お庭からベランダ、エクステリアなどガーデニング回りをスタイリッシュに演出

ガーデンスタイリング

専門家植物を上手に育てる!園芸・ガーデニングQ&A

カイズカイブキに生えてきたトゲトゲの葉は何?

日本園芸協会

IMG_1300.JPG

これは、「杉葉(すぎば)」と呼ばれ、原種の特徴をもって生えてきてしまった葉です。

カイズカイブキは、古木になったり強剪定をすることで、このように「先祖返り」した杉葉が出やすくなります。また、栄養不足や水不足、高温障害などの生育上のストレスによっても発生しやすくなります。

一度生えた杉葉は元に戻ることはありませんから、発見し次第、根気強く手で取り去るか、枝全体が杉葉の場合は枝元から切り落とすしかありません。

そのまま生やしておくと杉葉の範囲が広がってしまいますので、注意しましょう。

IMG_1301.JPG

なお、カイズカイブキの強剪定を避けるためには、「1~2年の若い枝での浅い剪定」を毎年こまめにすることが大切です。

手入れをせずに放置しておくと、樹冠(枝葉の繁る範囲)が大きくなり過ぎると同時に、内部への日の差込みや通気性が悪くなります。日が差し込まず、通気性の悪くなると、樹冠内部には葉が無くなる、という悪循環が発生します。

そうなってしまってから樹冠を小さくするには、内部への日差しと通気性を確保して、新しい葉の発生を待つという対処をすることになりますが、その場合、強剪定が避けられなくなってしまいます。

毎年、刈り込み剪定などをして樹勢を維持し、ストレスをかけない管理をすることが、杉葉の発生を抑えることにもつながります。参考にしてください。

カイズカイブキ2.jpg

それでは、楽しいガーデニングライフを!

日本園芸協会

日本園芸協会は、花や緑とともに過ごす心豊かな生活と園芸文化の発展に寄与することを目的として、「ガーデニング講座」「ハーブコーディネーター養成講座」「植物画講座」など数多くの通信講座を開講しています。昭和47年の設立以来の受講生数は80万人以上。趣味として、職業として、ボランティアとして、受講生の目的は様々ですが、通信教育で身につけた知識や技術をもとに心豊かな生活を楽しんでいらっしゃいます。

公式サイト日本園芸協会

Archives