いいプレCPN
いいプレCPN

カタログ通販・テレビショッピングのディノスオンラインショップ

おしゃれでかわいい!
冬ごもりにおすすめのあったか
ブランケット(毛布)・ひざ掛け

イメージ画像

リード文

寒い季節になると恋しくなる、柔らかくてあったか〜いブランケット(毛布)、ひざ掛け。ふわりと優しい温もりにくるまれたら、気持ちもゆったり落ち着きますよね♪

使わないときだって、何げなくお部屋に置いてあるだけで、なんだか温もり感のあるいい雰囲気を演出してくれます。今回はベッドルームでより温かさを高める毛布の使い方もご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください!

アンカーリンク

ブランケット(毛布)

冬のおうち時間を優しく包み込んでくれるブランケット(毛布)。ここにベビー用から大人まで使えるさまざまなブランケット(毛布)やひざ掛けをいろいろ取り揃えました!

かわいい北欧柄、おしゃれで上質、プレゼント用…こだわりはどれでしょう。この冬にあったか〜い幸せをもたらしてくれる1枚をぜひ探してみてください!

おしゃれな北欧柄ブランケット(毛布)

毎日の暮らしに温もりを与えるかわいいデザインや優しいカラーリングのブランケット(毛布)。北欧デザインは実用性だけでなく、お部屋のインテリアとしてもステキでおしゃれ♪

商品

上質素材の温かさはやっぱり格別

ふんわりとした柔らかさ、ほっこりとした温もり感、ムレのない快適性。ずっと触れていたくなるような、使い心地を持ったらしてくれるのは上質素材だからこそ。

この冬は贅沢なブランケット(毛布)にくるまってゆったり過ごしてみてはいかがでしょう。

商品

スローケットで寝室をおしゃれに

スローケットはひざ掛けのthrow(スロー)とblanket(ブランケット)を合わせた中間的なアイテムで、ブランケット(毛布)よりも大判で薄手なのが特長です。

使い方は掛け布団の上に掛けて保温性を高めたり、ガウンのように肩からざっくり羽織ったり、ソファカバーとしても使えるなど、とにかくオールマイティ!
上質なものを1枚持っていると、何かと重宝しますよ!

商品

柔らかな肌ざわりのベビーブランケット

赤ちゃんは体温調節が苦手なので、やさしく包み込んであげられるベビーブランケット(おくるみ)を使うのがおすすめです。
新生児から生後3ヶ月頃までがおおよその使用期間となりますが、その後もお昼寝のときに掛けたり、コットン素材であればシーツの代わりにもなり、成長してからも活躍します。

長く使うことを考えて赤ちゃんも気に入ってくれるようなかわいい柄やおしゃれ感のあるものを選んであげたいですね。
出産祝いのプレゼントにもぴったりです!

商品

プレゼント、ギフト向けブランケット(毛布)・スローケット

これからのシーズンのプレゼントにおすすめのブランケット(毛布)とスローケットを取り揃えました!

素材やデザインにこだわった一枚なら使い心地も良くて、お部屋のアクセントとしても素敵に映えます。
毎日の暮らしに欠かせないアイテムとしてきっと気に入ってもらえそう!

商品

ブランケット(毛布)は掛け布団の上?下?

“ブランケット(毛布)を掛け布団の上に掛けると温かい”という話を耳にしたことはありますか。
それは間違ってはいませんが、実は掛け布団の種類によってブランケット(毛布)がもたらす保温効果が違ってきます。

ここで一度おさらいをして、冬の夜をより温かく過ごせるように覚えておきましょう!

