贈り物・プレゼントならディノスのギフト通販専門サイト【ギフト・ディノス】

 
 
 

ギフト・ディノス

0
 

リード文

還暦のお祝い、どんな贈り物にするか悩みますよね。

長寿のお祝いを「賀寿(がじゅ)」といい、賀寿のお祝いは数え年で61歳の「還暦」から始まります。
本来は数え年で祝うものでしたが、現在は満60歳の誕生日にお祝いすることが多いようです。

以前は「赤いちゃんちゃんこ」をギフトとして贈る風習がありましたが、近年は60代でもまだまだ現役のため、
還暦のプレゼントには、イメージカラーの「赤色」を意識しつつ、贈る方の喜ぶものを選ぶことが多くなってきています。

女性(お母さん・おばあちゃん)へおすすめの還暦祝いプレゼント

インテリア すべて見る

還暦お祝いにピッタリの記念のフラワー・花束

お花は女性への還暦祝いの定番。歳の数と同じ数のバラが花束になるのは還暦祝いならではで、サプライズ性があります。人生の節目の記念品におすすめです。

男性(お父さん・おじいちゃん)へおすすめの還暦祝いプレゼント

世界でたったひとつの贈り物
感謝の気持ちが伝わる、名入れの還暦祝いプレゼント

思い出話に花が咲く『お誕生日新聞』

表紙にお名前が入り、生まれた日から60年分の新聞を製本した世界で1冊の本!
当時のトップページやテレビ・ラジオ面やレトロな広告…
「懐かしい!この頃はそういえば…」と思い出話に花が咲くことでしょう。

名前入りのオリジナルメッセージ『ネームインポエム』

名入れアイテムをすべてみる

レストランでの食事や旅行気分をおうちで楽しむ!
「家族との思い出の時間」をプレゼントに

カタログギフト すべて見る

『還暦』に関するコラム

  • ◆還暦祝いとは?

    長寿のお祝いを「賀寿(がじゅ)」といい、賀寿のお祝いは数え年で61歳の「還暦」から始まります。
    身内でお祝いすることが多く、本来は数え年で祝うものでしたが、現在は満年齢(60歳)の誕生日にお祝いすることが多いようです。
    還暦は、十干十二支(じっかんじゅうにし)がひと回りし、自分の生まれた干支に戻る=「赤ちゃんに戻る」という意味から、以前は「赤いちゃんちゃんこを贈る」という習慣がありましたが、近年は60代でも働く人がほとんどで、還暦のイメージカラーの「赤」を意識しつつ、贈る方の喜ぶものを贈ることが多くなってきているそうです。

  • ◆還暦祝いをするタイミングはいつ?

    その年のお正月や本人の誕生日がよいでしょう。
    また、長寿祝いはその1年間おめでたいとされるので、遅くなってしまっても失礼にはあたらないそうです。

  • ◆還暦祝いの相場や予算は?

    ご両親:3万円〜5万円
    祖父母:1万円〜3万円
    親族・恩師・職場の先輩・上司:5千円〜1万円

    ※あくまで目安です。お付き合いの度合いで金額が変わっても問題ありません。

  • ◆還暦祝いに熨斗は必要?書き方は?

    改まった形で贈りたい時は、熨斗がけがおすすめです。
    その際は、紅白か、金銀の蝶結びの熨斗を用い、
    表書きは「祝還暦」「還暦御祝」「寿」「賀華甲(かこうをがす)」などが良いでしょう。

    身近な方へ贈る時やカジュアルな雰囲気を出したい時には、リボンがけのパッケージや風呂敷包みでもよいでしょう。
    リボンや風呂敷を赤色にすると、より還暦のお祝い感が増しそうですね。

  • ◆還暦祝いの贈り物に避けたいものは?

    大切なのは「贈る相手に喜んでもらう」こと。
    身近な人への贈り物は、趣味や好みに合ったものを選ぶのもよいでしょう。
    ただし、お茶(香典返しによく使われるので)、櫛(『苦』と『死』を連想するので)、補聴器(『老い』を連想させるので)などは避けたほうがよいかもしれません。
    現代の還暦はこれから新しく第二の人生を始めるエネルギーに溢れる世代。
    若々しくいてほしい気持ちを込め、日々の生活の中で使えるものを選ぶのがおすすめです

  • ◇その他の主な長寿のお祝い。それぞれのイメージカラー。

    長寿のお祝いを「賀寿(がじゅ)」といいます。
    賀寿のお祝いは数え年で61歳の「還暦」から始まり、区切りとなる年ごとに下記のようなお祝いがあります。

    61歳 還暦(かんれき)
    数え年で61歳は、十干十二支(じっかんじゅうにし)がひと回りし、自分の生まれた干支に戻ることから「還暦」と言われています。
    70歳 古希(こき)唐の詩人・杜甫(とほ)の詩の中にある「人生七十古来稀なり(70歳まで長生きする者は、昔から非常に少ない)」の一節から名づけられたと言われています。
    77歳 喜寿(きじゅ)七を三つ書く「喜」の草書体が「七十七」と分解できるところからきていると言われています。
    80歳 傘寿(さんじゅ)「傘」という字の略字の「仐」が「八十」と分解できることからきていると言われています。
    88歳 米寿(べいじゅ)「米」という字をバラバラにすると「八・十・八」と分解できることからきていると言われています。
    90歳 卒寿(そつじゅ)「卒」という字の略字の「卆」が「九・十」と分解できることからきていると言われています。
    99歳 白寿(はくじゅ)「百」の字から「一」をとると「白」の字になることからきていると言われています。
    100歳以上 百寿(ひゃくじゅ・ももじゅ) 「百賀(ももが)の祝い」とも言います。その他、108歳は「茶寿(ちゃじゅ)」、110歳以上は「珍寿(ちんじゅ)」、111歳は「皇寿(こうじゅ)」と言います。

    【長寿祝いそれぞれのイメージカラー】
    還暦 【赤】
    古希・喜寿 【紫】
    傘寿・米寿 【黄(金茶)】
    卒寿・白寿 【白】
    百寿 ※基本的に「白色」らしいのですが、百寿は「ひゃくじゅ」「ももじゅ」とも読め、桃色・ピンク色で祝う場合もあるそうです。