ベストヒットクーポン
ベストヒットクーポン

カタログ通販・テレビショッピングのディノスオンラインショップ

 
 
 

ディノス(dinos)

0
 

ストレス減!毎日の洋服選びが
楽しくなるクローゼット収納

リード文

季節の変わり目は暑さと寒さが揺らいで、「明日はこれを着て出掛けよう」と思っていても、予定変更になることもしばしば。
また、急いでいるときに限って、着たいものが見つからなかったり、いつの間にかハンガーから滑り落ちていた服はシワシワで断念。
そんなふうに洋服選びに困ったとき、「昨年の今頃は、何を着ていたかしら?」と、悩むことありませんか?

洋服選びが楽しくなるクローゼット収納で、ストレスフリーの毎日へ。衣替えは、お片づけの最大のチャンスととらえて、進めてみましょう。

@ 捨てる!にフォーカスしない仕分け

クローゼット収納の仕分けに大切なこと。まずは、どんな私になりたい?と理想を持ちましょう。
新しい季節がくるたびに、あなたを素敵に見せてくれる洋服を選ぶ気持ちでスタートです!

持ち込んだ衣類を

私たち整理収納アドバイザーは「捨てるモノ」を探すやり方はおすすめしていません。

「モノを捨てる」という行為は苦手な方も多く、エネルギーが必要です。まずは「仕分ける」ととらえてみましょう。

「捨てる」or「捨てない」ではなく、「着ている」or「着ていない」の事実で分けてみる。

着ていないモノは、すぐに捨てなくても大丈夫。迷いBOXを作り、着ている洋服とは別の場所で1年間様子をみましょう。家の中にある!!と思うだけで、安心して分けられます。

いま着ている洋服を収納するときのコツは、スペースと量で収納を考えていきます。
洗濯後、たたむことが面倒な方はハンガーで掛ける収納が向いています。

所有枚数が多い方は

所有枚数が多い方は、たたむことで多めに持ち備えることが叶います。

こちらでも引き出し収納

こちらでも引き出し収納のコツをご紹介していますので、ぜひ合わせてご覧くださいませ。朝の身支度がスムーズになる!引き出し収納をマスターしよう!

今の私を素敵に見せてくれる!という基準で選んだ洋服。毎日がワクワクすること間違いなしです!

A 部屋着は、“最高に着心地のよい”ことが大切

お片づけ作業にお伺いして、お客さまと一緒に洋服の整理をするときには、近頃「着ている」or「着ていない」を基準に仕分けしていきます。

その際にお客さまが「これは部屋着に」と、新たな分類を確立するときがあります。「あまり着なかったけど、部屋着なら」という感覚です。

積み上がった部屋着から、1番のお気に入り、2番目のお気に入りの理由をお伺いすると、着心地が抜群であることがわかります。

そうなのです。 着ていない服から部屋着になれるのは、とても狭き門。「着ていないから」「捨てたくないから」では、残念ながら部屋着にはなれないのです。

部屋着は、最高に着心地のよいことが大切。
洗い替えの頻度を考慮して、季節に合った最小限の数があれば大丈夫です。

B お子さまのお下がり服は、
スペース確保とサイズ分けがポイント!

お子さんがいるご家庭では、お下がり服をいただくこともあると思います。

お下がりが大きめで、まだ着るには早いときは、まず収納場所を確保しましょう。
ふだん収納に使いやすい場所は日常使いにして、少し不便な場所を保管用に使うとよいでしょう。

サイズごとにスペースを決めて、わかりやすいように仕分けします。コツは2つ。

・サイズ別に分けるとき、お下がりは多少縮んでいる場合もあるので、サイズ表記通りでなくてもよい。
・各サイズ、追加を考えてゆとりを持たせる。

もしかしたら、

もしかしたら、困るほどたくさんいただくこともあるかもしれませんね。そのような場合は、デザイン、用途、使用状態などで厳選してもよいと思います。

お子さまが幼いあいだは、ママの好みで着せたいモノを選んで、成長したらお子さまの好みを尊重しましょう。お下がりの量が多いときは、着用する確率の高いモノを選び抜いて、サイズごとに保管してください。

譲ってくださった方は、「少しでもお役に立てたら…」という優しい気持ちからだと思いますので、いただいたときは、最高の笑顔で感謝を伝えましょう。

保管していた服の出番がやってきたとき、お下がりだけど子供にとっては新しい感覚。ワクワクした気持ちで着ることができます。

クローゼットは、洋服をしまい込む場所ではなく、毎日のコーディネートを楽しむ場所。
皆さまにとって、ワクワクする一日の始まりとなりますように…

ボタン(トップへ戻る)