カタログ通販・テレビショッピングのディノスオンラインショップ

ディノス(dinos)

※別途記載のない価格はすべて税込です



塩分が少ないのに美味しい。
脱塩醤油を使った新しい食事。

醤油本来の旨味をできるだけ残しながら、塩分濃度を低くした脱塩50%の「脱塩醤油」を使用し、
冷凍技術の進化で調理直前のような味や食感を実現。
どなたでも安心して美味しく健康的に召し上がれる商品をご用意しました。

※ナトリウム・カリウムのみを醤油から脱塩
※調理後の製品から塩分を脱塩したものではありません。

日本人は塩分を摂りすぎ?!

生活習慣病の観点から、 塩分摂取量の目安は男性が「8.0g/日未満」女性が「7.0g/日未満」とされています。
しかし、2015年の厚生労働省の発表によると、
男性「10.8g/日未満」、女性が「9.1g/日未満」と目安より多くの塩分を摂取していることがわかりました。
また、男女ともに20代摂取量が一番低く、60代までの塩分摂取量が増えてきています。


醤油が欠かせない調味料となっている日本の一般家庭では、摂取量を毎日計算するのは難しく、
減塩であっても美味しく、健康的な調理法が注目されています。



※白ご飯、味噌汁(豆腐、わかめ入り)、サバ生姜煮、ひじき煮で約4.6gの塩分
(食品成分データベースと分析値より算出)

「塩気がないと味気がない」
とおもっていませんか?

今回ディノスで紹介する脱塩醤油を使用した食品は、
塩分控えめだけど、素材そのものの味が引き立ち、野菜のうまみや甘味がより感じられます。
つまり、脱塩醤油なら塩分が少なくても美味しくお召し上がりいただけます。

脱塩醤油なら塩分が少なくても美味しい!
けれども、脱塩醤油ってはじめて聞くけど何?

本来の旨味、風味、味わい、ミネラルなどの有効成分をほとんど損なうことなく、
特殊な方法でナトリウム、カリウムのみ50%脱塩された醤油のこと。

塩分が限りなく減らされているにもかかわらず、
味はしっかりと付いている料理を楽しんでいただけるのが特徴です。

醤油本来の旨み、風味、味わいは、
驚くほどそのまま。
日々の食事に一品追加できるものから
メインの食事まで!

それだけじゃない!
美味しさのヒミツは、独自の「-50℃」冷凍技術

従来の凍結方式では、凍結の際に水分子が膨張し、細胞を傷つけてしまい、解凍時に食材のドリップ(旨味成分)が出てしまっていました。 
独自技術「-50℃凍結」方法は、凍結時の水分子の膨張を抑えることで、解凍時に細胞破断を防ぎ、ドリップが出にくい方式で製造。

そのため、素材にドリップ(旨味成分)が留まり、解凍しても直前調理に近い品質を保てるようになりました。

醤油本来の旨味を最大限にのこした「脱塩醤油」で味付けされているので、
減塩であっても風味、味わいがあり、美味しくお召し上がりいただけます。


「すべての方に本当に美味しいものを」

液体冷凍の活用により、従来にない素材の良さ、料理本来の味の再現を可能にした冷凍食品開発。
脱塩の技術と組み合わせることで美味しい食事を日本の皆様、そして世界へと提案してまいります。

フリーズ食品開発株式会社