入学・新生活ラッピングキャンペーン開催中!
入学・新生活ラッピングキャンペーン開催中!

贈り物・プレゼントならディノスのギフト通販専門サイト【ギフト・ディノス】

 
 
 

ギフト・ディノス

0
 

お香典返しのマナー・相場

お香典やお供えをいただいた方へのお香典のお返し。
近年は葬儀社に手配してもらうことが多いですが、
後からいただいた場合など自分でお香典返しの手配が必要な場面もあります。
そんな時に役立つ、お香典返しのマナーをご紹介します。

お香典返しとは?

通夜、葬儀・告別式で、お香典やお供えをいただいた方へのお返しが「お香典返し」です。
一般的には、三十五日目もしくは四十九日目の忌明けに、故人に関する一切の仏事が滞りなく済んだことを報告し、香典等のお礼として返礼品を贈ります。

お香典返しを贈るタイミングは?


「お香典返し」を贈る時期は、宗教・宗派により時期は異なりますが、おおよそ30日〜50日後の忌明け後となります。

・仏式では四十九日か三十五日の忌明け。
・神式では三十日祭か五十日祭の後。
・キリスト教式では、カトリックは三十日目の追悼ミサ、プロテスタントは1カ月後の召天記念日が忌明けにあたります。本来キリスト教では香典・香典返しの習慣はありませんが、最近は「お花料」をいただいた方に返礼品を贈ることが増えています。

また、近年では身内だけで法要・法事を行うことも増え、喪中はがきを出した後に、お相手からお香典・お供えをいただく場合もあります。そんな時にもお返しはお贈りするようにしましょう。

なお、正月・松の内の時期は贈るのを控え、明けてから贈りましょう。

お香典返しが遅れてしまったら?

香典返しは、忌明け後、1週間から遅くとも1カ月以内に贈るのが一般的です。
どんなに遅れてしまっても、感謝の気持ちを込めて、香典返しは必ず行うよう心がけてください。
お返しがないと「どうしたのだろう?」「体調でも崩したのだろうか?」と心配をかけてしまうことがあります。

お香典返しの相場は?

お香典返しの金額は、香典の3分の1から半額程度が一般的です。1万円の香典をいただいた場合は、5千円程度が目安です。
親戚や身内は、扶助の気持ちから高額の香典を包むことがあります。その場合は、半返しにこだわる必要はありません。一般的には3分の1から4分の1程度を用意するとよいでしょう。

熨斗・水引は?

弔事の贈り物には、熨斗の印刷のない弔事用掛け紙を使います。
水引は、「白黒5本結び切り」、表書は「志」が一般的です。水引の下には、「○○家」または喪主の性のみを書くのが一般的です。
親しい方への贈り物であれば、宛名無しの短冊シールもOKです。

NGアイテムは?

お香典返しには、「不祝儀を残さない」という考え方から、後に残らないものが好まれます。ただし「後に残らないもの」の中にもタブーとされるものがあります。以下のようなものは失礼にあたるため避けた方がいいでしょう。

・魚介、肉類などの生もの
生肉、生魚などは、古くからの風習や宗教上の理由から避けられてきました。地域によっては四十九日の忌明けまで、生ものは食べないというところもあります。たとえ高価な高級品であっても贈るのはやめましょう。
・鰹節や昆布などおめでたいもの
鰹節は昔から結婚式の引き出物に使われ、昆布は発音から「喜ぶ(よろこんぶ)」と掛けられるなど慶事を象徴する品物。不祝儀のお返しにはふさわしくないとされています。
・商品券、ギフト券
絶対にダメというわけではありませんが、あからさまに金額がわかってしまうものは、人によっては非常識と思われる可能性も。特に年配の方には避けたほうがいいでしょう。

一番大切なのは、気持ちが伝わること

贈る品物やマナーも重要ですが、何より大切なのは贈り手であるあなたの気持ちです。
相手を思いやる気持ちがあれば、きっと伝わるはずです。

贈る方への気持ちを忘れずに、心を込めた品物をお選びください。

おすすめのお香典返し14選

香典返しは、「不祝儀を残さないように」という考え方から、すぐ消えるもの、後に残さないものが一般的。
具体的にはお茶やお菓子などの食品、毎日使う洗剤、タオルなどの日用品が選ばれています。

食品

日持ちし、常温で長持ちするものがおすすめです。

カタログギフト

お返しの品物選びに迷ったらカタログギフトはいかがでしょう。
贈った相手の方が好きなものを選べるのがポイントで、選ぶ過程まで楽しんでいただけます。
不祝儀にふさわしくないとされているお品でも、カタログギフトに掲載されている分には問題ないとされています。

すべてみるボタン