いいプレCPN
いいプレCPN

カタログ通販・テレビショッピングのディノスオンラインショップ

リビングをおしゃれで心地よい
空間にする5つの方法

リード文

今はLDKという、リビング・ダイニング・キッチンの間取りが多いですね。今回はリビングをクローズアップして、おしゃれにする方法をお話します。

リビングのイメージは、やはり「くつろぎの空間」ではないでしょうか。
いくつかのポイントをおさえて、おしゃれでくつろげるリビングインテリアにしましょう。

画像

@ベースの色を決める

まずは、ベースとなる色を決めましょう。
大きい面積となる床、壁、天井がベースの色となります。
新しく家を建てたり、リフォームをする場合には、床の色から決めていくことが多いです。

床は変えられないという場合

床は変えられないという場合も多いと思いますので、好きな色柄のラグを敷いたり、じゅうたんを敷き詰めるといいですね。

また和室の場合には、

また和室の場合には、ロール状やシート状で販売しているフローリングカーペットを敷くと洋室のようになります。

壁は可能であれば

壁は可能であれば、ビニールクロスを貼り替えたり、ペンキで塗るもいいですね。またマスキングテープでデザインするのもおしゃれです。マスキングテープなら原状復帰できるので便利です。

Aアクセントカラーを取り入れる

ベースの色が決まったら、アクセントカラーを取り入れましょう。
たとえば、ベースをナチュラルな木の明るい色に決めた場合。パステルカラーをアクセントに入れると、全体的に明るい雰囲気のインテリアになります。

濃いめのグリーンや

濃いめのグリーンやネイビーなどをアクセントに入れれば、落ち着いた雰囲気になります。

黒を加えれば

黒を加えればナチュラル色が引き締まって、シックなイメージになります。

このように同じベースの色でも

このように同じベースの色でも、合わせるアクセントカラーによって雰囲気が変わります。

ベースの色が何色でも、アクセントカラーを上手く取り入れれば、アクセントカラーにどの色を選んでもおしゃれな空間になります。
“上手い取り入れ方”とは、統一感を意識することになります。

B統一感をもたせる

よく聞かれる質問に、「統一感を出すのはどうしたらいいですか?」というのがあります。

リビングはどうしても物が多くなりがちで、物や色が氾濫してしまいます。それでもおしゃれに見える方法は、出しっぱなしにしておいても、何気なく置いていても、どこかに統一感があること。

私がお伺いしたお客さまの

お客さまのお宅にインテリア相談でお伺いすることがあります。ひとつひとつの小物はどれも素敵なんです。でも、印象が“ちぐはぐ”なときがあります。それはテイストが違うために、統一感が無くなってしまっているからなんです。

私がお伺いしたお客さまのお宅のお話しです。
部屋の一部をリフォームし、壁、大型ソファ、リビングテーブル、ラグなど、全体を黒やグレーでまとめて、とてもシックで大人な雰囲気の部屋に仕上げていました。

お客さまは「この大型ソファに合わせて

お客さまは「この大型ソファに合わせて統一感のある、おしゃれなインテリアにしたい」とのことでしたので、素敵だけれどかわいらしい花柄のスタンドライトや時計など、シックな雰囲気に合わない小物は、別の部屋に置いたり、ちょっと死角になる場所に置くことにしました。

すべてのインテリアが変えられないという場合には、やはり大きい面積を占めてるものにテイストを合わせながら、ほかの小物類のインテリアを決めていくと、統一感が出るのでおすすめです。

C部屋に奥行き、広がりを出す

部屋は、何平米や何畳というように広さで認識するのでついつい平面、壁面でとらえてしまいますが、当然高さもある立方体です。

そこで、インテリア雑貨も高さや奥行きを活かして立体感を出すことを意識しながら、ディスプレイをするようにするとお部屋は表情が豊かになり、おしゃれになります。

そういった、おしゃれな飾り方、見せ方にはコツがあります。
・シンメトリー(左右対称)に配置する
・トライアングル(三角形)に置く
というが取り入れやすい簡単な方法です。


お店のような素敵な雰囲気作り。「インテリア雑貨が映える」おしゃれな飾り方
こちらで詳しく紹介しているのでぜひ参考になさってください。

リビングに置くなら…

また、照明を上手くインテリアに取り込むことで陰影を作ると奥行きが生まれ、部屋に広がりを持たせることができ、雰囲気もよくなります。
おしゃれな部屋にする3つのポイント 照明・壁・観葉植物にこだわって憧れの部屋作り
こちらも、おしゃれでいい雰囲気の部屋を作る参考におすすめです。

先ほどのお客さまの話の続きになりますが

先ほどのお客さまの話の続きになりますが、絵は額に入ったものや、パネルタイプのものをお持ちでした。パネルタイプだと、より奥行きが出て、壁に飾っても、床に置いて飾ってもおしゃれです。

ご相談後、観葉植物を置

ご相談後、観葉植物を置きたいということで、ソファに合う植物を選ばせてもらいました。観葉植物も部屋に奥行き感を作れるインテリアです。
鉢カバーはシンプルでシャープなデザインにしました。ブラック系のシックなソファによく合い、よりおしゃれで大人っぽい雰囲気になりました。

植物は葉が広がったり、

植物は葉が広がったり、曲げ木仕立てなど、立体感があって、成長も楽しめる動きのあるものなのでインテリアが一段とおしゃれになります。

ほかにも奥行き感や

ほかにも奥行き感や広がり感を出すインテリア小物として、モビールや植物を吊るして飾るのもおしゃれです。

D季節感を出す

リビングはくつろげる心地よい空間にしたいですよね。それには季節感も大事です。

取り入れやすいインテリアとしては、クッションカバーです。色を変えるだけでも四季を楽しめます。
春はイエロー、グリーン。
夏はブルー系。
秋はオレンジ、ブラウン。
冬はグレー系。
など、素材も、綿、麻、ウール、ムートンなどに替えるとおしゃれなインテリアになります。

もうひとつ取り入れやすい方法

もうひとつ取り入れやすい方法は、季節の切り花を飾ることです。日本ではインテリアとして花を買う習慣があまりありませんが、1本だけ飾ってもおしゃれですし、花があるとリビングがくつろぎの空間になりますよ。

最後に

自分の好きなものを集めたインテリア空間は、それだけでおしゃれだと私は思います。
それでもやはり、統一感を持たせたい、お客さまを招き入れるリビング、ゆっくりくつろぐリビングは、すっきりさせたいと思っている方は多いようです。

今回お伝えした内容をぜひ参考にしてみてください。ときどきは部屋の中を撮影して、客観的に見てみるのもおすすめです。

おしゃれな部屋の作り方
プロが教える
インテリアコーディネートのコツと実例
記事一覧

おしゃれな部屋の作り方
プロが教えるインテリアコーディネートのコツと実例