ブラックフライデー
ブラックフライデー

カタログ通販・テレビショッピングのディノスオンラインショップ

 
 
 

ディノス(dinos)

0
 

郵便物やチラシを溜めこまない
整理収納のコツ!
「立ったまま仕分け」がオススメ

クレジットカードの明細やDMなど、郵便物が開封しないまま山積みになってはいませんか?

郵送物はすぐ溜まりますし、溜めてしまうと処理が面倒ですよね。溜まった紙モノにストレスを感じている方も多いと思いますので、今回は郵便物やポスティングされたチラシを溜めこまないコツをご紹介します。

1.立ったまま仕分け→処分→収納

私はポストから取ってきた郵便物を「立ったまま仕分け」することをルール化したところ、溜まりにくくなりました。一度にすべてを仕分けるのではなく、集合ポスト前で第1の仕分けをし、キッチンカウンターで第2の仕分けをする、などと帰ってきたときの動線に合わせた場所に「捨てる関門」を設けることで習慣化できました。

下記はわが家の動線と仕分けの例ですが、各ご家庭の生活動線に合わせて工夫してみてください。

@第1関門 集合ポスト前(処分)


ここで捨てるモノの例
・不要なチラシ
・不要な広告マグネット
・ふだん利用しない店舗のデリバリーメニュー

わが家は集合住宅なのですが、ありがたいことにチラシなどを捨てるための共有のごみ箱が1階に設置されています。ですので、ポスティングされたチラシなど即処分してよいモノは、エレベーターに乗る前に処分することができます。

ここで大事なのは、「不要なモノをなるべく家の中に持ち込まない」ということ。このようなごみ箱がない場合は、玄関に処分用のごみ箱や紙袋などを用意しておけば、家の中に持ち込むモノが減らせますね。

A第2関門 キッチンカウンター(処分)


ここで捨てるモノの例
・住所が書かれてある封筒
・不要なダイレクトメール
・クレジットカード明細に同封された広告や会報誌

不要だとわかっていても封書を開ける必要があるモノや、個人情報が入っていてそのまま捨てられないモノなどは、キッチンカウンターのところで開封してすぐ脇のごみ箱に捨てるようにしています。

封書の中に必要なモノと不要なモノが混じっている場合も、ここで仕分けて、不要なモノはなるべくココで捨ててしまいます。また、クレジットカードの明細や医療費のお知らせ、保険の契約内容の案内など、内容の確認が必要なモノもザっと立ったままチェックします。

個人情報が気になる住所や

個人情報が気になる住所や名前が入ったモノもここで破棄します。私は「手シュレッダー」と名付けて手で細かく破っていますが、家庭用のシュレッダーがあると便利ですね。シュレッダーは使いづらい場所に置いてしまうと、つい後回しになりがちなので、動線上使いやすい場所に設置するとよいと思います。

B第3関門 リビングのキャビネット(収納)


ここで収納(ファイリング)するモノの例
・必要なデリバリーメニューやカタログは古いモノと交換
・保険の契約内容のお知らせを差し替え
・クレジットカードの明細をファイリング
(※クレジットカードの明細は、利用店舗や金額など間違いがないかチェックすれば引き落とし完了後にすぐ処分しても大丈夫ですが、私の場合は確定申告のために保管しています。)

差し替えが必要なモノや、すぐにファイリングしてよいモノは、後回しにすると溜まりがちですし、あとで見たときに「コレどうするんだっけ?」と、また脳を使うことになるので、面倒でも座る前にファイリングします。

2.できないときの対処法

どうしても「立ったまま仕分け」ができない場合でも、一時置きの場所を決めておき、当日中がムリだとしても翌日中にはチェックするようにしています。溜めてしまうと大変ですが、毎日であれば量も少ないので、面倒でもこまめに処理するほうがラクだと思います。

保管や処理が必要なモノに関してはコチラの記事も参考になさってください。

「増える!」「あふれる!」「探せない!」ご家庭の書類や紙モノの「困った!」を解決する、書類の整理収納3つのコツ

3.2週間溜めてみた実例

わが家で郵便物やチラシを2週間溜めてみた結果がコチラです。

第1関門で捨てられるモノ → チラシ9枚

第1関門で捨てられるモノ → チラシ9枚
第2関門で捨てられるモノ → DM3通
第3関門で収納したモノ → 通販カタログ1冊

ということで、「立ったまま仕分け」で処理することができるモノがほとんどでした。毎日数分の習慣化で、郵便物が溜まってしまうストレスが軽減できると思います。
ご参考になれば幸いです♪

ボタン(トップへ戻る)