐるタイプもあるので、インテリアや好みに合わせて選んでみてはいかがでしょう。

画像

ただ出しっぱなしにするとじゃまなだけですが、クッションやソファ代わりにすると、収納場所が要らない上に活用もできて一石二鳥。
シンプルなタイプや、動物をモチーフにした遊び心をくすぐるタイプもあるので、インテリアや好みに合わせて選んでみてはいかがでしょう。

収納場所に合わせたグッズ

収納場所に合わせたグッズで、かさばる寝具もスマートに収納しましょう。 ご参考になれば幸いです♪

ボタン(トップへ戻る)