GARDENSTYLING WEEKLY SALE!お買い得アイテムはこちら

専門家寄せ植え|プランターで作る「CHIROの四季彩寄せ植え」

冬の足音が聞こえる『無彩色の冬の寄せ植え』

CHIRO

美しい紅葉が街を彩り、風吹く度に葉が落ちていきます。
冬の足音が少しずつ聞こえていますね。

春咲きの球根やビオラ・パンジーなどの冬花材が出回るようになりました。
植物がゆっくりと生長するこの季節はまさに寄せ植えのベストシーズン!!
お好みの植物を使ってどんどん寄せ植えを作りましょう!

IMG_0084.jpg

■今回使用したプランター

バスケット型プランター

ECA301f1.jpg

以前『美味しいブルーベリーの寄せ植え』としてご紹介した寄せ植えでも使用した、バスケット型プランターです。

IMG_8804.jpg

バスケットの模様に凹凸があるデザインです。
ある程度の重さがありますが、寄せ植えを作りには最適な大きさでとても扱い易いです。

IMG_0069.jpg

シックでモダンな印象のグレイ色。寄せ植えをおしゃれにまとめます。

■使用花材

・エリカ セッシリフローラ  2株
黄緑色がすがすがしい印象です。高さのある寄せ植えを演出できます。
日当りが良く風通しの良い場所で管理します。表土が乾く前に水を与えましょう。
IMG_0053.jpg

・斑入りグラス ミスキャンタス  1株
背が高く葉は柔らかいです。動きが出るので寄せ植えでは活躍します。
とても丈夫で耐寒性・耐暑性ともに強く、白花が咲きます。
IMG_0054.jpg

・宿根イベリス  3株
冬には花が少なくなりますが、春にはまた多く咲きます。
日当りと水はけの良い場所を好みます。
IMG_0056.jpg

・モクビャッコウ  3株
銀白色の葉が美しく個性的です。
伸び過ぎた枝は切り戻しをして形を整えます。日向から半日陰で管理します。
IMG_0058.jpg

・トリフォリウム プリンセスクローバー ダークデビー  3株
まとまりが良く分枝性に優れています。丈夫で生育も良いです。
IMG_0061.jpg

・ビオラ 紫色・白  各2株
冬の低温の後に長日下でたくさん開花していきます。
開花期が長く初心者でも育て易いです。花柄はこまめに摘みましょう。
IMG_0065.jpg

IMG_0064.jpg

・ツルマサキ  2株
常緑低木。枝が蔓状に伸びます。日当りで育てると節が詰まって育ち、半日陰ではやや間延びします。
IMG_0068.jpg

■その他材料

・鉢底ネット

・鉢底石

・オルトラン(適量を土に混ぜます)

・活力剤(水で薄めて使います)

バイオゴールド ストレスゼロの土
G07405c1.jpg

バイオゴールド クラッシック元肥
G07401c1.jpg

■作り方

STEP1
植物をポット苗ごと活力剤を薄めた液につけておきます。
植え込む前に仮置きをして、植物の配置を決めます。
IMG_0071.jpg

STEP2
鉢底穴に鉢底ネットを置きます。
鉢底ネットの上に鉢底石をプランター5分の1程度の高さまで入れます。
IMG_0070.jpg

STEP3
土に肥料とオルトランを混ぜ(以下、培養土)プランターの4分の3程度入れます。
そして、エリカに根をほぐし余分な土を落としてプランター中央に配置します。
IMG_0072.jpg

STEP4
エリカの前にイベリス・紫のビオラ、モクビャッコウはプランター前方に配置します。
苗の根がぎっしり回っている時には全体的に根をほぐします。
根が回っていなければ底の方を軽くほぐします。
IMG_0073.jpg

STEP5
エリカの左横にミスキャンタスを配置します。
IMG_0074.jpg

STEP6
エリカとイベリスの間にツルマサキを配置します。
IMG_0075.jpg

STEP7
モクビャッコウも前にもう一株を追加して、プランターの縁から外側に傾けて配置します。
エリカの後ろにもツルマサキを配置します。プランターの左右にトリフォリウムを垂れ下がるように配置します。
IMG_0076.jpg

STEP8
プランター後方に白と紫のビオラ・イベリス・トリフォリウムを配置します。
IMG_0081.jpg

後姿はこのように
IMG_0080.jpg

横向きはこのように、どこからみてもバランス良く配置しましょう。
IMG_0079.jpg

STEP9
植物の間に培養土を入れ、棒でやさしくつついていきます。
根と根の間にも培養土が入っていくようにしましょう。
IMG_0076.jpg

完成!!!

■ポイント

まっすぐ上に伸びているもの、動きのあるもの、下に下がるもののバランスを考えます。
配置する時には、何度も離れてみて確認すると良いでしょう。
ビオラの花柄はこまめに摘むと、次々咲きます。イベリスの花後は剪定します。

同じ色が隣にならないように注意しましょう。
正面はありますが、お日様にまんべんなくあてられるよう、四方見で植えます。

IMG_0083.jpg

■まとめコメント

以前使用したプランターで、全く違う寄せ植えが出来ました。
無彩色の寄せ植えはおとなしくなりがちですが、合わせる植物によってモダンでかっこ良くなります。
是非、チャレンジしてみてください!

IMG_0085.JPG

CHIRO

■ガーデンスタイリングスタッフより

以前、『美味しい』『香りを楽しむ』『お料理に活躍する』3種の寄せ植えにて使用していただいたプランターを、冬の寄せ植えに変身していただきました。

使用する植物を変えるだけで、寄せ植えが一気に様変わりしますね!
シンプルなプランターなので、どんな色の植物とも合わせることができますよ。

秋冬の寄せ植えを楽しみましょう!

『美味しい』『香りを楽しむ』『お料理に活躍する』3種の寄せ植え

IMG_8808-thumb-autox900-4018.jpg

CHIRO

寄せ植え作家。 寄せ植えの制作販売、寄せ植え講師、店舗装飾、コラム執筆、寄せ植え監修など『寄せ植え屋 CHIRO』として活動中。 ブログ『CHIROのお庭しごと』で寄せ植えやガーデンの情報を発信。 掲載誌『園芸ガイド』など。

個人ブログCHIROのお庭しごと

Archives