DOL秋号発刊・カタログショップ更新
DOL秋号発刊・カタログショップ更新

カタログ通販・テレビショッピングのディノスオンラインショップ

 
 
 

ディノス(dinos)

0
 

テレビ台の選び方と収納のコツ
高さ・収納力・そうじがラク、は
要チェック!

リード文

テレビ台はお部屋の印象だけでなく、片付けやそうじのしやすさも左右するので、慎重に選んでほしい家具のひとつ。今回はテレビ台を選ぶポイントや、収納法についてご紹介します。

1.テレビ台を選ぶポイント

@スペースに合わせて選ぶ

コーナーに収まるタイプや、コンパクトなタイプもあります。置きたい場所を計測してから選びましょう。

伸縮自在で角度調整もできるテレビ台

伸縮自在で角度調整もできるテレビ台は引越しや模様替えにもフレキシブルに対応できて便利です。

A高さで選ぶ

テレビを観るときの姿勢や位置によって、観やすい高さは異なります。床に座ったり、寝転がったりしながら観ることが多い場合はロータイプを、いすやベッドから観ることが多い場合はハイタイプを選ぶとよいでしょう。

また、お部屋の広さによっては背の高いテレビ台は圧迫感を感じさせることがあります。お部屋をなるべく広く見せたい場合は、ロータイプがオススメです。

B収納力で選ぶ

組み合わせが自在にできる壁面収納タイプは、収納力が高く、収納したいモノに合わせてカスタマイズできるのが魅力です。

ただ収納スペースが多いと、つい無秩序に詰め込んでしまい、何がどこにあるか探しづらくなってしまうことがよくあります。アイテムごとに収納の定位置を決めて管理するようにしましょう。

Cそうじのしやすさで選ぶ

足元があいているとそうじがしやすく便利です。ロボット掃除機や、手持ちの掃除機のヘッド、フローリングワイパーなどが入るモノを選ぶとよいでしょう。キャスターがついているモノも動かしやすく、掃除がしやすいのでよいですね。

Dその他の機能やデザインで選ぶ

ネコちゃんのくつろぎスペース付きのテレビ台など、さまざまな機能やデザインのモノがあります。暮らしや好みに合わせて、選ぶことを楽しんでください。

2.収納のコツ

@テレビ周りで使うモノを優先する

まずはテレビ周りで使うモノを優先して、収納場所を確保します。DVDやテレビゲーム関連のモノ、おそうじ道具やメイク用品、乳児のおむつ換えグッズやこどものおもちゃなど、ご自身やご家族の生活習慣や動線に合わせて考えてみてくださいね。

A収納スペースごとにテーマを決める

スーパーやデパートの売り場のように、コーナーごとに何を置くかテーマを決めると、モノが探しやすくなります。

特に収納スペースが多い壁面収納タイプは、引き出しや扉ごとに何を収納するか決めるとよいでしょう。

この扉の中はエンタメ系、この引き出しは電池やケーブルなどの電気系、などと関連するモノをまとめるように意識してみてください。手描きでよいので収納計画を描いてみるのもオススメです。

B収納グッズを活用する

カゴやケース、ファスナーケースなどを使って、モノを探しやすく、出し入れしやすくしていきます。

細かいモノはカゴやチャック付き袋で小分け収納。

細かいモノはカゴやチャック付き袋で小分け収納。

付属品があるモノはファスナーケースでまとめて。

付属品があるモノはファスナーケースでまとめて。

テレビ台をお探しの方、テレビ周りの収納にお困りの方のご参考になれば幸いです♪

ボタン(トップへ戻る)