DOL秋号発刊・カタログショップ更新
DOL秋号発刊・カタログショップ更新

カタログ通販・テレビショッピングのディノスオンラインショップ

 
 
 

ディノス(dinos)

0
 

災害時にスムーズに避難するための
「非常持出袋」の管理と収納について

リード文

「非常持出袋」はご用意されていますか?私が片付けサポートに伺うお宅では、「用意はしていても、納戸や押入れの奥に追いやられ、すぐに持ち出せない」、「中身を長年確認していないので食品が賞味期限切れ」という状況をよくお見受けします。

いざという時に持ち出せない、役に立たないのでは意味がありませんので、災害などの有事の際にしっかり役に立つよう、今回は「非常持出袋」の管理と収納についてご紹介します。

次の記事、災害時に困らないために!防災備蓄品は適正量を把握してスッキリ収納&きちんと管理もご参考になさってください。

1.非常持出袋を準備する

地震だけではなく豪雨災害なども多発し、自然災害が増えています。災害に備えた「非常持出袋」の準備がまだの方は、ぜひご用意されるとよいと思います。何を準備したらよいかわからない方は下記をご参考になさってください。

@公開されている情報を参考に準備する

備えるモノの内容はさまざまな団体や組織がホームページなどでシェアしていますので、参考にするとよいでしょう。

例)日本赤十字社
非常時の持ち出し品・備蓄品チェックリスト
https://www.tokyo.jrc.or.jp/checklist.html(※外部リンク)

A防災用品のセットを購入する

非常時に必要なモノがあらかじめセットになっている商品も便利です。家族構成により1セットでは不足の場合もありますので、人数に合わせて購入するとよいでしょう。

B家庭の事情に合わせてカスタマイズ

持出袋の内容についてはカスタマイズも必要です。乳児がいるお宅は紙おむつや液体ミルクを入れておくなど各家庭の事情に合わせて必要なモノを追加しましょう。

C避難の妨げにならないかを確認

心配性の私は「あれも必要!」、「これもあったらよさそう!」と、どんどんリュックに詰めていった結果、背負えないほどの重さになったという経験があります。

重すぎて持ち出せなかったり、避難の妨げになったりするようでは意味がないので、まずは「最初の1日をしのぐため」と考えて必要最低限の備えを意識しましょう。その上で余裕があれば追加するようにするとよいと思います。

D中身を出し入れしやすいようにグルーピング

避難時にすぐ使う懐中電灯や軍手、ホイッスルなどはすぐに取り出せるよう外側のポケットに入れるなど、使うときのことを意識しましょう。

避難場所が暗い場合もありますので、中身も探しやすいよう分類することをオススメします。私は種類ごとにチャック付きのバッグで小分けし、ラベルを貼って表示しています。家族にもわかりやすくなると思います。

2.収納場所を確保する

@すぐに持ち出せる玄関近くに場所を確保

家を出るときに必ず通る玄関や、出入口に近い場所に収納場所を確保しましょう。

玄関の靴箱やシューズインクローゼット、出入口近くの納戸など、「災害時にすぐに持ち出せる場所」に収納することが必須です。

できれば造り付けの収納がオススメです。置き家具を安易に増やさないためにも、まずは玄関近くの造り付け収納にスペースがあるかチェックしてみてください。

「収納したい場所が、モノでいっぱいで入らない!」という場合は一度モノの整理をすることをオススメします。

わが家も「玄関には履かない靴より、持出袋のほうがよっぽど役に立つ!」と考えて不要な靴を処分し、収納場所を確保しました。

A玄関に収納スペースがなかったら、置き家具を活用する

玄関近くに造り付けの収納がない、またはスペースが足りない、という場合は、置き家具も便利です。

わが家の玄関は、決して広くはありません。シューズインクローゼットや納戸などの造り付け収納もありません。でも、避難のことを考えて不要なものを処分し、玄関にスチールラックを置きました。夫用と私用のリュックはボックスなどに入れず、取り出しやすさを最優先にしてそのままラックに収納しています。

玄関のスペースに余裕があれば

玄関のスペースに余裕があれば、大きいモノや重いモノの収納に便利な底板のない収納家具もオススメです。

ベンチタイプなら

ベンチタイプなら、ふだんの靴の脱ぎ履きに使えますし、圧迫感がないのもメリットです。

3.年に一度は点検を

@定期的に実施

いざという時のために食品の賞味期限や、電池やカイロなどの期限を確認しましょう。期限が切れていたら、すぐに食べられない、使えない、というわけではありませんが、役に立たなかったら困りますよね。

9月1日の防災の日など覚えやすい日を決めて、定期的に点検するようにしましょう。防災意識を高めるためにも年に一度程度の点検がオススメです。

・食品、飲料の賞味期限、薬の使用期限
・電池の使用推奨期限、カイロの有効期限
・ラジオ、ライトなどが使えるか
・充電ケーブル(機種変更などで使えないことも)

A家族全員で点検

わが家は年に1回、東日本大震災が起きた3月11日と日にちを決めて夫と一緒に点検しています。はじめは自分だけで点検していましたが、防災意識を高めるために家族の関与も大事だと思い、一緒に点検するようにしました。

有事の際、家族も非常持出袋の中身をわかっているほうがよいと思いますので、ぜひ家族全員で取り組んでみてください。

東北出身の私は2011年の東日本大震災で災害をより身近に感じるようになり、さらに2019年10月の台風による大雨で親類宅が床上浸水の被害にあったため、防災への意識がより高まりました。

災害はいつわが身に起こるか誰もわかりませんので、いざというときに自分や家族を守れるよう日ごろから備えておきたいですね。
ご参考になれば幸いです。

ボタン(トップへ戻る)

おすすめ特集