  • <羽毛布団の場合>

    ◎羽毛布団は羽毛に体温が伝わって膨らんで温かくなり、毛布には熱の放出を防ぐ効果があります。そのため、羽毛布団を使用している場合は、羽毛布団の上に毛布を掛けた方が熱を閉じ込めることができ、より温かさを感じることができます。

    ◎羽毛布団が冷たいと感じる方は、起毛感のあるカバーで覆うと入った瞬間から温かいのでおすすめです。また、マイヤー毛布のように毛の流れが同じ方向のものではなく、ループタイプにするとズリ落ちにくくなるようです。

  • <羽毛布団以外の場合>

    ◎ポリエステルなどの合成繊維や綿布団の場合、羽毛のように体の熱を受けて保温効果が高まるということはありません。なので、体の上に毛布を掛けて温め、その上に綿布団を掛けるのが正しい使い方です。

    ◎日本では昔から綿布団を使うのが主流だったため、毛布の上に綿布団を掛けるスタイルが残っているようです。現在は羽毛の掛け布団を使う家庭も多いので、いま使っている掛け布団の素材によって毛布の掛け方を見直してみましょう。

ブランケット(毛布)を布団の上にかける場合と下にかける場合のおすすめ素材

一口に毛布と言っても素材がいろいろありますよね。毛布を掛け布団の上、下どちらで使うかは、保温効果をより活かすことを考えたとき、素材によって使用方法が違ってくるんです!

大きく分けると、天然繊維か、人造繊維(化学繊維)かで判別します。

  • <羽毛布団の上にブランケット(毛布)をかける場合>

    ◎アクリルやポリエステルなどの人造繊維(化学繊維)の毛布は、熱を逃しにくいので布団の上に掛けるのがおすすめです。
    ただし、毛布が重いと布団がつぶれてしまい、布団が温かい空気を抱き込む嵩(かさ)が減って保温力が低下するので、軽いものを選びましょう。毛布が重くても保温力は少し増しますが、重さが体にかかってくることを考えると割に合わないかもしれません。

    ◎コットンは天然繊維ですが放湿性が低く、汗を吸っても乾きにくいため布団の下に使うと蒸れてしまいます。なので、コットンの毛布は布団の上に掛けるのが適しています。

  • <羽毛布団の下にブランケット(毛布)をかける場合>

    ◎カシミヤ・シルク・ウールなどの動物性繊維は羽毛布団より高い吸湿性を持ち、ムレることがなく、蓄熱性が高いのが特長です。つまり、人肌に近いところで使うことで、羽毛布団に負けない効果を発揮してくれるのです。
    冬の快適なスタイルとしては、薄くて軽い動物性繊維の毛布を直接肌に掛け、その上に羽毛布団を掛けるのがベストと言えます。
    高価な動物繊維の毛布も、掛け布団の上に使ってしまうのはもったいないので気を付けましょう。

    ◎寝ているときの熱のほとんどは敷き布団を通して逃げてしまうので、さらに保温性を高めたいときは、敷き布団の上に天然素材の毛布を敷くと抜群の温かさを実感できます。

羽毛布団の上にかける
おすすめブランケット(毛布)

羽毛布団の上には、アクリルやポリエステルなどの熱を逃しにくい素材か、コットン素材が適しています。羽毛布団がつぶれないように軽いブランケット(毛布)を選びましょう。

布団の下にかける
おすすめブランケット(毛布)

布団の下には、カシミヤ・シルク・ウールなどの動物性繊維のブランケット(毛布)が適しています。動物性繊維は高い吸湿性を持ち、ムレることがなく、蓄熱性が高いため、人肌に近いところで使います。

毛布・ブランケット・敷き毛布の商品をすべて見るボタン

ひざ掛け

ふんわり、ぬくぬく。寒い季節の相棒にしたい、おしゃれで温かいひざ掛けを集めました!やっぱりハズせないのは、そこにあるだけでおしゃれな北欧デザイン。

そしてプレゼントにおすすめのかわいいひざ掛けもピックアップしました! お部屋からアウトドアまで、冷え対策に一緒に連れて行って♪

アンカーリンク

北欧柄のひざ掛け

お部屋でゆっくり過ごす日は、お気に入りのかわいい北欧柄でリラックス!

商品

プレゼント、ギフトで贈りたいひざ掛け

年末に向けてのイベントシーズンや年始のご挨拶など、日ごろの感謝を届けるなら、いつでもサッと使えるひざ掛けを選んでみては。

心地よい温かさだけでなく、デザイン性もある1枚なら毎日手放せない1枚になることでしょう。

毛布・ブランケット・敷き毛布の商品をすべて見るボタン

毛布・ブランケット・敷き毛布の商品をすべて見るボタン