贈り物・プレゼントならディノスのギフト通販専門サイト【ギフト・ディノス】

 

リード文

なにを贈るか悩みがちな、年長者へのお祝い品。
長寿祝いともなると、家族で集まってお祝いすることも多いので、余計に悩みますよね。

ひと昔前は赤いちゃんちゃんこを贈って記念撮影したものです。
しかし、現代では60代もまだまだ現役世代。
還暦のプレゼントにはイメージカラーの「赤色」を意識した、相手好みのものを選んでみてはいかがでしょう。

女性(お母さん・おばあちゃん)へ
おすすめのプレゼント

「赤いもの」で、日常使いができるおしゃれギフト

インテリア すべて見る

男性(お父さん・おじいちゃん)へ
おすすめのプレゼント

定番の還暦ギフトは、縁起も良いお酒

お酒は、家での時間を充実させる贈り物として父親や祖父への還暦祝いに人気のギフト。
グラスと一緒に贈っても素敵なセットになります。盃を傾けながら、この先の人生の目標などを語らってもらいましょう。

世界でたったひとつの贈り物
感謝の気持ちが伝わる、名入れのプレゼント

日常使いもできる便利でおしゃれな名前入りアイテム

名前や誕生日、年号を入れられるオーダーメイドギフトは、人生の節目にぴったりな贈り物。
オリジナリティと感動を届けることができる人気アイテムです。

名入れアイテムをすべてみる

レストランでの食事や旅行気分を
おうちで楽しむ!
「家族との思い出の時間」をプレゼント

一緒に食事を楽しむ
美味しい贈り物(グルメ・スイーツ)

もらって嬉しい、食べて幸せなグルメ&スイーツも、外せない贈り物。
家族みんなで食卓を囲み楽しい時間を過ごしてくださいね。
お世話になった上司や先輩にも贈りやすく、オススメです。

『還暦』に関するコラム

◆還暦祝いとは?

長寿のお祝いを「賀寿(がじゅ)」といい、数え年で61歳の「還暦」から始まります。
本来は数え年で祝うものでしたが、現在は満年齢(60歳)の誕生日にお祝いすることが多いようです。

還暦は、十干十二支(じっかんじゅうにし)がひと回りし、自分の生まれた干支に戻る=「赤ちゃんに戻る」という意味から、赤いちゃんちゃんこを贈る習慣がありました。

◆還暦祝いをするタイミングはいつ?

節目である誕生日の半月前から当日までが望ましいとされています。お祝いの時期に関しては決まりがないため、家族や親戚が集まりやすいお盆や正月敬老の日などにお祝いするケースもあります。

◆還暦祝いの相場や予算は?

ご両親:1万円〜3万円
祖父母:5千円〜3万円
親族・恩師・職場の先輩・上司:3千円〜1万円

家族や親戚でお金を出し合って、高価なものを贈ることも多いです。
お相手との関係性を考慮したり、他の人との価格帯を合わせるなどして予算を決めると良いでしょう。

◆還暦祝いに熨斗は必要?書き方は?

改まった形で贈りたい場合は、熨斗紙を掛けるとよいでしょう。
その際の水引きの色と本数は、紅白の5本一組がオススメです。
また、蝶結びもしくはあわじ結びの水引きを使うことがマナーとされています。
表書きは「祝還暦」「御祝」と書きます。

身近な方へ贈る時やカジュアルな雰囲気を出したい時には、リボンをかけたり風呂敷で包んでもよいでしょう。
リボンや風呂敷を赤色にすると、還暦のお祝い感が増しますね。

◆還暦祝いの贈り物に避けたいものは?

身近な人への贈り物は、趣味や好みに合ったものを選ぶことがありますね。
しかし、香典返しに使われることの多いお茶、『苦』『死』を連想する櫛、老いを連想させる補聴器などは避けることが無難です。

現代の還暦は、第二の人生を始めるエネルギーに溢れた世代。
若々しくいてほしい気持ちを込め、日々の生活で使えるものを選んではいかがでしょう。

◇その他の主な長寿のお祝い。それぞれのイメージカラー。

賀寿のお祝いは数え年で61歳の「還暦」から始まり、区切りとなる年ごとに下記のようなお祝いがあります。

ギフトコンシェルジュ監修コラム