DAMA秋号
DAMA秋号

カタログ通販・テレビショッピングのディノスオンラインショップ

 
 
 

ディノス(dinos)

0
 

家族に優しいラベリングで、
キレイが続く暮らしへ

リード文

最近ではワーキングマザーも増え、その忙しさから家族皆がおうちのことに関心をもってくれたらいいな、と願う方も多いと思います。
家族皆が参加したくなる収納の仕組みづくりをご紹介します。
それは家族に優しいラベリング。ちょっとした心掛けでキレイが続く効果がアップします!

画像

・「モノ」だけでなく、戻す「場所」にもラベリング

たとえば、料理中に複数使う調味料類。場所を決めていても、とりあえず空いている場所に戻してしまいがち。
戻す場所にもラベルを付けておくことで、複数の人が調理しても、常によく使うモノが手前の定位置にキープできます。

お鍋なども同様です。

お鍋なども同様です。持ち上げた場所にラベリングしておくと、使い終わったあともどこにしまうか明確で、自然に戻したくなります。数種類使った日もOK!

家族が迷わない名称でラベリングする…

家族が迷わない名称でラベリングすることもポイントです。
キッチンにあるソープ類は、主に「キッチンソープ」と「ハンドソープ」ですね。
詰め替え容器を使用すると、そのままでは家族にとっては、キッチン用?ハンド用?と瞬時には分かりにくいことも。なので、ラベリングが重要になります。

ハンドソープには皆がわかりやすい…

ハンドソープには皆がわかりやすいことを心掛けて、「手」とラベリングしています。

・写真も立派なラベリング

文字の代わりに、写真を貼ることも分かりやすくて親切です。
「ティーカップ、収納するときはこのように並べてね」というメッセージになっています。

子供のおもちゃスペースも

子供のおもちゃスペースも同じようにしてみましょう。子供と一緒におもちゃを片づけたら収納した状態を写真におさめて、片付けの参考として貼っておきます。お手本となる撮影に参加したことで、お片付けの意識も高まります。

・付箋を活用!皆で楽しく簡単ストック管理

ラベルをひと工夫することで、日々のストック管理がグッとラクになります。
日用品のストック場所としている洗面所の下収納は、つい買いすぎてあふれがちになりませんか?
買いすぎの原因は、ズバリ!「在庫切れ」を避けたい。

あれはうちにあったかしら?

あれはうちにあったかしら?なかったかしら?とお店で悩んだときは、ほとんどの方が購入します。
特価品は、もちろん惹かれて手にします。
するとあっという間に、収納場所があふれてしまいます。
あるはずのストックも見つからない状態に。

同種類は縦ならべにし、最後の1個に、貼ってはがせる付箋をつけて管理します。

その付箋をどのように使うかというと

その付箋をどのように使うかというと、最後の1個を使い始めた人が、そこに貼ってある付箋を洗面台の鏡にペタッと移動させればOK!「購入してね!」のサインです。

消耗の早いティッシュペーパーなどは

消耗の早いティッシュペーパーなどは、ラスト2個目に貼るなど、それぞれのお宅の消費ペースを考えて調整。

ペタッと鏡に貼る行為、

ペタッと鏡に貼る行為、子供も楽しんで協力してくれそうですね。
家族みんなで簡単にできる、ストック管理のルール!ぜひお試しください。

日々の暮らしに、お役にたてれば幸いです。

ボタン(トップへ戻る)